Find Life Worth Living

現状に妥協することなく常に上昇志向で生きよう


テーマ:
ついにMONDRAKER SUMMUM CARBON PRO TEAMが完成しお世話になったショップに行き受け取ってきました。
 
ある程度はイメージはしていたけど、実車を見ると想像以上にかっこよく仕上がっていました。
 

 

DH bikeはこれでINTENSE M9とこのMONDRAKER SUMMUMの2台体制。
 

 

 

ハンドルバー、ヘッドパーツはChromag、ブレーキ、リアシフターはSaint。

 

クランクはSaint、ペダルはChromagと自分のお気に入りのパーツ構成。

 
リアディレーラーも当然Saint。
最高のパーツ構成で最高のバイクが完成しました。
まだ乗ってないけど27.5inの割にはかなり軽いバイクでINTENSE M9より軽量でした。
早く乗りたいけど、乗れるのは年末年始になりそう。
 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

応援ありがとうございます!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
四男が生まれてちょうど1カ月が過ぎました。
毎日、仕事に育児に大忙しだけど、充実した日々を過ごしてます。
そんな中、遂に我が家にやって来ました。
{962ECA87-923E-4232-AF56-CEE5B842B6A6}

{0F54B631-35F9-48E4-8BFD-E1D62FF5BB65}

{297DDE23-F59D-40F2-8940-13440F2EF8EF}

LEXUSのフラッグシップSUV、LX570。
想像以上にでかくて、迫力満点。
詳細は後日...



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
第4子誕生予定日が10月18日だったけど、何事もなく過ぎました…
と、思ってた矢先陣痛がきて、先程、産婦人科に連れていき、そのまま入院しました。
いつ生まれてくるか分からないけど、母子共に元気であることを祈るしかできません。
地に足をしっかりつけて、自分が為すべき事をやって行こう‼️

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

最近、MTBに乗ろうと思っても時間がなかったり、さあ乗ろうと思ったら雨が降り出して思うようにいかず、悶々とした日々を過ごしてます。

 

ところで今、完成を今か今かと楽しみに待っているMondraker Summumですが、このMondrakerのすべてのフルサスペンションバイクには”Zero Suspension System”という独自のシステムが採用されています。

 

image

 

詳細はMondrakerのHPに記載されているけど、このZero Suspension Systemは仮想ピボットのカテゴリーに属して、前三角と後ろ三角を繋ぐ上下のリンクの間にリアサスペンションがフローティングされていて、ペダリングや路面状況に応じて上下のリンクがリアサスを圧縮(下部が35%、上部が65%)。

この独自のシステムによって4つのビックリするくらいの効果が生み出される。

Zero power loss:ペダリングによって生じる不要な動きを防いでサスの余計な伸び縮みがなく最大限の効果を発揮する。

Zero pedal kickback:チェーンがサスペンションの動きによって変化して、効果的なペダリングやケイデンスを妨げるクランクの逆回転を防ぐ。

Zero brake jack:リアのブレーキングによってサスの動きが影響を受けずに、衝撃を吸収する。

Zero bumps:このシステムのメインの特徴は高いペダリング効率とともに優れたショックの吸収能で、リアアクスルの最適化された軌道とリアサスの線型的特性によって効果的な衝撃吸収能を生み出す。

 

このZero Suspension Systemは既存のシステムに負けないくらいに ペダリングロスを抑えて効率よくスピードに変換出来て、いかなる状況下においても高い衝撃吸収能を発揮すると・・・

 

今までバイクに乗る時はあまり特性など意識していなかったけど、特性を十分に知った上で乗ればもっと楽しめそうです。

そしてこのMondrakerにはForward Geometryなる特徴もあるそうな…

 

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。

応援ありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

このテーマもいよいよ最終回です。

 

その前に何故、3列シートの車が必要になったかと言うと、現在我が家は3人の息子と妻と自分の5人家族なんですが、来月4人目の子供が生まれます。

 

しかも4人目も男の子!!

 

妻やみんなは女の子を期待していましたが、自分だけこっそり男の子を望んでました。

男の子は今までの経験で大丈夫だけど女の子は育て方がわかりません。

 

というわけで、我が家は間もなく6人家族になります。

チャイルドシートも載せないといけないし兄貴たちも体が大きくなっているので5人乗りはどう考えても不可能で、6人以上乗れる車が必要になりました。

 

以前よりずっと思考錯誤しており、我が家のライフスタイルや自分の趣味、どれくらいの期間必要なのか、タイプはミニバンなのかSUVなのか考えてきてました。

 

出産まで1カ月を控え、いよいよ決めようということでディーラーを巡って話を聞いたり、見積もりしてもらったり、試乗をしてきました。

 

実は、今年の夏ごろまで自分の中での本命はSUVならばランクルか、ミニバンならばヴェルファイアでした。

 

ただ、自分自身としてはやはりSUVがどうしても欲しかったのでランクルが第一選択ということになるのですがなぜか踏ん切りがつかず、外国車も含めてSUVを再検討しました。

その中で残ったのがランクル200、LX570、アウディQ7の3台でした。

ただアウディのディーラーが少し遠くて、外国車に乗ったこともないし、アフターケアなんかも心配でした。

一方、トヨタとレクサスはディーラーは自宅から近いし、国産車という安心感がありました。

 

その結果、最終的に2台に絞りました。

まずはランクル200ZX。

{FDE473B9-CC02-4312-A692-DD620E71F252}

トヨタ70周年特別記念車。

重厚感あるフロント。

{B9E8AA34-A73C-4FCF-99CC-74B4E872785F}
水平基調で安定感がありそうです。
{22031631-7035-4133-8B39-789C76B524E8}

リアも迫力あって外観に関しては流石SUVの王者といった貫禄、風格さえ感じます。

 

{1BB05BF6-2F46-497E-A00F-C2ECC8719C17}
 
{B475A5D5-8692-4BBD-B87D-D686DF8E50DB}

ランクルのインパネ周りはいたってシンプル。

試乗の時に感じたのですがハンドルが少し細く、車体の割には弱々しく感じました。

{D52DD2C5-49C5-47CB-AACA-016A714C7B2D}
この状態ならばMTBも余裕で縦置きで車載出来ます。
上手く載せれば3人乗って3台はいけそうな感じです。
ランクル200もLX570もほとんど同じ荷台でした。
 
 
もう一台はLX570

レクサス特有のスピンドルグリル。シャープで洗練された造りだけど迫力もあります。

ランクルとよく似たサイドビューですがリアガラスの後端がランクルは丸くなっているのに対してレクサスはシャープになってます。

LX570のインパネ周りはやはりレクサスらしく豪華です。

 

おまけ・・・

トヨタからはお子さんへと言われてクマモンセットをプレゼント。

 

レクサスからは奥さんへと言われて造花を頂きました。

この辺もトヨタとレクサスの違いかな?

 

 

お腹の大きな妻と話し合った結果、最後は自分で決めろと言われたので、決断しました。

 

 

それが・・・

 

 

 

 

 

LX570に決めました。

 

ランクル200も本当に良い車でこれならばどこにでも行けるし、ガンガン乗り込める頼もしさがありました。一方LX570は、非日常を楽しめる車だと感じました。家族みんなで見知らぬところへ出かけたり、DHバイクやロードバイクを詰め込んでレースに出たりする際にワクワクドキドキさせてくれるのではと期待させてくれる1台でした。

他にもシャープで洗練された外観、細かいところまでしっかり手の行き届いた内装、NX購入の際にお世話になったレクサスの方々の御もてなしの手厚さもポイントでした。

 

ボディーカラー、シートカラー、内装を煮詰めてオプションでマークレビンソンリファレンスサラウンドサウンドシステム、リヤシートエンターテインメントシステムも半ばヤケクソでつけて発注のハンコ押しました。

年内には納車される見込みで来年の正月は家族6人でLX570に乗って里帰りできそうです。

 

その前に4人目の息子(名前がまだ決まってないけど)よ、元気に生まれて来いよ!

貴方に出会うことをみんな楽しみに待ってるからね。

 

 


にほんブログ村

 

長々とお付き合い有難うございました。

ブログランキングに参加中です。

沢山の応援有難うございます。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。