長妻昭厚生労働相は26日の閣議後会見で、英国の大手製薬会社グラクソ・スミスクライン(GSK)から購入予定だった新型インフルエンザワクチン7400万回分のうち2368万回分(32%)について、購入契約解約で合意したと発表した。257億円の経費を節減できるという。

 長妻厚労相は「(メーカー側に)瑕疵(かし)がない場合は解約できないというので交渉が大変難航したが、GSK社とは決着した。もう1社(スイスのノバルティス)については、非常に厳しいが交渉実行中」と述べた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
新型インフル:ワクチン接種は推定2278万人
新型インフル:成人向けワクチン接種、都が18日から開始
新型インフルエンザ:ワクチン接種は2278万人
新型インフルエンザ:対策で苦慮 高校入試追試験/ワクチン接種
新型インフルエンザ:出雲や斐川で、受験生にワクチン集団接種 /島根

「参院選控え団結大事」=生方氏解任撤回で-民主・小沢氏(時事通信)
<LDH賠償訴訟>旧経営陣らと和解成立(毎日新聞)
<英国大使館別荘>栃木県へ譲渡 アーネスト・サトウが建設(毎日新聞)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
<民主東京都連>菅副総理の会長辞任決める(毎日新聞)
AD