小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は23日午後、小沢氏から任意で事情聴取する。事件を巡っては同会の当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)ら3人が政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で逮捕されており、特捜部は小沢氏に対し、虚偽記載の認識や関与の有無について説明を求める模様だ。

 他に逮捕されているのは、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規容疑者(48)と、石川議員の後任の事務担当者だった小沢氏の元私設秘書、池田光智容疑者(32)。

 これまでの調べでは、石川議員は04年10月、小沢氏から手持ち資金4億円を受領して東京都世田谷区の土地(代金約3億5200万円)を購入しながら、同年の政治資金収支報告書に記載しなかった疑い。池田元秘書は07年、この4億円を陸山会から小沢氏に返却しながら、やはり同年の収支報告書に記載せず、大久保秘書はいずれについても会計責任者として関与した疑いが持たれている。

 土地購入は秘書の寮を建てるため小沢氏が指示したとされ、石川議員は「小沢氏の手持ち資金と記載したくなかった」などと故意の虚偽記載を認めているという。このため特捜部は、小沢氏に土地購入の経緯や虚偽への認識や関与などを問いただすとみられる。

 また、同時期に中堅ゼネコン「水谷建設」元幹部らが、胆沢ダム(岩手県)下請け工事受注の謝礼として石川議員に5000万円を渡したと供述していることから、4億円の原資についても詳しく事情を聴く方針。

 小沢氏側は聴取後、特捜部への説明内容を「声明文」のような形で国民向けに公表する意向を示している。

【関連ニュース】
小沢幹事長:4億円の原資どう説明…23日に任意聴取
小沢幹事長:23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ
陸山会土地購入:水谷建設「さらに千数百万円」小沢氏側に
陸山会土地購入:石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」
土地購入事件:小沢氏、今週末にも聴取 地検に応諾伝える

小沢氏会見「家族名義」「現金保管」詳細語らず(読売新聞)
名護市長選、投票進む=普天間移設に影響(時事通信)
普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)
<ひこにゃん人気>彦根市にふるさと納税500件(毎日新聞)
「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日-気象庁(時事通信)
AD