笑って許して

主にテレビで得た面白い話を、だらだらと書いていこうと思っています。


テーマ:

R-1ぐらんぷりを見てました。

決勝戦出場者を見てて、きんたろー。さんが優勝のデキレースかなーなんて思ってました。

A組は、会場が温まってなかったのもあって、なんか、面白くなかった。
でも、ま、その中では、三浦マイルドさんが面白かったかなぁ?って感じ。

B組は、私としては田上よしえさんが決勝進出と思ったのですが、
「フラペチーノ」のネタが効いたのか、ヒューマン中村さんが決勝進出。

C組は、会場が温まったのもあったのか、ハイレベルに見えました。
しかし、アンドーひであきさん、雷ジャクソン高本さんにはビックリしました。
特に、アンドーひであきさんは、本当にショーのようでした。
お金を獲れる演技です。

やはり、アンドーひであきさんが決勝進出。

普段、お店で色々とネタをやっているとのことで、他にもネタがありそうだし、これは、優勝しそうだし、今年のクイズ番組で、さんざん見ることになるなぁと思いました。
なんか、賢そうだし。


さて、決勝。

三浦マイルドさんのネタが確かに、面白かった。

決勝は、いかに、一本目と違うテイストで演じるかがポイントだと思いますが、その点、一本目のネタを生かしつつ、全然違うネタをやった三浦マイルドさんが、やはり、面白かった!!
(失礼ですが、優勝する感じの見た目では無かったんですけど。)

アンドーひであきさんは、パフォーマンスとしては、3人の中で、一番、お金を獲れる芸だと、私は思いましたが、いかんせん、笑いがありませんでした。

この3人の演目では、三浦マイルドさんが、ダントツでしたね。


さて、ここ数年、M-1とか、R-1とかで、優勝者以外の方がブレイクする傾向にありますが、私は田上よしえさんとアンドーひであきさんがブレイクするような気がします。

アンドーひであきさんは、きっと他にも、面白いネタがありそうだし、
「喋らずにR-1を獲る」
とおっしゃってましたが、なんか、トーク等のセンスもありそうな気がしました。
(……って言っても、ちょっと明るい栗原類くらいの期待ですが。)


田上よしえさんは、他のネタも見てみたいです。
でも、ワンパターンだったら、ヤだな。

ちょっと、Youtubeで検索してみっかな?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この日、芸人報道を見てたら、ハーフ芸人特集をやってました。

その中で、堀田世紀アントニーという方が、アメリカ人と日本人のハーフとか。
でも、お父さんを2歳の時に亡くされた後、お母さんが寿司屋の日本人と再婚されたそうで、順和風の生活になったそうです。

中学の時に、英検5級を落ちた経験もあるとか。

そりゃ、英語を喋られる方が回りにいなければ、英語を喋られるワケがありませんよね。


自宅が寿司屋と言うことで、デートで寿司屋に行った時に、
「おまかせで」
と通っぽく注文したら、カリフォルニア・ロールが出てきたとか。


お任せも、ある程度、方向性を言わないと、お店の人も、困りますよねぇ。


私もお店の人に覚えてもらっているお店では、おまかせにしたりします。

大阪の北・新地のバーは、これまで5回くらいしか行ったことが無いのですが、マスターが、ちゃんと私の好みを覚えてくれてて、7種類のウィスキーの水割りを色々紹介してくださりました。

私は、ブレンデッド・ウィスキーの水割りに、ブレンデッド・ウィスキーのマスター・ウィスキーをトッピングしたのが、好きなので、なんか、そういったのを7種類、出してくださいました。
ウィスキーは、初心者でもわかりやすいアイレイ・ウィスキーが好きなので、そのあたりをチョイスしてくれました。


初めてのお店で、おおざっぱな注文をしたお店は、6人で行ったのですが、
「今日は、6人なので、白白赤赤赤の5本を呑むので、組み立ててください。」
って、頼んだのですが、私たちの呑むペースが速く、せっかく、ソムリエールの方が選んでくださったワインと食事が、一つずれてしまった……なんてこともありました。

初めてのお店の、注文は、難しい……。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

この日は、アメトークを見てました。

「元・今が旬芸人」

と言うテーマで、オードリー、アンガールズ、小島よしお、ねずっち、スリムクラブ……という面々が出演してらっしゃいました。

で、怪我前の週録かなぁ?スギちゃんが、MCの雨上がりの隣に座って、色々と質問してました。

「旬が終わるのは、何カ月くらいですか?」
とか
「トークネタがなくなってきたら、どうやって切り抜けるのですか?
など。


旬を過ぎた芸人さんから見ると、旬を過ぎたと思った瞬間は、

・並んでて、順番に紹介されている時に、最後に並んでいて、紹介無しで本題に入るというフリ。
・ラテ欄に名前が乗らなくなる。
・街を歩いていても、混雑が起きない
・ブログの記事が、Yahoo NEWSで扱われない

などなど。


持ち込み企画のオードリー若林も言ってましたが、なんか、芸人さんの吞み会で、新や2時くらいに始まるお決まりのネタ満載でした。

ま、深夜番組なので、いいんですけどね。


その中で、スギちゃんが、次のR-1を狙った新ネタ披露がありました。

「ワイルドだろぉ?」
じゃなくて、
「ちょっと、ワイルドでしょ?」
みたいなネタでした。

旬が終わった瞬間だったかも。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

エス●ー伊東さんの年収が2,400万円らしい。
土日と祝日を合わせれば、年間120日くらいあるので、全休日に一件10万円のご祝儀で、2件の結婚式の余興で呼ばれているのではないかと思います。

エス●ー伊藤ではなく、エス●ー伊東で、合ってるみたいです。

エス●ー伊東さんは、一時、テレビでちょくちょく見ましたが、そのうちみなくなったと思ったら、2003年の「有栖川記念奉祝晩餐会」というパーティーで、やはり余興に呼ばれていたらしいのですが、この晩餐会が肩書きを偽った詐欺事件と言うことで、ニュースになり、その際に、エス●ー伊東さんも余興に呼ばれていたということも記事に入ってました。

私の推測では、この記事から、結婚式の余興にエス●ー伊東さんを呼ぶ方が増えていったのではないかと思っています。

こんなこともやってるみたい。

小島×狩野×エスパー

タレントって、テレビのギャラは大したことないけど、営業で稼いでいるらしいですが、こうして、あまりテレビに出てないかたでも、結構、稼げるものなんですねぇ。

確か、モノマネタレントの清水アキラさんも、熱海かどこかで、ホテルを経営しつつ、大宴会場の余興に、毎日のように出演してて(……って、自分のホテルの宴会場ですが)、結構、実入りがいいらしいです。

知名度っていうのは、偉大ですねぇ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんか、記録的な低視聴率とか言われている番組を観ました。

確かに、なんか、昔の「ひとりごっつ」みたいな感じで、まだ、あまり面白くないですね。
NHKとMHKの語呂に気付いたから、この番組をすることになったのかなぁ?
……ってなくらいですね。

やっぱ、松ちゃんは、瞬発力で、突然でるアドリブが面白くて、コントとか、事前に練ったネタは、先を走り過ぎているのか、あんまりおもしろくない気がします。

でも、この番組も、だんだん面白くなるのかなぁ……とおもいきいや、あと一カ月くらいで、終わってしまうみたいですね。

「お試しか!」「ブラマヨの熱々トーク?」「アメトーク」「リンカーン」とか、最初の方はほんと、ひどかったけど、段々、面白い企画が生まれてきたので、お笑い系の新番組を1クールで終わらせるってのは、どうかなぁと思いますが、ま、それは、大人の世界の話で、色々とあるんでしょうからねぇ。

「ガキの使いやあらへんで」
も、未だに、ちょっと、どうなの?と思いますけど、番組から派生してできた、
「絶対笑っちゃいけない×××24時」なんて、今や、立派な紅白歌合戦の対抗馬に育ちましたものね。


やはり、お笑い番組も継続が力だと思います。

「有吉・マツコの怒り新党」
は、結構、数字があるみたいですね。
なんか、ゆるゆるな番組進行ですけど、なんか、そのずるずるな進行を観てるのが、
肩に力がはいらなくて、いいのかなぁ?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ザコシショウが結婚されたそうです。
お相手は、一般の方。

ザコシショウは、「キング・オブ・あらびき」ということで、番組の結婚披露宴をやってました。

来賓の方々は、あらびきメンバーでした。

一番有名なのは、多分「AMEMIYA」。
あの「冷やし中華始~め・ました~」
で、R-1グランプリ(?)の準優勝をされた方です。

ここんとこ、M-1で準優勝の「オードリー」やら、「スリムクラブ」やらの方が、売れていますね。

ところが、そのあらびきメンバーの後、バッファロー木村となだぎが出てきつつ、更に、ケンドー・コバヤシまで出てきてました。
「あらびき団」の番組としては、かなり、豪華メンバー。


さて、その番組の結婚披露宴。
演出は、ザコシショウご本人とのことでしたが、はずしてましたねぇ~。
AMEMIYAの余興の歌は、盛り上がってましたけど。


でも、この「あらびき団」は、次回で最終回らしいですね。
終わらなくてもいいのに。ま、終わってもいいけど。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

人志松本のすべらない話を見てました。

私の中で、トップはサカタさん。

ほっしゃんが、電車に乗っていて、駅で停車すると、両隣の方が降りて、そこに、電光石火の速さで、
二人組のおばさんが座ったらしい。

その、ほっしゃんの両側に。

そのおばさんたちは、ほっしゃんの頭越しに井戸端会議を始めました。
その内容は、多岐に渡るようですが、(ま、井戸端会議だし。)やがて、秘密の話になったそうです。

「知ってはる?あの離婚話。」
「えぇ~、誰なん?」
「言わんといてや、私が言うたってこと。」
「うんうん。誰々?」

と言った、次の瞬間、ほっしゃんの耳元で

「サカタさん」

と言われたらしい。

うーん。伝わったかなぁ?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツの休日を利用して、ウィーンに行ってきました。

ウィーンでは、室内でも喫煙所があります。
ドイツは、基本、室内で、喫煙はできません。

でも、ドイツでも、一般家庭内では、喫煙可能ですので、決まったメンバーだけが集まるというお店では、室内でも喫煙可能です。ですので、アウグスブルクに来た当初は、夏の間に、室内で喫煙可能なお店を3件くらい見つけたのですが、ま、家で吸えるからいいや……と、結局、発掘した喫煙可能なお店には、全然行ってません。

ウィーンでは、室内で喫煙可能なお店を見つけるのは、簡単でした。
喫煙ゾーンと禁煙ゾーンは、ちゃんと扉で仕切られていて、喫煙ゾーンは、本当にタバコ部屋の様に、タバコの匂いが充満しているお店もありました。

笑って許して

ところで、ドイツでも、外だったら、駅のホームには、喫煙所があります。
たまに、喫煙所が無いところがあって、そんな場合は、人気の少ない場所に行って、携帯灰皿を片手に吸ったりします。

ウィーンも同様に、駅のホームに喫煙所があるのですが、その灰皿と喫煙所を示すプレートは、ドイツと同じ形なのですが、色がドイツが黄色なのに対して、ウィーンは、赤でした。

同じような文化なのに、なんで、色が違うんでしょうねぇ?

笑って許して

アウグスブルクでは、街の中にも、沢山、灰皿があります。
こんなに灰皿が多いのは、アウグスブルクくらいで、他の都市には、あまりありません。

イギリスとか、フランスに行くと、ゴミ箱しか無いんですが、火を消したタバコを、ゴミ箱に入れる習慣のようです。

アウグスブルクには、タバコの形をした灰皿が、ホント、あちこちにあります。
シュトラセバーン……トラム……路面電車の各駅に、必ず一つは灰皿があると言っても、過言では無いかも。

ところが、ウィーンでは、このタバコの形をした灰皿が、ゴミ箱に刺さっているようなデザインの灰皿がメインでした。

灰皿が多いと、タバコを吸いやすくていいですね。


もう、半年前になりますが、日本に帰国した時は、喫煙所がわかりにくくて、困りました。

ヨーロッパでも、アメリカでも、外ならタバコを吸うことができるのですが、日本は、外でも、喫煙禁止の場所がありますよね?
秋葉原なんかもそうですし、京都も、河原町通りから、三条通りの間(……だったかな?)は、禁煙ゾーンで、河原町通りの南側のコンビニに置いてある灰皿の前に、沢山の方々が、喫煙のためにたむろされていたのが、印象的です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

しまった。
Twitterでつぶやいたりしてたので、てっきりブログにも書いてたと思ってた。

今、私がグイグイ来てると思っているのが、春香クリスティーンさん。

スイス出身の可愛い女子大生で、日本のコメディアンのネタをドイツ語で真似してくれます。

もう、ネタは無尽蔵。
オマケにドイツ語なんて、そうそうわかる日本人はいません。

私は、ドイツに住んで、もうじき二年になりますが、仕事ではみんな英語で喋ってくれるので、むしろ、ドイツで、英語の勉強中……。

そうは言っても、多少はわかるので、クリスティーンさんのネタは、面白い。

http://ameblo.jp/haruka-christine/

大注目だと思います。
(既に、大注目な、気もしますが……。)


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今年もR-1が開かれて、優勝は、佐久間一行さん。
私は、全然、知らない方でした。

芸歴が長い方のようで、今回は、決勝に進むまで、色んなパターンを演じていらしたので、
逆に、私としては、この方のカラーがわかりませんでした。

準優勝はAMEMIYAさんで、
「冷やし中華始めました」
のフレーズは知っていて、面白い芸人だと思っていました。
でも、「冷やし中華」以外のネタはあるのかな?
と、人ごとながら心配していたら、微妙に曲を変更しながら、他のネタもあったので驚きました。

私は、そんなに日本のテレビを見ることができる立場ではないので、なんとも言えませんが、
その私の立場からすると、「冷やし中華」のネタは3回くらい見てて、
今回、同じような曲で、違うネタを見ることができたのですが、
「ネタ」自体のレベルは同じ程度なのに、弾き語りをすることで、面白く感じられたような気がします。

私は、一回戦で敗退した、ナオユキさんが、気になりました。
「あるある」系ですけど、やっぱり、そこに気づくっていうのは、凄いなぁ……と。
でも、この方こそ、もうちょっと他のネタを見てみないとわかりませんね。

スリムクラブの真栄田さんににナオユキさんが負けたのは、ちょっと疑問。

板尾の採点が、なんか、お茶の間離れしていたような気がします。
何か、審査の中で、「軸」があったような感じでしたが、その「軸」が、お茶の間からはサッパリ。
彼の採点を外したら、結果が大きく変わっていた気がします。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。