おコダのエンタメについて語るとこ

ゲームやドラマ、AKB48など中心にエンタメ事象について
思ったことを自由気ままに書きつづるところです。

NEW !
テーマ:

昨日のシングルパーティのポケモンの中で

おそらく最も解説を要するポケモン。

 

・テッカグヤ ゴツゴツメット

ひかえめ H252B4C212D28S12

ラスターカノン、かえんほうしゃ、くさむすび、めざめるパワー氷

 

まず、努力値振りですが、調整振りのようで

実はろくな調整をしておりません。

意図としては

テッカグヤミラーを制するため、素早さに微振り、

特防に無振りだとポリゴン2のダウンロードで特攻が上がってしまうため、

特防にやや振り。

効率良く振るため、防御に4振り。

場持ちしてほしいことからHPは極振りして、残り特攻

という方針です。

ただ、特攻が絶妙に足りず、乱数圏内になるケースが多々あったため、

特攻極振りの残りHPの方が良かったように思えます。

 

持たせる道具もかなり悩み、途中までとつげきチョッキを持たせていましたが、

はがね+ひこうというタイプからして、

特殊受けよりも物理受けの方が向いているため、

ゴツゴツメットに持ち替えました。

メガハッサムやメガギャラドスの相手をしてもらいたい場面が多かったので、

正解だったと思ってます。

そういえば同じはがね+ひこうのエアームドは昔物理受けって言われてましたね。

 

テッカグヤのわざ構成はいろいろありますが、

一番ゲームスピードを加速できる特殊フルアタを選択。

くさむすびを持たせることで、メガギャラドスも戦える、

というか、たきのぼりで怯みさえしなければ相打ちに出来ます。

ギャラドス側が「みがわり」や「ちょうはつ」とかしてきてくれれば、勝てます。

 

対峙したガブリアスにつるぎのまいを積まれる機会も多いので、

めざめるパワー氷も案外活躍する場面があります。

交代読みのラスターカノンの後に当てて、確定で落とします。

 

 

テッカグヤはタイプも種族値バランスもいいので、

シーズン2でも活躍するだろうな。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日に続いて、シーズン1のシングルで使用したパーティです。

シーズン2から過去作のポケモンが流入してくるようになり、

環境がガラリと変わるので、今後の参考にはならないと思いますが。

 

 

・ガブリアス きあいのタスキ
ようきAS
げきりん、じしん、ほのおのキバ、つるぎのまい

 

・ルカリオ ルカリオナイト
ようきAS
バレットパンチ、インファイト、じしん、ストーンエッジ

 

・カプ・コケコ こだわりスカーフ
おくびょう CS
10まんボルト、マジカルシャイン、とんぼがえり、ボルトチェンジ

 

・ポリゴン2(ダウンロード) しんかのきせき
ずぶとい HB
10まんボルト、れいとうビーム、シャドーボール、じこさいせい

 

・テッカグヤ ゴツゴツメット

ひかえめ H252B4C212D28S12

ラスターカノン、かえんほうしゃ、くさむすび、めざめるパワー氷

 

・ミミッキュ フェアリーZ

いじっぱり haS

(調整先を忘れましたが、確か強化なしコケコの10まんボルト耐え)
じゃれつく、シャドークロー、かげうち、つるぎのまい

 

まず全幅の信頼を置いているフェアリーZミミッキュから

構築をスタート。

攻撃範囲が広く、大抵相手の1体を倒した上で削ってくれるやつですが、

パルシェン、ハッサム、メガメタグロス、メガルカリオ

といったあたりには弱いので、

それらに対処できる

スカーフコケコ、ほのおのキバガブリアス、テッカグヤ

で周りを固めました。

スカーフコケコは決定力こそ乏しいものの、

からをやぶったパルシェン、1舞メガボーマンダ、2舞ギャラドスには

先制できます。

あとは少しでもミミッキュの苦手なやつらを選出させないように

メガルカリオ、ポリゴン2を配置。

特にメガルカリオの選出率は非常に低かったです。

相手のポリゴン2がめんどくさそうなときは

メガルカリオのインファイトでもいいのですが、

2舞ポリゴン2のラブリースターインパクトでふっとばすことの方が多かった。

 

基本選出はあまりありませんが、

先発ミミッキュorテッカグヤ

後発↑の選出しなかった方+カプ・コケコorガブリアス

が割と多かったです。

相手のパーティにパルシェンがいる場合は初手選出に大きく削れるやつ

(テッカグヤのくさむすび、カプ・コケコの10まんボルト、

  ポリゴン2のほうでん、メガルカリオのインファイト)

で削ってから、タスキで耐えられても

スカーフコケコか先制技で削り切ります。

また、相手のパーティにハッサムがいる場合は

テッカグヤとガブリアスの両雄で睨みをきかせます。

 

その他個別解説したいポケモンもいるのですが、

長くなりすぎたので、パーティ全体の紹介記事はこの辺にしておきます。

質問があればコメント欄でどうぞ。

AD
コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

シーズン1のスペシャルバトルで使用していたパーティの紹介。

ルールは伝説ありの持ち物なしシングルです。

 

・ルナアーラ

おくびょうCS

シャドーレイ、サイコショック、10まんボルト、れいとうビーム

 

・ソルガレオ

いじっぱりhaS

(おくびょうルナアーラのシャドーレイ耐え)

メテオドライブ、フレアドライブ、かみくだく、ニトロチャージ

 

・フェローチェ

さみしがりAS

とびかかる、とびひさげり、どくづき、れいとうビーム

 

・アローラキュウコン

おくびょうCS

ふぶき、あくのはどう、オーロラベール、ムーンフォース

 

・ガブリアス
ようきAS
げきりん、じしん、かみくだく、つるぎのまい

 

・ハピナス(しぜんかいふく)

ずぶとい BD

れいとうビーム、10まんボルト、どくどく、タマゴうみ

 

 

とにかくルナアーラを中心に回っているルールなので、

悪技、ゴースト技の重要度が高いです。

そのため、ソルガレオとガブリアスに「かみくだく」や

キュウコンに「あくのはどう」を搭載。

 

ルナアーラの技構成はこれで決まりだと思ってます。

説明不要のシャドーレイ、

めいそうを積むコケコやハピナスに対抗するためのサイコショック、

ジガルデを確殺するためのれいとうビーム、

テッカグヤを二確するための10まんボルト。

 

ソルガレオがルナアーラと対面した際は

「ニトロチャージ」で削りながら素早さを上げ、

次のターンで「かみくだく」で倒せます。

相手の後続に対しても素早さが1段階上がった状態なので、

優位に立てます。

 

きあいのタスキもこだわりスカーフもないルールだと、

フェローチェがとにかく動かしやすい。

死にだしで相手のガブリアスやジガルデをれいとうビームで倒したり、

ルナアーラで大きく削ってから、フェローチェでとどめを刺して、

ビーストブーストで攻撃を上げると、もう止まらなくなります。

 

あとは一般枠からはガブリアス、キュウコン、ハピナスを採用。

相手のジガルデに積ませる隙を与えにくいポケモンを選びました。

ガブリアスはルナアーラ、ソルガレオ、マギアナに対しても強く、

一般枠では一歩抜きん出ています。

あまりありませんでしたが、

キュウコンでオーロラベールを貼ってから、

ガブリアスで積んで一気に攻勢を仕掛けるというプレイングもたまにやりました。

また、キュウコンとルナアーラを同時選出する場合は

必ずルナアーラを出してからキュウコンを出すこと。

ファントムガードが削れてしまうので。

 

ハピナスは相手のハピナス、ルナアーラに毒を入れるために採用。

サトシゲッコウガに対しても強いです。

れいとうビームでもジガルデを倒せないので、

実はジガルデに対しての隙になっています。

あまり選出率は高くありません。

 

上記のパーティでレート1702を達成。

もうちょっとやれば上がったかもしれないけど、

そもそもマッチングがしづらいルールでしてねぇ・・・。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。