テーマ:

皆さん、こんばんは。
雨が降ったり止んだりですが、
段々汗ばむ季節になってきましたね~



さて、本日は膝の痛みに悩まれ、
それでも競技を続けていきたいと
当院へ来院された患者さんの事例を
ご紹介させて頂きたいと思います。




【患者様の声⑱山内佐和子様 40代女性


12月のフルマラソン後、
足の痛みが引かず、


整形外科に通って
鎮痛剤とリハビリを
続けていましたが
なかなか痛みが引かず、


3月にフルマラソンを
控えていたこともあり、
2月の下旬に
沖田スポーツ整体さんに
診てもらいました。


施術は勿論ですが、家での
ストレッチの方法も教わり、
足の痛みも和らぎ、少しずつ
走れるようになりました。


3月のフルマラソンまで1ヶ月半、
集中的にお世話になりました。


マラソンの前々日には、
テーピングもして頂き、
途中棄権も覚悟していましたが、
無事に走り切ることができました。


3月以降も施術して頂きながら、
自分でも身体のバランスを意識し
それでも時に出る痛みにも
ストレッチの指導を頂きながら
走る生活を続けています。


自分の身体の癖など
長い目で見ても
上手くつきあう為にも、
沖田スポーツ整体さんには、
感謝しています。








【所感】

山内さんは、両膝に痛みを抱え、
そのような状態でもご自身の
ライフワークであるマラソンを
続けたい一心で、整形外科などの
医療機関を受診しておりましたが、



症状がなかなか改善がされないため
インターネットにて当院を検索し、
来院して下さいました。



来院時には、両膝に痛みがあり、
左膝は鵞足炎による内側部の痛み、
右膝は変形性膝関節症との診断を
医師より受けていました。



しかしながら、左膝の痛みは、
皮膚の歪み骨盤矯正により消失し、
右膝の痛みは仙腸関節の機能異常
右足関節の拘縮が原因と判明した為



原因の部位を中心に施術をし、
其々の関節機能が亢進した事により
痛みが軽減されていきました。



長年に渡る身体への負担により、
股関節などにも硬さがあり、
可動域がかなり狭小していました。



また、股関節の可動域狭小も
原因を遡ればバランスにある事を
ご説明させていただき、
ご自宅でもできるストレッチ
指導させていただきました。



マラソン大会の前には、
長距離の練習もできるようになり
前々日には、膝痛対策として、
”当院オリジナルテーピング”をし、
本番を迎えることができました。



山内さん、フルマラソン完走
本当におめでとうございます!
よかったですね~♪



これからも、
マラソン競技を継続していけるよう
微力ながら精一杯サポートさせて
いただきたいと思います!




本日も当ブログを最後までお読み戴き
本当に有難うございました。




           アップ
ブログランキングに
ご協力お願い致します♪


【沖田スポーツ整体HP】

【住所】
419-0201 
静岡県富士市厚原1859-8
第2東名 新富士I.Cより車で約3分

【定休日】
水曜日、第1・3日曜日

【連絡先】〈完全予約制〉

TEL 0545-69-1666

携帯 090-9911-9281

ご予約/お問い合わせ





ペタしてね




いいね!(447)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)