三日間のスタジオクローズでご不自由をおかけしています。
雪の北海道から、本日帰ります。
 
沖縄とは別な形で厳しい自然と共存する北海道での三日間は、人と、自然と、生死、食と命、出会いと別れといったことを、流れの速いエネルギーの中で次々と感じていきました。
 
 
{363DD127-385E-4507-80CF-9445EDCC62C4}
 
川端康成のあの一節が頭に浮かぶ、
千歳空港上空の雪景色。

 
義理の母の葬儀にお集まりの方々の殆どには、今回初めてお会いしました。
通夜の夜から始まり、葬儀、収骨、その後遺骨を持ち帰り再びお経をあげていただくまでの長い時間、寝食を共にするおみおくりを、血縁のない方々とご一緒したのは初めてです。
お通夜の催事場に入ったのは夜7時過ぎの最後の一人でしたが、お会いした時からすーっと受け容れていただく暖かい感覚にずっと包まれておりました。
 
その中で淡々と粛々と執り行われ、次々に終わっていく葬儀の流れの中で頭を持ち上げてくる、生死、食と命、といった人の営みの核心の数々。
 
ご遺体の横で、通夜ぶるまい、明けて朝食。収骨を待つ間の昼食と、延々と飲み食いを続ける私たち。
まるで工場のようにズラリと炉が並ぶ火葬場。あれほど広いところに行ったのは初めてです。
 
 
{610ABBF9-0AB1-43EC-BFFF-A90BC0C77C8F}

 
3歳、4歳、5歳の子供たちと一緒にした骨拾い。私がそれを最初に体験したのはもう少し大きくなってからでした。
 
あなたは死にましたよ、と云いきかせるお経。全て終わって義理の兄妹たちと囲んだ夕食後に外へ出たら、体に降り積もるような雪が降っていました。
 
最期をみとり、葬儀の準備をした夫と兄妹たちはもっとたくさんの事を見、感じたでしょう。
自分に起こる全ての事を、愛おしく、とても大事に感じる三日間を過ごしました。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

身内に不幸がありまして、明日22日(水曜日)に札幌へ出かけなくてはならなくなりました。

 

本日から週末まで、スタジオクローズいたします。ご不自由をおかけし、たいへん申し訳ありません。マンスリーを含めた有効チケットをお持ちの方は、満了期日に4日分の追加をお願いします。

 

尚、日曜日の「インド・スリランカ料理教室」はオープンします。まだお席がありますので、ご予定の方はご予約お願いいたします。

沖縄、今が葉野菜の旬ですので、ほうれん草のカリー、紫キャベツのポリアルなど、旬の野菜たっぷりのメニューを組む予定です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

今年もYY先生こと、谷戸康洋先生をお迎えし、沖縄YYWS(ワイワイ・ワークショップ)、開催します!
沖縄サットサンではクラスやサンセットヨガなどで、谷戸先生のご指導受けた方も多いと思います。今年もオキシャンティに来てくれます。

4月21(金)、22(土)、23(日)の三日間。今回も4クラス、各フェスタやWS、ヨギーニなどで講義されているYY先生のヨーガ・スートラの解説の他、2クラスはヨーガセラピーとバガヴァッド・ギーターの集中講座など、とても濃い内容になっています。
学びを深めたい方はもちろん、ヨーガ講師はこの機会をぜひお見逃しなく。

 

 

 


DAY1
4月21(金)9:30~11:30(120分)+スリランカン・ランチ
「ヨーガの教典から学ぶヨーガ哲学の基礎」
このクラスではヨーガの教典ヨーガ・スートラを通してヨーガ哲学を基礎の基礎から学んでいきます。

21(金)19:00~20:30(90分)
「リラックス・イブニングヨガ」
カラダもココロも緩め、緊張やストレスを手放してくようなリラックスプログラムです。

DAY2
22(土)9:30~12:30、13:30~15:30
「ヨーガセラピー集中講座」(5時間)
この講座では
「バヒランガ・ヨーガセラピー」呼吸法やアーサナ(ポーズ)、外的な方法と
「アンタランガ・ヨーガセラピー」 肉体やプラーナ体から更に繊細な体や意識レベルを調和に導く方法を前半は理論編、後半は実践編としてお伝えします。

DAY3
23(日)9:30~12:30、13:30~15:30
「バガヴァッド・ギーター集中講座」(5時間)
この講座ではバガヴァッド・ギーターを基礎の基礎から学びます。
【こんな方におすすめ】
・バガヴァッド・ギーターを学んでみたい方(まったくの初めての方から大歓迎)
・ヨーガ哲学に興味がある方
・マントラやチャンティングが好きな方
・ギーターを読んだことがあるけれどよく理解できなかった方
・瞑想を深めたい方

各クラスの詳細は、追って順々と公開していきますので、お楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

AD

春の「食事瞑想」のお誘い。

テーマ:

ここ数日、冷たい風が吹き荒れる極寒が続く沖縄です。

と、言っても12℃前後をうろうろしている状態なのですが、沖縄8年目にもなると、16℃くらいでも寒く、ボルシチをことこと煮たりするのです。

 

沖縄のみなさま、サバイブしてますかー😨😨
先日のカカオWSに参加の方々は、今日こそが絶好の「ホットチョコレート」日和。ぜひぜひ作ってくださいね。
そして、今年もヴァレンタインのロー・チョコレート、みなさまにご用意しますよ。お楽しみに。

 

 

 

 

今月25日は、今年最初の「食事瞑想」を開催します。寒いと言っても桜が満開の沖縄。ヒカンザクラという、下向きのマジェンダ色のかわいらしい桜です。

春の訪れを感じながら、忘れてしまいがちな、"丁寧に、生きていく。"を味わいませんか。

前回弘子先生がしてくれたお話しです。

小学校に呼ばれて話をしてきた時のこと。
 
「みんなのからだは何でできているの?」
という質問に、「骨」、「筋肉」、「頭と胴体、手と足」などの声が上がる中、「食べもの」と答えた女の子がひとりいたそうです。
「そうだね、食べたものがみんなのからだを作るのよね。じゃぁ、こころは何でできてるの?」
と聞くと、今度はみんな、難しそうな顔で黙り込んでしまいました。
 
「こころも食べものでできてるんだよ。」
との弘子先生の言葉に、初めは不思議そうな子供たちだったようですが、「今日のご飯を大事にいただこうね。大事にいただいたら、こころに良いものが、たくさん栄養がいくからね。」
との言葉には元気なお返事が返ってきたそうです。

 

「食事瞑想」もまったく同じこと。呼吸して、「今、ここ。」の感覚を研ぎ澄まし、命である食物を口に入れ、しっかりと味わう。
作物を作った人、それを運んだ人、調理してくれた人に思いを馳せ、感謝し。そしてそれを口にできる幸福に感謝して。
 
丁寧に、生きていく。食べることをないがしろにしない、それは最初のひとつ、自分を粗末に扱わない方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn

 

 

 

 

 

 

 

 

3月に開催の、ケンハラクマ先生の愛弟子である、芦沢さゆり先生のアーユルヴェーディックWS、「さゆり先生の、アーユルヴェーダってなんだろう?2017」DAY2の詳細です。

すでにご予約もいただいていますが、さゆり先生の生徒さんも東京から駆けつける模様で、ランチは枠は残席2となりました。DAY2のランチはインド飯です。さゆり先生特製のチャイ付。作り方はDAY3の実践でデモしていただきますよ!
 
午前のアーサナクラス、午後の座学と実践クラスはまだお席があります。前日金曜日DAY1のイブニングクラス、90分のアーサナクラスもぜひご参加お待ちしています。
DAY2の実践は、前回駆け足でカバーしていただいたオイルマッサージ、セルフアビアンカをじっくり体験しながら学び、そして絹の手袋を使って行う乾布マッサージのガルシャナを紹介していただきます。
 
ガルシャナは通常絹の手袋で行うのですが、今回はさゆり先生がお師匠から教えていただいたという、ふんわり肌触りの良い綿の手袋を持ってきてくれます。それを使って乾布マッサージをしたら、肌がツルぴかになったそう。
 
とてもリッチな内容で、今からほんとうに楽しみ!

お問い合わせ、お申し込みはe-mailでお願いいたします。
okishanti@gmail.com
 
 
 
 
前日3月17日夕方19:00スタートのアーサナクラスは、癒しのゆったり緩めるクラスです。参加費は3,500円。こちらのお申し込みも、メールでお待ちしています。
 
17日(金):イブニングクラス
ゆるめるヨガ(90分)
一週間頑張った肩や腰、お尻の張りや足の疲れをしっかりと取り、
呼吸がスムーズに通る身体に戻してあげましょう。
無理のない動きのあるアーサナをじっくりと行い、
明日の活力と心地よい睡眠に繋がる瞑想法で終わりにしましょう。
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オキシャンティのサイトHPはこちらから。

 

hpBtn