おはようございますー。

涼しくて過ごしやすい朝ですね。

決意表明もしたし↓、今朝もゆるジョグ行ってきました!


 

ついでにいうと、昨日の夜もゆるく走ってきました。

本当にゆるくゆるく。

 

でもね、もう苦痛で仕方がないのです。

まだ1週間くらいなのに…

 

ホント、ゆるくゆるくでこんなのでいいことあるのかしら?という気持ちと

全くやらないよりも断然いい!継続!!という気持ちのせめぎあい。

今まで運動の習慣がなかったのでここが踏ん張り時なんですかね…

 

ゆるジョグについて調べていたら発見。

3ヶ月続けると体が変わってくると!>>>コチラ

あら、夏が終わってしまうわw

 

 

AD

 

初デートで焼肉はありかなしか?

 

ちょくちょく話題に上るかと思うのですが、当然私はあり派です。

焼肉好きだし!

なにも高級店である必要はないのです、美味しければ。

注文の仕方や焼き方、食べ方等々、結構人となりがわかると思うのです。

 

なし派は大衆的な感じが嫌なのかしらね。

わいわいするし、もくもくするし。

 

今回は、あり派もなし派も満足するであろう西麻布の焼肉屋「けんしろう」のお話。

 

西麻布ってのもいいよね。

 

全席個室で幻の尾崎牛がいただけるけんしろう!

焼肉屋らしからぬ佇まい。

 

スパークリングでカンパーイ。

あ、冒頭ではデートデートと申し上げましたが、今回は女子会利用。

 

スタートはヴィシソワーズ。

空腹に優しく濃厚な味わいが染み渡るー。

 

サラダがごま油がしっかりきいていて美味しかったなー。

かなり好み。

 

焼きの前に、 山形牛のお刺身盛り合わせ。

薬味をたっぷり巻いて、肉の旨みと弾力を存分に味わい尽くす。

あぁ、やっぱり生肉っていいですなー。

 

焼き物は、スノーエイジングタンと焼きタンしゃぶの二種盛り合わせから。

流行のエイジング系。

雪の中で30日間眠らせたタンはしっかり弾力がありながらもきちんと噛み切れ歯応えが堪らない食感。

 

あ、焼き物はお店の方が全て焼いてくれますのでご安心を。

いいお肉は一番美味しいコンディションで食べたいですもの。

 

あらなんだかやってきたわ。

 

ぼわっと。

 

中から出てきたのは、赤身肉のけんしろう焼き。

低温調理し、桜のチップで燻製するという手の込んだ赤身肉。

香ばしい薫香に柔らかくほぐれていく肉感。

味わいといい、演出といい、名物料理なのもうなづける一品。

 

赤身尾崎牛とヒレ肉の三種盛り合わせには思わずため息。

これを赤身と呼んでよいのかしら、こんなに美しくサシが入っているのに!

わさび、柚子胡椒とさっぱりいただくってのもよい感じ。

 

春野菜の酢の物~土佐酢仕立て~でさっぱり箸休め。

 

尾崎牛と春野菜のオーブン焼き。

大好きなズッキーニとなすとラザニア風に。

 

厳選タレ肉2種盛り合わせはイチボと上ミスジ。

その日のお勧めを拘りの味付けでいただくという盛り合わせ。

しかし、希少部位のイチボと上ミスジだなんてラッキーだったわ。

 

最後は、サーロイン。

赤身コースの最後にサーロインを持ってくるなんて!

 

薄切りサーロインをさっと炙ってくるくるっと巻いて、

 

卵の黄身にくぐらせていただく焼きすき。

がっつりと最後にパンチがあるしっかり味のサーロイン。

黄身としっかり絡んで濃厚~。

 

それもそのはず、この卵がつまめるほどに新鮮&濃厚なのですもの!

 

牛蒡と牛肉の炊き込みご飯でほっこり。

牛×牛蒡って相性ばっちりですよねー、ぺろりと。

 

デザートは3種盛り合わせ。

まったりとさっぱりのバランスがよく、これまたぺろりと。

 

 

結構なボリュームだったのですが、

赤身肉であったことや趣向を凝らした味付けで飽きずにぺろりと。

あぁ、なにか目出度いことがあったらお祝いでまた行こう。

個室で雰囲気もホスピタリティーもよく、接待・会食・デートにもお勧めなお店。

 

けんしろう焼肉 / 広尾駅六本木駅乃木坂駅
夜総合点★★★★ 4.2

AD

きらきらと。

テーマ:

きらきらしたものが好きなのです、たまらなく。


きらきらと光るもの、
きらきらと光を集めるもの、
きらきらな言葉、
きらきらな感性。

そういったものに囲まれて
きらきらと生きていきたいと願う昼下がり。
今日も平和。

AD