垣花樋川


 今回は本島南部の玉城にある垣花樋川(かきのはなひーじゃー)です。
 垣花樋川は、珊瑚から出来た石灰岩台地を浸透した水がこんこんと湧き出る泉です。

表示板より
 天然の美しい川や泉を保全して後世に伝えるという目的で推薦され、昭和60年に環境庁の全国名水百選に選ばれた。百選の中でも最初は全国で31件が選ばれこれに入選した。垣花樋川は集落の南側にあって、石畳の急な坂道を100メートルほど降りていくと、左側のうっそうと繁った林の中腹岩根から湧水が湧き出ている。
 かつては左側上のイナグンカー(女の川)は女が使い、右側下のイキガンカー(男の川)は男が使っていた。その下流の浅い水たまりはンマミシガー(馬浴川)、全体をまとめてシチャンカー(下の川)と呼ばれ、樋川から流れた水は下の田をうるおし、稲作が盛んであった。垣花村の人々はシチャンカーで水浴び、洗濯、野菜洗い、水汲みをするためカービラ(川の坂)を行き来した。石畳道の途中には女たちが一息入れたナカユクイイシ(中休み石)、イーユクイイシヌヒライサー(上休み石の平石)が残っている。
 現在は、簡易水道として地域の飲料水等の生活用水や農業用水として利用されている。

イキガンカー(男の川)
垣花樋川,かきのはなひーじゃー,イキガンカー
【クリックで拡大】

イナグンカー(女の川)
垣花樋川,かきのはなひーじゃー,イナグンカー
【クリックで拡大】


AD

寒緋桜

テーマ:

寒緋桜


 沖縄では、今の季節、寒緋桜が花盛りで、各地で花見が行われています。
 桜の原種の一つで、沖縄では桜といえば、この寒緋桜です。
 ヒカンザクラ(緋寒桜)と呼ばれることもあります。また、旧暦の正月あたりに咲くことからガンジツザクラ(元日桜)と呼ばれることもあります。

寒緋桜 沖縄LIFE 沖縄観光情報
【クリックで拡大】

AD

宇江城城跡


 久米島北部の山頂にある城跡です。
 この城跡は沖縄にある城跡で最も高い位置に築かれた城跡です。
 ここからは配下に東シナ海が見渡せ、遠くハテの浜の砂州や粟国島や渡名喜島、天気の良い日には本島まで見渡せる絶景ポイントです。

建物自体は無く、石垣のみが残っています。
沖縄LIFE 沖縄観光情報-宇江城城跡,久米島,沖縄,城跡
【クリックで拡大】

遠くにハテの浜が見えます。
沖縄LIFE 沖縄観光情報-宇江城城跡,久米島,沖縄,城跡
【クリックで拡大】

AD