うつ・不安感をスーッと解消して子育てや人間関係を楽にする生き方

「こんなはずじゃなかった」「もっと楽しくやれると思った」「私が全部わるいのか」


テーマ:

みなさん、こんにちは!

心理カウンセラーのバーバラこと

植前和代です!

 

 

 

 

「声を出す」ことは、

「私はここにいるよ〜!!」という

表現の一つだと常日頃から感じている。

 

声は、私たちの身体から出てくる

力です。

 

話す、叫ぶ、泣く、etc....

 

声の力をかりて、

自分の内側とつながり

そして周りとつながりましょう!

 

勇気を出して声をだそう!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、心理カウンセラーの

バーバーこと植前和代です!

 

 

4月になりましたね〜。

今年の沖縄はなかなか暑くなりません。

ポカポカ陽気で暑い沖縄らしさは

どこへやら。。。。

 

とはいってもですね、

つい先日沖縄は海開きをしました。

 

       (沖縄タイムスより)

 

子供たちは楽しそうに海で泳いでいましたが、

「おばちゃんは今は入れないな!

だって、じぇったい冷たいし寒いもんね!

でも、海は気持ちがいいよね〜❤️」

 

 

子供といえば、、、

 

はい!私の教え子たちです。(笑)

 

 

そばにはお母さん方も一緒です。

 

私がよく行くスーパーで

教え子のお母さんに何度か

お会いするうちに、

 

お母さんから

「先生、何名かお母さんたちを

集めるのでお食事でもしましょう。」

 

という話になり

即決行!!(笑)

 

教え子たちもきてくれて

嬉しかったな〜。

可愛かった女の子が

素敵な女性に変身ですよ❤️

言葉使いも丁寧で

大人のじょっし〜に

なっていました。

 

(暗くて見えませんね 笑)

 

 

教師を辞めて

子を持つ母親として

教え子のお母さんたちと改めて

向きあってみると、

 

お母さんたちは子育ての大先輩!!

(今更ですが。。。💦)

 

中学生の子を持つ親は

気苦労が絶えません。

私は今それを実感している

真っ最中。

 

そこで、子育ても落ち着いた

お母さんから、子育てまっ最中の

ママたちへアドバイスをもらいました。

 

みなさん、参考にしてみてね!

 

「私のアドバイスとしては、

子育て中に教えてもらった

言葉に三つの「あ」が大切だ

と聞かされました。

まず一つ目は焦らず。

二つ目は慌てず。

三つ目は諦めない。

それにプラスして明るく。

を実践していくことだと思います。」

 

焦らず、慌てず、諦めない。

そして明るく。

 

どれも教訓にしたくなる

言葉ばかりですよね。

 

 

子育てをしていると

周りのママやお子さんが

気になりついつい比べて

しまって自分一人焦ったり。

(その結果、一人でイライラしたり

落ち込んだりの繰り返し。)

 

予期しない出来事に

親の私が慌ててしまったり。

(その結果、子供が動揺して

いい影響を与えない。)

 

何度も同じことを繰り返す

我が子に対して諦めたり。

(その結果、親子の関係が

崩れてしまう。)

 

焦らず

慌てず

諦めない

 

どーん!と構えて

太陽のように

明るく笑っている

お母さんでいたいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、心理カウンセラーの

バーバラこと植前和代です。

 

 

 

あなたを困らせている「心の虫」

があなたの中にいませんか?

「イライラ虫」「泣き虫」「いじけ虫」

「世話好き虫」「スネスネ虫」などなど。

そんな虫が突然動き出すと

「自分ではどうしようもできない。」

という人もいるかもしれませんね。

 

さてさて、この心の虫ですが、

知らず知らずにみんなの心に

住み着いているかもしれません。

 

あなたの中の「心の虫」の名前は

何ですか?

そしてその虫はどんな時に

でてくるのでしょうか?

 

先日の勉強会で同じ質問をしました。

出てくる、出てくる、それぞれの「心の虫」。

面白いくらいたくさん出てきます。

 

たくさんある虫の中でも

特に出てくる虫にフォーカスを

してもらい、各自自分の心の虫と

対話をしてもらいました。

 

静かに自分の心に耳を傾けていくと

みなさん、だんだんと気づいてきます。

 

その虫を作ったのは自分自身だと。

 

そしてその虫は意味があって

自分の中にいるのだと。

 

 

そうそう!そうなんですよ。

この虫たちは人の感情や気持ちやを

比喩表現したもの。

 

感情や気持ちって自分の中からしか

湧いてこないんですよ。

相手がそれを投げたり、

手渡したりするものでは

ないですよね。

 

全て自分の中の一部です。

なので排除するものではないです。

 

自分の一部なんだから

うまくつきあっていけば丸くおさまると

いうものです。

 

私のイメージですが、

「心の虫」は、となりのトトロの

真っ黒くろすけみたいなもの。

 

 

わちゃわちゃわちゃっと出てきて、

可愛くて憎めない感じ(笑)

 

 

 

心の真っ黒くろすけと対話して

彼らとうまく付き合う方法を

見つけていけたらいいですよね。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)