11月と2月の年に2回、三本岳(大野原島)の真ん中の穴に太陽が輝く
今日は沖倉商店の創業者、沖山倉雄の祥月命日でした。
 
意味なんて最初から無かったんでしょ
 
AD

月日の過ぎるのは早いですね。
今日は節分、明日は立春、ようするに季節の変わり目。
海が荒れていて、船は御蔵島・八丈島に行かずに折り返してしまいました。

去年の今頃といえば選挙で大変でした。
※19日の午後からこの一年の報告会を店内でやろうと思っています。

謙虚、優しさ、絆、
今年もコツコツと活動していきますのでよろしくお願い致します。







 
AD
島にとっては開発して便利になることも必要だけど、
便利な世界ではアウトプットばかりで肉体も精神も疲れてしまう。
人がエネルギーをインプットするときに、人の手の入らない場所に行って
目に見えない自然のエナジーに触れることで、圧倒的に元気になれる。

きれいな夕陽だったり、鳥の声だったり、波の音だったり、
島にはたくさんのエナジーが存在する。

ブルース・リーが映画の中で、こんな言葉を言うシーンが有名ですね。
「Don't think! Feeeel!」 ※考えずに感じろ...
目の前に見える手段ではなく、その先にある目指すイメージが大切
何がやりたいのか?それをやったら何が実現できるのか?
島には五感を研ぎ澄ませる時間がたくさんあります。

2014年の2月にハワイ島のマウナケア4205mに登った。
その時もマウナケアの頂上に雪が積もっていた。

本州から180キロも南に離れた島で雪を見るとハワイ島を思い出す。
※もっと離れた八丈島でも昨日は積もっていたみたいです。

黒くゴツゴツとした溶岩に青く深い海の色と澄んだ空、
さすがにTシャツに短パンじゃ過ごせないけど、その景色は似ている。
暖かい海では鯨たちが南へ向かって泳いでいる。

そんな島で暮らすことは決して楽じゃないけど、
世の中が大きく便利に変化していくなかで、
なかなか変わらない事の大切さに気づくこともある。

人生は決められた時間をそれぞれが精いっぱい生きている。

早朝のキ~ンと張りつめた空気の雪が残る山に立つと、
過ぎていく寂しさと、大自然の中に一人立つ孤独と、
生きていることの厳しさを感じる。
そして大きく深呼吸をすると、また次に進もうという希望が湧いてくる。

終わりが見えたら写真を撮ろうよ、これまでとこれから繋ぐ詩になるよ