オホーツクの村日記

北海道斜里郡小清水町。オホーツク海をまん前に見渡し、二方を幅広い原始の防風林にはさまれ、一方を広々とした牧場と接した林が所在地です。

★オホーツクの村の出来事・風景・動植物・情報などを発信します★


テーマ:

8月3日小清水愛ホールにて「エキノコックス事業報告会」が行われました。

前回の日記から・・・「エキノコックス事業報告会」←クリックするとページが開きます


神谷 正男先生
「エキノコックス対策の概論・戦略・展望」


奥 裕三郎先生
「小清水町での結果と分析」




小林 文夫先生
「他地域(羊蹄山麓の町村など)の対策と成果報告」


ニセコ町中心に良い成績が出ています。

エキノコックス症感染対策実施エリア



全域を対象に駆虫薬散布を行っている道内の地域は
小清水町 倶知安町 ニセコ町 喜茂別町 
京極町 蘭越町 黒松内町 平取町の8つの町のみです。

一部地域で駆虫薬散布を行っている地域は
鹿追町 江別町 です。

2013年駆虫薬散布予定の地域は
真狩町  留寿都村 です。

以下参考資料

__.JPG




エキノコックスのサイクルは・・・

__.JPG

↑卵を食べたネズミの体の中で幼虫になり
 そのネズミを食べたキツネの体の中で成虫になります。
 そして、卵を生んでキツネの糞と一緒にバラまかれます。



__.JPG
↑ネズミに食べられた卵はネズミの体内で原頭節になる


↓講演・報告後には実際の生虫の姿を顕微鏡で見ることができました。

↓↓↓

__.JPG
↑そのネズミをキツネが食べると小腸で成虫になります
 赤く染色してあります



__.JPG
↑エキノコックスの卵はキツネの糞と共に放出される。
 エキノコックスの卵 大きさは0.03ミリほど


これが実物の成虫です!
__.JPG
大きさは2~4ミリ程です。

今回のエキノコックス事業報告会にご出席された方々ありがとうございました。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

オホーツクの村さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。