オホーツクの村日記

北海道斜里郡小清水町。オホーツク海をまん前に見渡し、二方を幅広い原始の防風林にはさまれ、一方を広々とした牧場と接した林が所在地です。

★オホーツクの村の出来事・風景・動植物・情報などを発信します★


テーマ:
2013年4月6日~7日

第31回オホーツクの村まつり
が行われました。

村まつりの前日の様子青空
 

 

3月の村の様子の頃に比べると原田湖の雪もだいぶ溶けてきました。


キャンプファイヤー用の木を運んでいます。

 

森の中も雪解けが進んでいます。
 

白樺の樹液を取っている様子です。
 

採取した樹液は村まつりで飲みました。

 

 

海辺の方はすっかり雪も溶けています。
 

知床連山も見られます。
 
 
 

奥には何か白いもの・・・?

蜃気楼(しんきろう)が見えました!




けんしょう庵の中で今回は村まつりを行いました。
 
天候が雨の為恒例のキャンプファイヤーは中止となりました。






竹田津先生も村まつりにきてくれました。
 
 

食事の支度が始まりました。
 

 

 


枝幸の藤本さんが今年も美味しい手料理をふるまってくださいました。
ありがとうございます。

生き生きとした大きなタラバガニです!


 

沢山のニシンと
 

 

甘エビも沢山!
 
 
 

北掘さんの奥さんが小清水の名物『でんぷんだんご』を焼いてくれました!
 
 

 



 

 

 






じゃがいもは苅込さん家で採れたじゃがいもです。


 

大きなタラバガニを炭火で焼きます。 
 


 
毛蟹もたくさんあります。
 

毛蟹の刺身です!
 
冷水に入れると身が開いてとても美味しくいただけます。


そばは浜小清水の民宿『おばちゃんの家』で打ってくれたそばです。

沢山の豪華な手料理をいただきました。


 
次の日、評議員会と理事会が開かれ


  

新理事長が宮原俊之さん

新村長が宍戸均さんに決まりました。



春の訪れを告げる、フキノトウが芽を出しました。


最後に村まつりの集合写真を1枚

けんしょう庵の中で和気あいあい。
ゆっくりとした時間が流れました。


第31回オホーツクの村まつり無事に終わりました。

遠いところご参加いただきありがとうございました。


次年度のオホーツクの村まつりは検討のうえ
村新聞、このオホーツク村日記にてお知らせいたします。


春爛漫の折、村民会員皆様はどうぞお健やかにお過ごし下さい。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

オホーツクの村さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。