ちび


めきめき育ってます。

{7BAF61DD-7B1F-462E-9027-E11C76374170:01}

カリカリだけ食べてる(≧∇≦)


自分でトイレに行って砂をガリガリできるようにもなり、ご飯をふやかさなくてもよくなり!


放っておいてもご飯を置いておけばー食べてるー(≧∇≦)


これでお母様の負担もだいぶ楽になるはず(≧∇≦)と思ったら…
ものすごい元気(^◇^;)

猫って夜行性だったんだよね(^◇^;)と思い出しました…


少しずつ他の子たちと同じ空間に

{5EFD0D02-10CE-4541-A147-1292C9268368:01}

チビ達強い(≧∇≦)
先住民が逃げてます(^◇^;)

追いやられたデブきなこちゃんは玄関で。

{BC2172D0-A8D7-4BBD-8C70-8A7B02105B29:01}




AD

成長してます!
{FD31E12E-23D1-4B5E-9E8F-91881C0BEF48:01}

子猫っぽくない顔…

{5D9FE5A1-3F90-4194-9E0A-5333E448DF2F:01}

そして、他の9匹ってこんなんだった?
と思うくらいのイタズラ……

ひとりひとり性格もホントに違う。
どうなるのか。

とか考えてると、うちのおうちに思いが重なります。

ひとつひとつみんな違う。
住まわれてからはさらに変わって。
木もどんどん変化して。






モデルハウスもよく見たら



天井の色がだいぶ変わってる。



ダイニングキッチンの天井ってこんな色だったの???




全然違う(^^♪
新しいときもキレイだけど
この変化。いいよね~(^◇^)




愛犬家住宅コーディネーター Nanako ななこ 
AD


階段の下のスペースについて
収納やトイレなど、意外使えるスペースです。



ペットのいるおうちの場合、そこの部分をペットのスペースとして作ることもあると思います。


広さもとれて、少し洞穴っぽくできるのでわんこにとってもいいスペース。


「わんこと住む」とか、「ペット共存」とか、2年前に取得した
愛犬家住宅コーディネーターや愛犬家住宅をしている「ワンオンワン」でも
階段下をわんこスペースにするといい‼となっています。


確かにいいスペースではありますが。。。
注意しなくてはいけない点もあります( ´ ▽ ` )ノ



⚫︎においが籠ってしまう可能性がある。
⚫︎階段を上り下りする音が気になる子がいる。
⚫︎リビングと面した階段下の空間をわんこのスペースに設置すると、リビングにお客様がいるときにわんこの居場所かなくなるときがる。


においの問題は換気扇やにおいを吸着分解する壁紙や塗り壁などを使うと軽減されるかな?

音の問題は、慣れる子もいるし、まったく気にしない子もいますが
神経質な子は毎回びくびくしてしまうので落ち着けるスペースにはならないです。

リビングに面したところもお客様がいるときには落ち着けないです。
わんこを嫌いな人が来たり、小さい子が遊びに来たりすると、
特に居場所がなくなってしまうので、扉などをつけて目隠しできるようにしておくと、
人が来たときでも安心していられるかもしれないです。


わんこの部屋には置いておけない。いつもと違うところに
ひとりで待っていなきゃいけないということは、わんこの不安になる要素のひとつです。
無駄に吠えてしまったり、今まではちゃんとできていたことができなくなってしまったり。ということがあります。

階段下をわんこスペースにするときは、わんこの性格や
住んでからのイメージをしっかりもって、階段下のほかにも
落ち着いていられるスペースを考えたりってことが必要だと思います‼

わんこが突然吠えるようになったり、いたずらするようになったりする原因は意外とこちら側にあったりします!


吠えるからってあの首輪は…賛成できないなー(キΦдΦ)




愛犬家住宅コーディネーター Nanako ななこ 
AD

めきめき大きくなって、トイレも1人でできるようになってきました(^-^)

イタズラも激しくなり、ゲージも…脱走するようになってきました…

{3B07BEFC-C54A-4B2C-8987-F200DD44948F:01}

上を目指します(^◇^;)

{27FF55A5-6FCF-4F08-881E-AAE38998FC71:01}

そして、今日は何匹かの先住民とご対面

{82D375A9-AAE6-4BF1-B326-C0399BC39FF6:01}

他の子は怒ってたのに、この子は見つめたあと、2階の部屋へ逃げて行ってしまいました。

ワンコとにゃんこは意外と仲良く出来たりするのに…にゃんことにゃんこは難しいとこがあったり(ーー;)

というか…我が家のにゃんこは母性本能とかなし!
自分が一番の子が多すぎ…


仲良くしてくれるといいんだけどな(>人<;)




愛犬家住宅コーディネーター Nanako ななこ 
めきめき大きくなってます

{F487B14B-53AD-4E0C-A709-39F849AFE476:01}

歯も生えてきましたー(≧∇≦)

{8A735941-65C2-4313-A2E7-85C646371E6B:01}

哺乳瓶も自分で持っちゃいます‼︎

{CB67181E-C229-4960-A2C9-E5549EA1845D:01}

みけちゃんが乗ってる紙には、5~6時間おきに飲んだミルクの量と体重が書いてあります。

お母様ー文句いいながらもやってくれて、ほんとに感謝です。

睡眠時間も削りながら、かわいがってくれてます!

体重も我が家にきたときの倍になってます!このまま元気に成長していってくれるといいな


尊敬するお姉さまが

TOKYO ZEROキャンペーン


という署名活動(?)をシェアしていたので見てみたら‼

-----------------------------------------------------------

日本では、平日毎日約700匹の犬や猫が全国の自治体で殺処分されています。
一方、犬だけでも毎日、約1600匹が販売されています。

物言えぬ犬や猫のために、私たちは声をあげます。
東京五輪が開催される2020年までに、不幸な犬や猫を「ゼロ」にし、
まずは東京を世界にほこれる「動物福祉先進都市」とするために。

具体的な解決策は3つです

① ペット産業適正化のために「8週齢規制」を早期実施
② 捨てられた犬や猫の福祉向上のための「ティアハイム」の設立
③「保護犬」「保護猫」との出会いを広める

皆さんも、私たちとともに、声をあげてください。
すべての犬や猫が、幸せになれる都市・東京の実現を目指して。

-----------------------------------------------------------

我が家にも先日のにゃんこ様がいらっしゃいます。
そして、ほかのにゃんこ様たちも昔は人間が捨てていった猫たちでした。

我が家のにゃんこは外に出ません。避妊、去勢手術はもちろんしてあります。
それでも、外に出て事故にあってしまったり、相手がけがをしてしまったり
そういう可能性があるので、家の中にいます。

外には野良猫?が2匹。住み着いてます。
何年か前に近所の方が置いていった子の子です。

捕まえて避妊手術をしようとしたら既におなかに2匹。
その子たちは運よくもらってくれる方がすぐに見つかりました。

その後、捕まえて~と思ったらまた2匹…
その子たちが残ってます。前回、子供を取られてしまった後に
毎日探して鳴いていたので今回は少し大きくなるまで
お母さんに育ててもらって・・・と思っていたら
完全な外猫になってしまい、結局、お母さんと離すことができなくなり
避妊手術と去勢手術も無事受けさせ、現在も外にいます。

野良猫への餌やりが殺処分する猫を増やすといいますが、
餌をやらなくても子猫は生まれるし、地域猫として避妊手術や
去勢手術を受けさせよう‼ってことが大事だと思います。

熊本市は殺処分0を実現しています。


殺処分される動物たちのこと考えるとつらいですが
それ以上に、そのことを仕事として行わなくてはいけない方々の
気持ちを考えさせられました。

千葉県も殺処分0を目指して


私は野良猫の避妊・去勢手術をすすめていきたいな
さくらねこ




愛犬家住宅コーディネーター Nanako ななこ 

お仕事が終わって、事務所に戻ってきた現場監督から


倉庫に子猫が捨てられてて…どうしよー(;_;)
一匹いるんだけど…

と。



朝はいなかったから、今日置いてったと思うんだけど。と。


そのままにしておいたら、カラスにやられるか、車にひかれるか。

一匹って…なかなかないはず…他にもいるはず(ー ー;)その辺で死んでるかも。


ひとまず、倉庫へ。
材木の上に白い毛むくじゃらが丸まってる…その手前に変な袋。
丸くなってるってことは、あの中にたぶん他の子が入ってるんだろうな…
死んでるかも…

と。


現場監督が袋の中を見ると中に二匹。
生きてました。


そのままにしておいたら、冷えてすぐ死んじゃう。
ということで、ひとまずダンボールにいれて事務所へ。



ペットボトルで湯たんぽをつくり保温。



おかんに相談して、ひとまず我が家へ。


まだまだお母さん猫からミルクをもらわなくちゃいけないくらいなので、
おかんが粉ミルクを買って来てくれました(>_<)


家に入る前に車の中でノミの確認中。

{1BDE58D8-B2E7-403A-B7A1-A6B1BE3B6A3C:01}

顔…おじさんみたい(*_*)

3時間から4時間おきにミルクをあげて、おしっこをさせて………。
子育て大変……。こんなに早く親から引き離されちゃって。



夜中にも1度起きてミルクあげないと…








おかんがやってくれてます………。
ありがとうございます(>_<)




里親募集してます‼︎



更新


更新の時期だそうです。

{862A4015-65B8-4398-BF94-0CA60B7E0EEC:01}

愛犬家住宅コーディネーターは2年前の2月に金沢で社長様が講演をしたとき


ちょうど一緒に講演されたのが、愛犬家住宅の中島社長様。


わんこの病気も住環境で予防できることがあることなど、勉強しました‼︎


それから、ペットの業界のいろんなことも知り、
目を背けたくなるような現実があることも知りました。


お金儲けのために命を製造する人たちと
命を守るためにお金を使って時間を使っている人たち。


年間の殺処分頭数は、年々減ってきてはいます。

{4221C4AF-354F-4204-A21B-937BBCD38C8F:01}

それでも、まだ17万頭弱は殺されています。


わんこやニャンコはおもちゃではありません。ペットはお金儲けのためのものでもありません。そういうのは本当やめて欲しい。けど、うまいことやってるんですよね…そして、うまいことやられちゃってるな…




って、話が変わってしまう…





私がどうしてこの資格をとろうと思ったかは→大切な家族の一員との住まいは桶市ハウジングへ



大切な家族の体調不良や病気は、元気な人も不安や心配など、精神が病んでしまいます。


特に、痛いところや辛いところを口にできない子たちに対しては、余計に心配になります。


どうしてあげれば楽なのか、どうして欲しいのか、どこが痛いのか、悲しくなったり、イライラしたりしました。

あのときのことが少しでも役にたったらな。と思ってます。


ちょっとしたこと。滑りにくい床にしてあげるとか、滑りにくい塗装をするとか。
それだけで、股関節の病気にはなりにくくなります。


ちょっとしたことをアドバイスできるように。お金儲けの波にやられてないように。


勉強していきます(^O^)/





階段はわんこにとって足腰の負担が大きいところです。

床の滑りももちろんよくないですが、
トントンと軽く登っていくようにみえる階段も
小型犬にとっては負担が大きいです。


我が家のアメジくん(女の子。8月で8歳)もアパートのときはトントンと外階段をのぼっていましたが、今のおうちは1段1段がちょっと高いので、登らせないようにしています。

{510FE026-D7EC-4BD9-AF9C-A944CCDC458E:01}



日々の階段の上り下りはできればさせない方がいいと言われているので、空間を区切って、2階はわんこの行かないスペースとするのもいいと思います!


ベッドやソファへの上り下りも注意が必要です。
特に胴の長いダックスフントは腰への負担が大きいので要注意です。

花粉症

花粉症が始まってきたみたいですね…


花粉症の方は鼻水、目のかゆみ、痛みなど大変みたいですが、
花粉症は人間だけのものではありません!!

にゃんこやわんこにも花粉症の子がいます。

くしゃみや鼻水、目のかゆみなど人と同じ症状もでるようですが、

目や鼻の粘膜や皮膚のかゆみから、全身が皮膚炎になってしまうこともあるそうです。
皮膚を掻き続けて炎症を起こし、膿んでしまうこともあるそうです。



この時期に顔をこすったり掻いたり、目のまわりがいつもと違っていたりしたら
様子を見て獣医さんに相談したほうがいいと思います。


お散歩のときも花粉対策を‼

花粉飛散が多い時間や多い日は散歩のときに洋服を着せたり、
おうちに帰ってきたら毛についた花粉をふき取ってあげること‼

花粉をお部屋に持ち込まないように玄関で洋服を脱がせて
手足もしっかり吹いてあげること‼

シャンプーのしすぎは皮膚炎になったりするので気を付けてあげてください。


花粉症は昨年まで大丈夫でも今年から症状が出たり‼というものなので
この時期からわんこやにゃんこの皮膚の状態を少し気にしてみてください。

炎症がひどくなると治りにくくなるので、早めの治療が有効です。