一二三庵日本料理教室ブログ

神楽坂にある日本料理専門の料理教室
一二三庵お稽古さろんでございます。
日本の誇る美しい食文化【日本料理】を、より多くの日本の皆様、
そして外国の方々にも知っていただきたい…との思いを込めて、
楽しくお稽古しております。


テーマ:
朧月が美しい
四月の一二三庵日本料理教室は… 

{9597793C-575B-4186-A677-BB2C47C9A109:01}


福岡 合馬の筍を使った
筍と豚肉 木の芽味噌掛けに
若竹椀。

そして、尾頭付きの小鯛の焼き物は
端午の節句のおもてなしに。 

蛍烏賊がアクセントです!

{1BAAE774-0C69-4A07-BBDF-5EFD2EA4B651:01}

柏餅のような和菓子の中は、
空豆餡を蕨餅で包んでいます。


今月の御稽古で、春の旬と
風薫る5月を一足早く感じていただけたら幸いでございます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

幻冬舎さんの


DRESS 4月号にて連載中!


木村佳乃さんが

一二三庵お稽古さろんにて

和食の基本を全6回にわたって学んでいらっしゃいます。




4月号は、包丁の使い方です。

お野菜のいろいろな切り方を学んでいただき、

木村さんのお子様もお好きでいらっしゃるという筑前煮を作りました。




この他、春のちらし寿司や・・・



蛤の潮汁




牛肉とごぼうのきんぴらを撮影しました。




木村佳乃さんは、粟飯原のレッスンを、とても熱心に
お聞きくださっていて、お料理がお好きなご様子が
とても伝わってまいります。


DRESSさんの連載を通して、皆様にも和食の魅力を
お伝えできましたら幸いです。

DRESS 4月号 P202を是非、ご覧くださいませ!






AD
いいね!した人  |  コメント(0)


{71491B47-E4F2-4764-BE67-57B89AF23EF4:01}

少しずつ春の兆しを感じる
二月のお稽古は・・・


~ふきのとうのすり流し~
ふきのとうの苦味が春を感じる椀物です。
{7C6F8937-A120-4EFB-AC34-0AEC57EE4F88:01}


~阿波牛のたたき サラダ仕立て~

{A65FC054-8CD6-41C2-B94C-386E6D691B2F:01}


P様たたき作ってます。
{3FE73E32-D0FC-410B-8587-D2A1D6E5FC55:01}


~鰆と菜の花の煮物~
鰆と菜の花、独活をお出汁で煮た
春の煮物です!
{BFDA1BE9-93CA-496D-8F1B-01E4A7B847C5:01}


~蛤の玉〆ご飯~
蛤のお出汁で卵地を蒸しあげたご飯です。

{04E24D1E-48D6-4E92-A895-54996C332AD7:01}


~小倉ショコラ羹~
自家製あんことチョコレートを
葛で練り上げた和菓子です。
{6FCE242B-61A9-4513-AD12-BAD7ECD0B79D:01}


雛祭りの室礼でお迎えしましました!
{5141BBCD-2144-4971-958E-612EA276F550:01}


金沢の諸江屋様の美しい菱落雁!
{7C5B68A3-2F11-45EF-B682-03A8D33F6A73:01}


白い桃の花
{C6A04B6A-B029-4AF7-A185-30FD1C8F321F:01}


{7019D504-F440-4D79-B036-7D5C87EA75BE:01}

皆様、素敵な雛祭りをお過ごしくださいませ。

ごきげんよう!









AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2月21日の日経新聞 NIKKEI プラスワンに一二三庵女将のコメントが
掲載されました。






今回の取材テーマは、

日本料理の技の一つ【飾り切り】


海外の方から
「日本人の繊細さや季節感が出ていて
目にも楽しいおもてなしの心を感じると
喜んでいただいている。」とコメントさせて
いただいてます。


ひな祭りも間もなくです!


ご家庭でもちらし寿司などに飾り切りを取り入れて
お祝いの食卓を華やかに演出して
みてはいかがでしょうか。











いいね!した人  |  コメント(0)

1月の日本料理専科1クラスのお稽古は…
{68361ADC-A8F9-47E2-BA82-4EDEFF4C032C:01}


鴨と芹の松の実酢和え
{9060E235-57FA-4A97-AC23-560DBB4B1302:01}

松の実に土佐酢と薄口醤油と砂糖で
和え衣を作り、鴨肉と芹を和えました。


そして、揚げ物は、“ くわい団子 ”
{F726FF19-7B17-45B0-80E5-CC6CD41167F9:01}

節分に因んで、すりおろしたくわいに
ひたし豆を入れ、百合根と帆立を
合わせた揚げ物です。


温の物 は“ 鱈の雪見鍋 ”

聖護院かぶらを雪に見立てたお鍋です。
{1817B787-0D62-4CC7-BCB8-C2DA7B416248:01}

ご飯物  “ ヒラメの柚子寿司 ”

あられに切った柚子を寿司飯に
混ぜて、手毬にしたお寿司です。
{78B6348C-B6DE-47B9-83D6-35ADB6E72ED9:01}

食後のお菓子は、
“ 梅かさね ”と名をつけました。
{FA089F5F-79E0-43E0-A8F4-E5B978CF80C2:01}

梅かさねとは、
春の十二単の襲の色目です。

紅色の生地には苺餡、
白の生地には金柑餡を包んでいます。

{0D9B026A-1821-4190-BA7D-D4C68E36B227:01}
節分に因んで、
嵯峨面の お多福と鬼をしつらいました。

節分も過ぎ、春がもうすぐですね。

素敵なヴァレンタインデーを
お過ごしくださいませ!






いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇