民主党の山岡賢次国対委員長は12日、「週刊新潮」に対する名誉棄損訴訟を打ち切る請求放棄を申し立てたことについて、「私は非常に忙しい。会期末だし、普天間の問題もあるし、選挙も近く、物理的な余裕がない。裁判を(活動の)メーンにしているわけにいかないということで、弁護士が(放棄を)判断した」と説明した。

 問題になっていた昨年の週刊新潮3月12月号の記事は、平成12年ごろに山岡氏が地元の栃木県真岡市の前市長に対し、市長選での支援の見返りに秘書給与の肩代わりを求めたとする内容。

【関連記事】
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結
新潮社側は争う姿勢 前衆院議員・船田氏の名誉毀損訴訟
「週刊新潮」の記事問題で楽天の三木谷社長らと新潮社が和解
有栖川宮かたる詐欺事件 新潮社に慰謝料支払いを命じる 京都地裁判決
ミキティー記事で新潮社に賠償命令

「陸山会」事件、小沢幹事長が国会で説明へ(読売新聞)
インドの82歳男性「70年以上食事せず」 驚異の体、解明なるか(産経新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
「全日空商事」元社員ら、8600万円の詐欺で逮捕 架空業務発注(産経新聞)
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待―米の日本人研究者ら(時事通信)
AD