岡山県将棋情報

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です。

(不定玉第三ブログ)

住所不定玉の知り得る範囲で岡山県内のこども将棋関係情報を中心に掲載していく予定です
$岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
つやま日曜将棋教室 の様子   第3回岡山県こども将棋交流戦

岡山県将棋情報 岡山県将棋情報
津山土曜キッズ将棋教室 の様子 
津山土曜一般将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
岡南公民館子ども将棋教室 の様子  水島子ども将棋教室 の様子
$岡山県将棋情報
倉敷市大山名人記念館教室 の様子  玉島 こども将棋教室 の様子
岡山県将棋情報 $岡山県将棋情報
福成キッズ将棋教室 の様子   倉敷市真備公民館こども将棋講座 の様子
$岡山県将棋情報
笠岡こども将棋同好会 の様子

【リンク先】 

(不定玉関連ページ)

飛騨高山将棋事情 (不定玉第二ブログ) (更新休止中)
釜石王将クラブ(不定玉第一ブログ) (更新休止中) 

(ネットサークル・連盟HPなど)

将棋クラブ24  日本将棋連盟HP
関西将棋会館HP   将棋.教室検索ページ.
(岡山県内関係ページ)

竜棋会(菅井七段後援会)のHP
水島子ども将棋教室HP
大山名人記念館
岡南公民館子供将棋教室(ゴロンタ先生ブログ)  

岡南公民館子供将棋教室・高島公民館親子将棋教室(カクザン先生ブログ)
笠岡こども将棋同好会

岡北将棋愛好会HP

福成キッズ将棋教室(吾輩は猫である) →2014/8/24で休止
(岡山近県関係ページ)
西部支部道場日記(鳥取県西部) →2014/5/1で終了

西部支部道場プラス →上の日記の続きです

鳥取県キッズ支部 (鳥取県中部)

イナズマ道場(島根県情報)


テーマ:

2月4日に倉敷市芸文館にて開催される「さなる杯第43回小学生名人戦岡山県予選&一般こども将棋大会」の1/14現在の参加応募状況をお知らせいたします。

今年は応募の出足が例年になく早く、1月6日から受付をしていますがこの1週間余りで早くも43人がエントリしているようです。(ちなみに内訳は名人戦&A級14人、B級29人)

参考ですが昨年の最終参加者数は70人(うち名人戦&A級25人、B級45人)

これも昨今の将棋ブームを反映しているのでしょうね。

最終申込締切(事前受付制)は1月31日ですのでご注意ください!

申込・問い合わせは大山名人記念館 ☎&FAX086-434-0003 (担当:中村さん、大石さん、岡さん)

参加費:500円 

各こども将棋教室でどれだけPRがおこなわれるのかにもよりますが、もしかしたら100人規模になるかもしれないですね。

大会の内容についてはこちらから

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

将棋ブームが続いていますね。

昨年倉敷王将戦の全国大会に出場した津山キッズ将棋教室に通う久常くん(美作市在住)のことがNHK岡山のもぎたて(18時10分~19時)=岡山県全域のローカル番組で紹介されるそうです。ご興味のある方はご覧いただければと思います。

久常くんは小2ながら教室で現在1級を認定、このほか昨年8月に広島で行われたテーブルマーク中国大会で第3位に入賞するなど活躍しています。

(なおこの番組は1月5日に美作市のみまチャンネルで放映されたものだそうです)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

日本列島に先週から冬将軍が居座っているため、今朝はここ津山市内でもうっすら雪景色となって寒い朝でした。下の画像は会場となっている中央公民館の駐車場と玄関入口の朝8時20分頃の様子です。

本日の参加者数はこども30人、講師陣(不定玉・マーチャン先生・マルチャン先生・カズキ先生・S木パパ先生・ハッシーパパ先生・mskz先生)手合い担当(Mオバチャン・E藤ママ・途中から交代したN川ママ)と親御さんを含めて40名でした。

1~3月の大会イベントの説明をしています。

さなる杯小学生名人戦岡山県大会(2/4)参加者は現在までのところ津山キッズから16人が申込みました。

岡山県こども将棋教室交流戦(2/12)参加者は津山キッズから現在までのところ15人がエントリ予定です。

おやおや?!不定玉が前で話している時に横を向いて私語をしている人が約3人いますね。

人が話をしている時にこうしたことは謹んでください。(このあと某先生にカミナリを落とされましたね。

こうしたことは将棋マナー以前の問題で大変失礼な行為です)

下の写真はマナー講座の様子です。

今日のマナー講座のリーダーは上の記事にある不定玉の講義中にずっと私語を話していたI藤くんにお願いした。

下の画像はこの1月7日までに昇級されたこどもたちにその認定状を授与しているところです。今日は7日の新春将棋大会で頑張って勝ち星を稼いで昇級した子がたくさんいましたね。

今朝の教室では将棋をより上手に戦う道しるべとしてプリントを配って将棋格言をお話しました。

具体的な事例までは出していませんが、対局途中で手の選択が多くて困ったとき、また膠着状態で打開できないと思ったときなどにその道しるべとして格言を思い出して指して欲しいと思います。

続いてミニ講座タイム。

初心・入門クラスの講師はハッシーパパ先生、ハッシーパパ先生は有段者の実力者でもあります。

初級クラスの講師は住所不定玉です。今日は4枚落ちの次の一手問題です。

有段者・上級・中級者クラスはマーチャン先生・カズキ先生・マルチャン先生・S木パパ先生らに入ってもらい胸を貸していただきました。(この中には対大人戦全勝の強い子もいました)

10時を回ったところで全員昇級戦に入りました。

どこの誰の対局の譜面でしょうか。お互いしっかり囲いあってこれから戦いが始まりそうな感じですね。

本日の昇級者は以下の皆さんです。おめでとうございました。認定状は次回の教室時にお渡しいたします。

I レイジ9級→8級へ(6連勝規定による)

H マサノリ12級→11級へ(6連勝規定による)

H アヤネ19級→18級へ(6連勝規定による)

N ケイシ24級→23級へ(6連勝規定による)

T ユウシ28級→27級へ(9勝3敗規定による)

次回の日曜津山キッズ将棋教室は1月28日に津山市中央公民館において行います!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月14日(日)は今年初めての日曜津山キッズ将棋教室がある日です。

開催時間はあさ9時~ひる12時までの3時間

寒い日が続きますが、将棋会場は暖かくしております。

会場はいつもの津山市中央公民館(津山市大谷)の2階(中会議室と会議室2)で行います。教室会員の人はもちろん、将棋に興味のあるお子さん(親御さんも)ぜひご参加ください。初回(見学・体験)は参加費無料です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

さなる杯第43回小学生名人戦岡山県予選&一般こども将棋大会

   大会の案内は⇒こちら 

この大会参加申込は1月6日から県連にて受付開始をしているのだが、津山キッズ将棋教室からも今日までに十数人の申込を受付し、まとめて県連のほうに申込を提出した。

最終的には1月31日までが申込締切日となりますが、今年は将棋ブームが影響してかなり多くのこどもたちが参加する予感がする。そうなると会場の広さの問題もあって締切日が早まるかも知れない。締切日を待たず早めに申込をしておくに越したことはないだろう。(それが将棋指しの先読みというものです^^)

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日の大会でまたたくさんのこどもたちが昇級しました。大会に積極的に参加する人とそうでない人では津山キッズ将棋教室の昇級スピードはかなり異なってきます。

今日初めて将棋大会に参加した子どもさんもいました。今まで何度か誘っていましたがいつも参加しませんでしたが、今回はかなり無理強いして参加を促したのですがなんといきなり3-2と勝ち越ししていました。何事もチャレンジしないと事は始まらないもの。臆せず驕らずの気持ちでなるべく将棋イベントに参加しましょう。2月には小学生名人戦岡山県大会や岡山県子ども将棋交流戦などもありますね。ふるって参加してください。

下記は本日の将棋大会で昇級された方々です。おめでとうございます!

S アキヒト4級→3級へ(8連勝規定による)

N ケンタ12級→11級へ(9勝3敗規定による)

R タイスケ18級→17級へ(6連勝規定による)

H ダイスケ20級→19級へ(9勝3敗規定による)

I ツバサ21級→20級へ(6連勝規定による)

Y リュウセイ21級→20級へ(6連勝規定による)

T トシキ22級→21級へ(6連勝規定による)

T ユウゴ22級→21級へ(9勝3敗規定による)

M リョウキ25級→24級へ(9勝3敗規定による)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日、第42回新春美作将棋大会(日本将棋連盟津山支部主催)が津山市川崎の津山東公民館において59人の将棋愛好家が集い盛大に行われました。昨年の参加者が50人だったので今回は+9名となって大幅に増加したと言える。中でもこどもの参加、特にC級が昨年より+8人となったのも昨年から続いている将棋ブームの所以なのだろう。運営側の我々にとっても嬉しい限りだ。

今回は地元津山市、美作市、真庭市、美咲町など県北はもとより県南(岡山市)や県外(徳島県・広島県)からも参加されました。
クラス分けもA級(有段者&希望者)、B級(級位者)の他C級は1組(初級の子どもクラス)と2組(初心の子どもクラス)に分けての4クラス制で順位を競いました。
午前中で子どもたちのみを対象とするC級は対局自体、早く終わるので12時には5回戦を終了しこの段階で表彰式を行い解散としましたがAとB級は20分切れたら30秒の秒読みがつくのでお昼休憩を入れて午後3時過ぎまでかかりました。

さて9時30分の定刻になった冒頭、津山支部の小林正典支部長より挨拶がありました。

その中で最近津山キッズ将棋教室でもいつも紹介しておりますが、将棋教訓について話がありました。

将棋教訓・・・

1.挨拶ははっきり言おう

1.弱い者をなめるな

1.強い者に怯むな

1.自分に厳しくしよう

続いて試合方法について筆者より説明を行いました。

「C級はいずれも棋力に応じて最大4枚落ちのハンデ戦です。また本日の成績で勝ち星は教室で行う昇級戦の勝ち星に参入します」と。

その様子と結果については以下のとおり(継承略)

 

【A級】=16名参加
優 勝:川口 剛(津山市皿)
準優勝:栄徳 要(岡山市立伊島小6)
第三位:小林正典(津山市大谷)


【B級】=14人参加
優 勝:船曳哲世(広島県)
準優勝:塚本岩男(津山市二宮)
第三位:田口正浩(津山市押渕)


【C級1組】=14人参加
優 勝:流郷泰輔(津山市立勝加茂小6)
準優勝:野田健太(津山市立東小4)
第三位:土山泰揮(美咲町立旭小4)


【C級2組】=15人参加
優 勝:久常大輔(美作市立江見小3)
準優勝:田中寿樹(奈義町立奈義小1)
第三位:井尾翼(津山市立佐良山小5)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大会参加者全員に次の大会でも「キットカット!=きっと勝つぞ!」のお菓子とマルチャン先生の初詣のお土産・お菓子を配りました。マルチャン先生、ありがとう!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

午後の一般将棋教室は人数も限られてくるため和室のみを使用するのだがちょうど良いくらいの参加者となっている。

午後から参加するこどもや大人もいるので午前中参加できない人は午後だけでも参加してくれると良いですね。午後からはN崎先生の姿も・・・

下の画像はちょっと騒がしくなっていた時の様子でシャッターを切ったところ。何やってるんでしょうか?!午後も不定玉のカミナリが・・・!・゜・(ノД`)・゜・

その向こうでは真剣に将棋を指している大人やお兄さんもいるのだから本気で午後もがんばってほしいところ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

本日(1月6日)が津山キッズ将棋教室の年初の将棋教室となりました。あっという間のお正月だったとは言え、普段会っているこどもたちと会うのもなぜかしら新鮮な気持ちになるのはやっぱり新年という節目を迎えたからなのだろう。今朝の参加者は42名の会員+体験者1名の43名であった。一方講師陣は不定玉、カズキ先生、イッチー先生、ノッポ先生、マルチャン先生、S木パパ先生の6名でこちらの方は充実していたのでS木先生にはカメラを担当してもらいました(スミマセン)。一方事務担当の方は手馴れてきたMおばちゃんがお休みということで最近お手伝いを少しずつお願いしているH常ママ、T中ママにお願いすることになった。

ただこの日は1-3月期の最初の日ということもあり会費徴収も多くかなり大変だったと思う。本当に経験の浅いお二人には感謝の念に耐えません。お疲れ様でした。

教室の冒頭でまず不定玉から新年の挨拶をさせてもらいました。今年は戌年、みんなで将棋を頑張ってワンダフルな1年にしましょう!と(笑)

続いて昨年末迄に昇級された会員に認定状の授与。

そのあと年賀の詰将棋(3手・5手・7手詰)の解説をおこないました。みんな結構正答していたのにびっくり。よく勉強していますね。^^

続いてマナー講座、新年初のリーダーに手を挙げてくれたのは小3のアキヒト4級、なんだか頼もしさを感じましたよ。(その予感は昇級戦で早くも当たっていた・・・汗きっと明日の新春大会で昇級を手にするだろう)

次にミニ講座タイム(約30分)

有段・上級・中級コース=5人はイッチー先生、カズキ先生が担当

初級コース=24人は不定玉が担当

初心コース=11人はノッポ先生が担当

入門・超初心者コース=3人はマルチャン先生が担当

10時30分頃から全員今年初の昇級戦に入りました。

その様子は下の画像のとおり、こどもたちに加え講師陣も加わっての対局風景は満員御礼そのものといった感じ。

前半は静かにできていたのですが、やはり途中から喋りながら対局する者、取っ組み合いをしだす者もいて時々注意するのは不定玉の役目。(ほかの講師陣はほとんど怒りませんから・・・)

やはり昇級を重ねている子は静かに集中して指しています。昇級から遠ざかっている人に一言、将棋を上手になるにはまず静かに盤上に集中するようにしてくださいね。

本日の昇級者は以下の方々です。おめでとうございます。

F マオ10級→9級へ(6連勝規定による)

H マサノリ13級→12級へ(6連勝規定による)

A ハルト18級→17級へ(9勝3敗規定による)

O メグム24級→23級へ(6連勝規定による)

K コテツ27級→26級へ(6連勝規定による)

I ヒナコ27級→26級へ(6連勝規定による)

O ミチ27級→26級へ(9勝3敗規定による)

H ユウキ29級→28級へ(9勝3敗規定による)

次回の土曜津山キッズ将棋教室は1月27日になりますので多数ご参加くださいますようお願いいたします。

※午後の津山一般将棋教室については別エントリとします。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第42回新春美作将棋大会

1.日時:1月7日(日)朝9時00分~受付開始、

       9時30分~対局開始(全5対局)~終了はおおよそ3時。

        C級は概ね12時終了予定です

 

2.場所:津山東公民館大講座室 津山市川崎796-

  電話0868-32-1511

     

3.会費:一般1500円、津山会員1000円、学生500円 昼食は各自で)

 

4.クラス:Aクラス(有段者および希望者)

       Bクラス(1級~9級までの級位者)

       Cクラス1組・2組(10級以下の小・中学生以下の級位者)      

※Cクラス(チャイルドクラス)は初級・初心者のこどもさんを対象とします。

       なおCクラスは棋力に応じて駒落ちハンデ(最大4枚落ち)とします。

       1級差:常先・常後 2級差:左香 3級差:角落 4級差:飛落

       5級差:飛香落 6~8級差:2枚落 9級差~4枚落

ただし、Cクラス参加希望者で津山キッズ教室以外の選手は1組  

所属とし総平手とします。

 

5.入賞:各クラス1~3位まで 入賞者以外で勝ち越した人に敢闘賞

      あり。

 

6.主催:日本将棋連盟津山支部(支部長:小林正典)

 

7.本大会への参加は津山市・美作市・真庭市および近隣の町以外在住者も可能です。奮ってご参加ください。

(過去の域外参加者実績=岡山市・倉敷市・高梁市・備前・総社市等岡山県各地および広島県・鳥取県・徳島県)

 

.問合せ先:TEL 090-9635-4773(幹事・森川)

          Eメール jyushohuteigyoku5@gmail.com

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。