2007年06月12日

<祝>ChatJamMobile開発再開

テーマ:ChatJam

開発環境のデバッグ環境がTCP/IP通信に対応していないという致命的な問題のため、長らく強制的に中断させられていた感のあるChatJamMobile開発だが、ここに来てようやく再開のメドが付きました。


それは・・・


Device Emulator Version 2.0 日本語版


というのが今年3月末にマイクロソフトからこっそりリリースされていたからなのでした。


ディベロッパー製品開発統括部(マイクロソフトのディベロッパー製品開発を担当している部署)のブログ


http://blogs.msdn.com/dd_jpn/archive/2007/03/29/1985620.aspx


に依ると、


このバージョンで追加された主な機能 :


の中に、


実行時にさらに多くのエミュレータ オプションの変更が可能
ホスト ネットワーク アダプタへの NE2000 エミュレータのバインド


というのがあった。



(;;゜ロ゜)ガクガク これ、そのまま、ずばりじゃん!


今までの問題点:デバッグ時にエミュレータがネットワークアダプタを認識しなかった。

今回追加された機能:エミュレータがネットワークアダプタを認識する。


・・・ってなことではないですか、あなたっ!←誰に言ってんだか・・・


早速、インスコ!


そして、ローカルに簡易IRC鯖立てて、接続試験!


(;;゜ロ゜)接続成功っ!


(;;゜ロ゜)ガクガク なんとカンタンに接続できることかっ


(;;゜ロ゜)ガクガク どれだけ、この時この瞬間を待ちわびたことかっ


(;;゜ロ゜)ガクガク 開発環境でTCP/IPの接続試験・・・初成功!


んんんんん・・・・・


マイクロソフトがVisual Studio2005日本語版を発売したのは確か去年の初め頃だったか。


Windows Mobile 5.0の開発ができるというふれこみにだったのに、実はTCP/IPの開発環境でのデバッグはできず、それができるようになったのは、Device Emulator Version 2.0 日本語版が出た今年の3月末・・・。


(;;゜ロ゜)ガクガク 1年半ほったらかしすぎ


(;;゜ロ゜)ガクガク ←1年半ほったらかされた人。


さて、デバッグ再開!


これでまた眠れぬ夜が・・・

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年06月08日

Visual Studio 2005との出会い

テーマ:ChatJam

ふむふむ。

なにやらVisual Studio 2005に付いているVisual Basic 2005はWindows Mobile 5.0(W-ZERO3のOS)向け開発もできるようなことが書いてある。

しかも、バイナリ受信できそうだっ!

早速、Visual Studio 2005を購入してインスコ。

さらにWindows Mobile 5.0向け「ChatJamMobile」開発開始を公開。

それが去年の2月頃のことだったか・・・。

eMbedded Visual Basicのソースからサクサクと移植。

Visual Studio 2005はSocket部分の仕様が全く違うので、作りこむのに多少時間がかかった。

でも去年の4月頃には大体のコードが書きあがった。

とりあえずローカルに簡易IRC鯖立てて、接続試験!

(;;゜ロ゜)・・・・

(;;゜ロ゜)ガクガク TCP接続できないじゃん!

(;;゜ロ゜)バグか!?

いくら調べてもコードに問題はありそうにない。

Ether見えない!取れない!使えない!

どうなってんの!?

ものすごーーーく調べた結果、Windows上のエミュレータ環境からはTCP接続できないみたい・・・

って・・・・・

(;;゜ロ゜)デバッグできないじゃん!

(;;゜ロ゜)ガクガク しかもW-ZERO3持ってないし!

誰かに人柱頼むにしても、いきなりノーデバッグで一般IRC鯖に接続テストしてもらうわけにも行かず・・・

おかやんの小遣いではW-ZERO3を購入して維持していくだけの余力はないし・・・


(;;゜ロ゜)ガクガク 万策尽きた


っちゅーことで、大体のコーディングは去年の四月くらいに終わってるのだが、デバッグできないが故に、そりゃもうあきらめモードで放置プレイ。

そして今に至る。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年06月08日

突然ChatJamCEが検索され始めた

テーマ:ChatJam

ChatJamCEを公表してから数年が経過し、その間、バイナリ受信可能なeMbedded Visual Basicも出なかったので、ほったらかし常態に・・・。

そんな中、友人から連絡が入り、「最近ネットでちょっと話題になってるよ」とのこと。

(;;゜ロ゜)ガクガク 何で!?

調べてみるとどうやら、その当時発売されたばかりのW-ZERO3なる人気端末で動作するIRCクライアントがChatJamCEしかないと話題になっているようだ。

(;;゜ロ゜)ガクガク 開発環境の問題でちょっと完璧じゃないんですけど・・・。

そんな中、雑誌社からメールが・・・

W-ZERO3特集雑誌にChatJamCE載せてもいいですか?

(;;゜ロ゜)ガクガク

勝手に載せちゃってください!

ってな具合でした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2007年06月08日

ChatJamCE誕生秘話

テーマ:ChatJam

ある日IRCのあるChannelでH氏からWindowsCE用のIRCクライアント作って欲しいと頼まれた。

おかやんはWindowsCE端末を持っていないのだが、WindowsCEアプリの開発環境はWindowsで、デバッグもWindows上のエミュレータでできそうな感じだったので承諾。

早速、WindowsCE開発環境の一つであるeMbedded Visual BasicをMicrosoftに注文して入手。

そこからが苦難の道のりだった。

何が一番ネックだったかって、そりゃもうTCP/IPのバイナリ受信ができない一言に尽きる。

かなり時間をかけて調べたがやっぱりeMbedded Visual Basicではバイナリ受信できないのね・・・

バイナリ受信ができないが故に受信データの半角全角判定ができないのはもちろんのこと、コード変換も不能。

半角カタカナを受信した日にゃぁ落ちること請け合い。

その他の漢字コードでも、中には変換できないものもありそう。

もう、開発環境がそんなだから仕方が無い。あきらめてとにかく最後まで作っちゃおう。

いずれバイナリ受信可能なeMbedded Visual Basicが登場したら、またその時にちゃんとしたのを作ればいい・・・。

ということで出来上がったのがChatJamCEなのでした・・・。

でも、バイナリ受信可能なeMbedded Visual Basicは出なかったのね・・・。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2006年02月17日

ChatJamMobile開発開始のお知らせ

テーマ:ChatJam

ついに、あの、MicrosoftのVisual Studio2005を購入しました。


ネットで予約注文したので発売日の2/3に到着。


今頃になってやっとこインスコ。


最近よくChatJamCEはWZERO3に使えるとかバグがあるとか言われ始めたので、


Visual Studio2005で作り直そうと考えた。


基本的にはWindows Mobile5.0に対応。


→必然的にW-ZERO3に対応かな。


そもそもBasicで開発したモノがW-ZERO3で使えるかどうかわからないが、Cで作るのはかなり面倒なので、Basicで開発。


さらにそもそもおかやんはW-ZERO3を持ってないので、実機での確認不能という問題も・・・。


だれか確認してくれるかな?


ヽ(`Д´)ノ テスターのボランティアぼしゅー


以前のeMbedded Visual Basicではバイナリ受信できなかったので、漢字コード変換に回避しがたい開発環境上の問題となっていた。


今回の開発環境であるVisual Studio2005ではどうやらバイナリ受信できるようだ。


これで何とか漢字コード変換を正しく作り込むことができる。


また、eMbedded Visual Basicには有ったWinsockコントロールは無く、C++の様に受信スレッドと送信スレッドを分けて、それぞれゴリゴリ作らなければならないところが、ちょっとタイヘンかも。


時間があまり取れないので、少しずつコツコツと作っていこうと思う。


まぁ、作っているうちに先にIRCクライアントが出てきちゃうとモチベーションも下がっちゃうから、出来るだけ早めに作らないとキケンだ。


いつになったら完成するのやら、乞うご期待!


ちなみにアプリケーション名はChatJam for W-ZERO3にしようかとも思ったが、W-ZERO3専用ではなく、Windows Mobile5.0に対応と言うことで・・・・


ChatJamMobile

にしようと思う。


■開発環境

<OS>

Windows 2000 Professional


<開発ツール>

Visual Studio 2005 のVsual Basic


<SDK>

Windows Mobile 5.0 SDK for Pocket PC


<エミュレータ>

Windows Mobile 5.0 Pocket PC Emulator Images


※上記SDKとエミュレータは以下のサイトでダウンロード。

http://www.microsoft.com/japan/windowsmobile/downloads/default.mspx


また、ついでにもう一つ一応SDKを入れておいた。

Windows Mobile 5.0 SDK for Smartphone

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=DC6C00CB-738A-4B97-8910-5CD29AB5F8D9&displaylang=en


※W-ZERO3はどうやらWindows Mobile 5.0 SDK for Pocket PCで開発するようなので、今回はそちらで開発する。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年01月12日

第1回 VB6→VB.NETことはじめ

テーマ:ChatJam
VB6で、ある程度プログラムを組める人は、APIを直撃で呼び出すことがある。

通常のコードでは実現できなかったり、API直撃で呼び出した方が簡単だったりするからだ。

そういった人はVB6→VB.NETに移行するときに玉砕しがちである。

VB.NETに移行しようとすると、いきなりそのAPIのカベにぶちあたる。

おかやんも例に漏れず、.NET化の際の大きなカベに何度も戦いを挑んでは戦死した口だ。

インターネットで検索すると、MSDNに書いてあるような基本的なことや、理解不能な難解で高度な内容のページがヒットする。

検索して、

「そうじゃないんだよ。そんな簡単なことはもうヘルプを穴が開くほど読んで知っているんだよ。」

また検索して

「なんか見つかったけど、そんな小難しく書いているとサッパリワカランよ。」

そしてまた検索し、

「無い頭を総動員して一生懸命読んだけど、結局、知りたいことは書いてなかったよ。」

な~んてことになっているはずだ。

そう。

実際、おかやんもそうなっている。

なりまくりなのだ。

そして今回、これはもう、どうやら一つ一つワカランことを自分なりに解釈してつぶして行くしかないと思ったワケである。

中級から上級程度のVB.NETのプログラムについてはインターネットを検索してもほとんどヒットしない。

本を買うと高い。とくに技術書は高い。たくさん買う必要があるかもしれない。

しかし、そんなお金などどこにもない。

インターネットがあるのに、目的の情報が検索にヒットしないし、これはもういろんな断片から自分なりの解釈で突き進んでいくしかない。

今回からおかやんの勉強と、そしてそのメモを兼ねてVB6ユーザのためのVB.NET講座を始めたいと思います。

講座といっても、そんな深くて高度なことを知っているワケじゃないので、みなさんと一緒にVB.NETのカベに立ち向かっていくというスタンスで読んで頂けたら幸いです。

むしろ、おかやんの解釈を書いて、それを有識者の方が補正してくださることを目論んでいたりする。

これから書くことはある程度VB6は知っているけど、小難しいことはワカランといった、おかやんのような人が対象となりますので、ご了承ください。

また、上にはAPIを例として書きましたが、VB6からVB.NETに移行する際にカベとなるのはそれだけではありません。

APIなどそのカベの一部でしかなく、その他にも万里の長城のように乗り越えがたいカベが延々と続いているのです。



さて、目的がないとまたおかやんは挫折してしまいそうなので、ここでは目標を定めます。

今までもその目標は自分の中だけで立てて思っていただけなので、何度と無く挫折し、すぐにほったらかしになって、時間が経ってからまた同じ目標に向かい、また挫折し、を繰り返していました。

今回はココで宣言、公表することにより、(少しくらいは)自分への戒めと励みになるかと思い、目標を定めます。


■目標
ChatJam.NETを作る


ChatJamとは・・・

これです。

そして、これ。

おかやんが昔、VB6で作ったソフトです。
多人数で同時にリアルタイムに音声チャットができます。
サーバ不要です。
それを.NETでリメークするのです。
何年かかるか分かりませんが、やってみようと思います。


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。