2004年09月18日

常識とはいかなるものか

テーマ:くつがえる常識

常識とは、十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。

by アインシュタイン

(;;゜ロ゜)ガクガク 名言過ぎ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年09月18日

宇宙って・・・

テーマ:くつがえる常識
母の何気ない一言に大きな衝撃を受けた。

宇宙ってホントにあるの?

・・・重い一言である。

 この簡潔明瞭な命題に対し、明確な回答を見いだせなかった。

(;;゜ロ゜)ガクガク だって、見たことないんだもん。

 あるのかどうかなんて・・・。

 もしも、NASAが特殊撮影技術などを駆使して、何らかの意図を持って情報操作をしていたら・・・。

 そもそも、地球が丸いのだってこの目で確かめたわけではない。 すべてが聞いた話だったり、読んだ話だったり、TVから流れてくる映像だったり。

 一つとして自分の目で確かめたり実験したものなどないのである。

 そういったことが、母の一言で脳裏に走馬燈のように高速に駆けめぐっていった。

 そして現在もまだそれに対して明確な答えを出せないでいる・・・。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年09月18日

老化しない薬

テーマ:科学・テクノロジー
物理・化学・科学・医療が発達したこの世の中、ひょっとしたら既に老化しなくなる薬を完成させた研究者がいるのではないかと思う。

永遠の新陳代謝を可能とする薬や遺伝子操作や人体改造。

もし、それを成し遂げた研究者が世の中に居たとしたら・・・

そんな頭のいいヒトなら人口爆発や食料危機を考え、世の中に出さずに自分だけで楽しむ程度にするんだろうなぁ。。。と深読みしてしまう今日この頃である。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年09月18日

対策とその効果の確認

テーマ:狂牛病
たま~に狂牛病にかかった牛が検査により発見される。
そういった場合、市場には出ていないと発表がある。
これは本当だろうか!?
だれが確認したのか?
どう確認したのか?

何かの手段を使って市場に出回ったとして見た目では「これが狂牛病のニクだ」だということはワカランはずだ。

また、そのニクを食って狂牛病にヒトが感染したとしても、
・いつ感染したか?
・どのニクを食べた時か?
などは検査しても分からないはずだ。

業者側にしてみればニクを売れば利益になる。
売らないと利益にならない。

ニクを売っているところは利益を追求しているはずなので、「こっそり」売却しているのではないだろうか?

狂牛病に感染した牛が発見されたとして、たとえ政府の補償制度があったとしても、それはそれでもらっておいて、こっそり市場に売却して2重の利益を上げているのではないかと深読みしてしまう今日この頃である。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年09月18日

掃討作戦

テーマ:イラク戦争
 NHKでアメリカがイラクのファルージャに対して行った攻撃のことを「掃討作戦」と表現していた。意味は敵などを平らげる作戦。完全に除き去る作戦。

 なんだか、聞いている人は「敵を倒す正当な殺人」っぽく聞こえるような気がする。

 要は、何十人もの人間を殺害している。

 これは、いったいテロとどう違うのか。

 話は変わるが、なんでもかんでも製造後は経時劣化していく。

 <軍隊にとって>
 武器や爆弾も製造後はどんどん劣化していく。
 購入した品が劣化して使い物にならなくなる前に、消費したい。
 また、消費すれば追加注文可能なので、どんどん消費して新しいのが欲しい。
 また莫大な軍隊の費用のなかから裏金が作りやすくなる。
 =>戦争したい

 <武器製造メーカーにとって>
 武器は軍隊にどんどん消費してもらわないと、新しく製造した武器を買ってもらえない。
 =>戦争してもらいたい
 =>戦争の火種を作ったら儲かるはずだ
 =>武器製造メーカーがなんらかの戦争の火種にかかわっているのではないか

などと、余計な深読みをしてしまう今日この頃である

いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年09月18日

テロ

テーマ:イラク戦争
 テロにはもちろん反対である。
 一方、その報復にも反対である。
 報復は新たな報復のトリガにしかならないからだ。血で血を洗う報復合戦になることが分かり切っているのに、なぜ各国がこぞって報復を推進するのだろうか。
 テロを行う組織がただのテロ好な集まりで、
・意味無くとりあえずテロ
・いつでもどこでもだれにでもテロ
・テロが趣味
・3度のメシよりテロが好き
・朝から晩までテロ尽くし
というような、人的、物的被害を世界中にもたらす猛獣のような集団ならば、 抹殺による全滅作戦の他に手はないのかもしれない。
 しかし、そうではないのだ。 相手も人間なのだ。 人間というのは、話し合いができる唯一の動物である。 相手が人間である限り、全て話し合いで解決するべきである。
 テロであれ、テロに対する報復であれ、どちらも破壊活動と殺人に他ならない。 長い時間がかかるかもしれないが、テロの本質的な根拠を互いに討論し、 自重と譲歩と融和を目指すべきである。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。