初春の名月、 ロマンの輝き!

テーマ:

岡山市南区郡

2017.01.12
Nikon COOLPIX A900
(歪み修正・色調補正:GIMP Portable Ver.2.6.11 使用)

その前に(^▽^)b

My.Nikon.COOLPIX,A900.デビュー作

(歪み修正・色調補正:GIMP Portable Ver.2.6.11 使用)


昨年、クリスマスのMyプレゼントで買った.Nikon.コンデジの1台.[COOLPIX
A900]
.で最初に撮影した風景写真。
国内最大、世界2番目の広さを誇る人工湖
.「児島湖」.を造り出した.児島湾
締切堤防
.です。
■■手のひらサイズの小型ながら焦点距離 (35ミリ判換算) 840mmの
■■超望遠で高画素(2029万画素)
■■縮小した画像では今までとの違いがわかりませんが、原画(20MB
■■5184×3888pixel)では、遠くまでクッキリ写っています。.[◎]_(^▽^)v

初詣の日、家を出るのが夕方になり、日が暮れないうちにお参りをしようと
締切堤防を数ショットだけ撮影して神社に向かいました。



岡山の風の原点.児島半島.にゆかり深い神々をお祀りする神社へのお参
りを終え、児島湖の東岸へ。
あいにく湖上から山々にかけて、どんよりと厚い雲がひろがったまま。

「何はさておき、児島の神様にご挨拶できたから、また撮りに来よう.
締切堤防の遊歩道まで戻って北の児島湾側を見ると、雲の切れ間から・・・ 

まんまる.お月さま


幾度となくご紹介、お話させて頂きました児島半島最大級の古墳があった
八幡山(やはたやま)の上に神々しく輝く初春の名月


瀬戸内海が陸地だった旧石器時代から生活が営まれ、現在の瀬戸内海が
形成された縄文時代から江戸時代まで海原に浮かんでいた児島半島。

伊奘諾
(いざなぎ)・伊奘冉(いざなみ)が大八洲(おおやしま:日本国土)
一つとして8番目
(日本書紀)に生んだとされ、国生み神話.古事記」、最古
の国史書
.日本書紀.など数々の歴史書に記され、古今和歌集などにも詠
われている伝説と歴史のロマン溢れる児島半島。


海原に浮かんでいた他の島々・本土・集落間の物流・交流、九州(日向国)
と畿内(大和国)を結ぶ航海・海運の要所として、古代から中世の丸木舟や
帆船が行き交い、児島の神々として鎮座される初代神武天皇が縄文時代の
国づくりのため、神功皇后が弥生時代の諸国統治・児島行啓のために行き
交われた古代のロマン溢れる瀬戸の入り海、児島湾。

いにしえのロマン漂う児島湾を輝き照らす月あかり

児島の神々から素敵なご褒美を頂きましたoo(^◇^)o




やはたやま
八幡山
今回も・・・今回は詳しく.ご紹介させて頂きます。
児島半島北東部(郡港の南東)の小高い丘陵。
2棟並ぶ建物付近に
八幡大塚古墳群(下記)、原始時代から江戸時代まで海
原に浮かんでいた児島半島で
最大級の古墳八幡大塚2号墳がありました。

児島半島最大級の墳丘規模、石棺の装飾・副葬品
(下記)から、西暦556年に
大和朝廷が古代児島の首都であった郡付近に設置した朝廷直轄領
.児島屯
(こじまみやけ)の管理を勤めた貴人の墳墓と言われています。
(写真:2013.9.24撮影..FUJIFILM.FinePix.HS30EXR

八幡大塚古墳群
(6世紀後半の円墳、2基)
八幡大塚古墳(やはたおおつかこふん)
所: 八幡山山頂(現、特別養護老人ホーム施設北側付近).
墳丘径: 不詳(発見・出土時、風化損傷顕著)
室: 横穴式石室(全長.=.3.9m以上、幅:1.2m)
副葬品: 須恵器、他
八幡大塚2号墳(やはたおおつかにごうふん)
所: 八幡大塚古墳、隣(西).
墳丘径: 約35m※児島半島最大級
室: 横穴式石室
棺: 長持形組合せ式家形石棺。
蓋に縄掛突起の装飾、赤色に塗られた内壁。
岡山県立博物館入口に常時展示)
材: 播磨産(現、兵庫県南西部)竜山石
副葬品: 須恵器、土師器、埴輪、金製の耳飾、銀製の空玉・大刀・鉄鏃・
鉄製刀子、馬具など。
特別養護老人ホーム施設建設時に発見・出土
遺跡の残存状況.=.発掘調査後消滅(建設工事)
出土品保管場所.=.岡山県立博物館・岡山大学
<参照>
岡山県地理情報システム
.【おかやま全県統合型GIS】
埋蔵文化財(遺跡)情報


晴れの国おかやまの観光情報はこちらから

観光・グルメ・イベント情報
盛りだくさん
岡山県マスコットうらっち(左)・ももっち(右)
岡山の風 サイト運用規程 (リンク・個人情報・著作権)
ホームページ版 「岡山の風」 閉鎖につきまして
読者登録・なう・Twitterフォロー等につきまして
ペタ帳閉鎖 (2016年 2月29日) 等につきまして
脊椎症・脊髄症の手術・施術 (ご案内) につきまして
AD