2010-11-08 17:00:00

遺言執行者とは

テーマ:遺言

 こんにちは、行政書士の中井です。岡山県遺言相続ネットワークブログを読んでくださってありがとうございます。


 このブログも先月から2年目に入りました。メンバーのみなさんが毎月書き続けてきた結果ではありますが、それも読んでくださる方あってのことです。いつもありがとうございます。
 また、これからもぜひ読んで頂けたらと思います。



 さて今日は、「遺言執行者」についてお話したいと思います。


 以前、「遺言で決められること 」のときに、いきなり「遺言執行者はと遺言に書かれていることを執行する人」という風に書いたのですが、唐突だったので、遺言執行者というものについてもうちょっと詳しく書いておきたいなと思いましたので、今回取り上げることにしました。


 遺言執行者は、遺言に書かれていることを執行する、つまり遺言の内容を実現させる役割の人のことをいいます。
 遺言した人自身は、遺言の内容を実現させるときには亡くなっている訳ですから、遺言執行者を指定しておくことによって、執行者に実現を託すことができます。


 託すことができる、と書きましたが、遺言で相続人の廃除や(子供の)認知をする場合には、必ず遺言執行者を指定する必要があるのですが、それ以外の場合、(財産の分割方法を指定したりする場合)は必ずしも指定する必要はありません。


 遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利(と義務)をもちますので、遺言執行者がいる場合は、相続が発生してから(遺言した人が亡くなったあと)は、相続人は財産の処分などをすることができません。つまり、遺言執行者にすべて任せるという形になりますので、遺言執行者を指定する場合には、信頼できる人を指定するようにしましょう。
 弁護士や司法書士、行政書士などが遺言執行者になるケースも多くあります。


 相続人同士の仲が悪い、相続人の数が多い、相続人がなかなか集まれないといった場合には、スムーズに遺言を執行するために、遺言執行者を指定しておくといいと思います。


 なお、遺言執行者には基本的には誰でもなることができます。ただし、未成年者と破産者はなることができませんので、ご注意ください。



行政書士 中井 篤

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

遺言相続netさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。