2009-10-13 17:00:00

相続の流れ

テーマ:相続

 相続とは、人が亡くなることによって発生し、財産が生きている人へ承継されることをいいます。ですから相続を被相続人(相続される人)が生きているうちに開始させることはできません。生存中に財産を譲る行為は贈与となります。


 相続が開始したら、遺言書がないかどうか確認しましょう。自筆証書遺言であれば家の中を探したり、公正証書遺言であれば公証役場へ問い合わせれば有無がわかります。遺言書がある場合はその通りに分割することになりますが(相続人の中には一定の財産を受け継ぐことができる遺留分という権利があり、それが問題となることはあります)ない場合は相続人たちで遺産分割協議を行います。この協議には全員参加しなければなりません。協議がまとまったら内容を書面にしておきます。協議がまとまらない時は家庭裁判所へ遺産分割調停を申し立てることもできます。


 遺産分割配分が決まったら、預貯金などは金融機関へ必要書類を持参し、不動産や車は名義の変更登記をします。さまざまな種類の保険も手続きが必要となりますので忘れないようにしましょう。税金が発生すれば納付して手続きは終了です。


司法書士 菱川 由紀子

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

遺言相続netさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。