2009-10-01 17:00:00

遺言(いごん・ゆいごん)とは

テーマ:遺言

 「遺言」とは、あなたの意思を遺された人に伝える最後の手段です。


 私たちの心の中には、昔から故人の遺志を尊重しようとする意識があります。その故人の遺志を尊重し、実際に実現させるために遺言制度は発展し、現在では、民法によって詳細に規定されています。


 私たちはこの「遺言制度」を利用することによって、自らの死後の財産処分を自由に行うことができます(遺言自由の原則)。


 また、「遺言」を残さずに亡くなられた場合、相続人全員による共同相続となり、遺産分割協議が必要となります。この分割協議を行うときに、もめごとが表面化してしまう場合も少なくありません。


 「遺言」を作成し、自らの遺志を正しく伝え遺すことによって、相続財産をめぐるもめごとを防ぐことにもつながります。



 「遺言」を読み下すと、「のこすことば」となり、これは、故人の遺志を遺す言葉という意味になりますが、ただ言葉を残すだけでは法律上有効な「遺言」にはなりません。


 「遺言」は、遺言者の生前になされるものですが、その効力は遺言者が死亡してはじめて生じます。そのために、法律(民法)によって厳格にその方法や内容が定められています。


 例えば、テープなどに録音されたものや、ワープロで作成したものなどは、故人の遺志を伝えるという意味では遺言となりますが、法律上有効な「遺言」とはなりません。


 また、「遺言」を行うことができる人は、意思能力さえあればよいとされており、そのために15歳以上(民法961条)であれば「遺言」を行うことができます(未成年・成年被後見人・被保佐人であってもよい)。ただし、成年被後見人の場合、本心に服している必要(医師二人以上の立会によって証明)があります。


行政書士 三輪 和也

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

遺言相続netさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。