玉yu薇コンサート♪

テーマ:

{A1909834-D8F8-46A7-976A-6DF291543675}


週末は、いつも演奏でお世話になっている先輩のてみさんの和洋ユニット『玉yu薇』のコンサートに行ってきました赤薔薇


{F45BED6B-B2C9-45A1-A4D3-B294CFE9D1BD}
(玉yu薇ページより)


笙の明日美さんともご一緒させて頂いた事があるものの、こうして演奏をお聴きするのは初めてだったので、嬉しかったですニコニコ


初めて聴くビブラフォンの幻想的で澄んだ音色や、
ビオラのなんとも言えない美しい音色キラキラ
 

和楽器の琴や笙が、
とっても素敵に調和されていましたおねがい


曲によって、琴がメロディパートになったり、伴奏パートになったり、それもまた聴きながら新鮮でしたし、笙も笙のイメージが覆るくらい、和楽器も本当にとっても素敵でしたキラキラ


アルバムも持っているので、
その中からも数曲演奏していたり、
『チャルダッシュ』(ビブラフォンとビオラがとってもカッコ良かったです♪)や『ヒストリアのテーマソング』↓など♪




この演奏、とっても素敵でしたおねがい
(この曲の琴と笙、とっても素敵です♪)



CDもまたプレゼント用に購入しちゃいました♪

{40DF68E1-DD7B-4B5E-A06A-4B4C980ADA92}


玉yu薇のみなさん、
素敵な時間をありがとうございましたおねがい

AD

花園神社♪

テーマ:


下合わせ後にチラリと花園神社。

{7BB98BA7-B352-433E-A11A-9DC1C0B82C28}


新宿三丁目駅E2出口すぐの所にあります紅葉
   


また2月に下合わせに伺わせて頂くので、
その時ゆっくり参拝させて頂きたいと思いますニコニコ



今日は細かく長唄三味線と地唄三味線の掛け合いや、絡みなどをじっくりと合わせて頂きました。

  

下合わせも本番も、
同期の阿佐美さんも一緒なので、
とっても心強い&会えるのが嬉しいですおねがい
AD



今から花園神社近くで長唄三味線と下合わせです!




早弾き過ぎて腱鞘炎になりそうです〜


{CDA95E7D-7003-4AE4-B7AF-F3FD6B563ABD}

地唄三味線と長唄三味線との二重奏の掛け合い。

長唄三味線と同じ位の音量で早弾きし続けてたら、手首が痛くなっちゃいそうです!




でも、五線譜での譜面で三味線も、

長唄三味線との掛け合いもとっても良い勉強になります!!




1962年にNHKの委嘱にて、初演、放送された矢崎明子先生の音源を何度も聞いて、頑張ってそれに合わせて弾く練習をしました。




まだまだ早弾きが弾けない箇所があるのでショボーン

3月の本番までにスクイやハジキの早弾きなど、

頑張って全てハマるように頑張りたいと思います。

もちろん、ツボも正確に。




まずは今日が緊張の一日キョロキョロ頑張ります。




合わせの帰りに三味線持って、

花園神社を参拝してきたいと思います(*^^*)

AD

火曜日の今日は東大和のお教室のお稽古です。


大江戸線→西武線→モノレールでガタゴト揺られて向かっております新幹線後ろ新幹線真ん中
(こんな日は朝から、洗い物して、洗濯物して、アイロンかけて、掃除機かけてバタバタな朝から始まりますあせる



先月、体調不良でお休みだった生徒さんもいるので、今日お会い出来るのが楽しみですニコニコ



日曜日は、文京区のお稽古で、
休日レッスンの6人の生徒さんのお稽古でしたクローバー



新しい曲に入った方、
お箏の購入を決めた方、
自分の出したい音が分かった方、
三味線と箏の二つ稽古をはじめた方、
学校や仕事と両立しながら取り組んでる方、
育児が落ち着いてやっと自分の時間が持てた方、



皆さん、色々な状況の中で、
お一人お一人がご自分のスタイルでお稽古していますクローバー


無理せず、苦しくならないように、
お箏や三味線を "楽しむ心" を大切にしながら、
ご自分のペースで進んでいって欲しいなと思いますニコニコ



さてさて、今日はどんな一日になるかな〜。


福生や立川、武蔵村山、埼玉から車で来てくださる方、遠い所から通って来てくださる事、本当に有難い事です。そして、小学生組に会えるのも楽しみですおねがい



今日も一日頑張りますリボン


学びの一日。

テーマ:


土曜日は、宮城会師範昇格講習会でした!


{B35B60A0-931B-4676-B17C-94D0268C29C0}


①午前はお三味線『萩の露』
森先生がご指導してくださいました。
唄付けも難しい曲でしたし、手事も高ツボがいっぱいで難しい曲でしたが、先生ご指導のもと沢山お勉強させて頂きましたキラキラ
助手の先生がお箏を弾いてくださり、最後には箏と三味線で合奏いたしました。
(箏の音色もとっても綺麗でうっとりでした)




②午後はご宗家のご指導のもと、
『春の海』でした。
何度も何度も色々な場面で演奏してきた『春の海』
でも、ご宗家直伝の『春の海』はやっぱり違いました。
新しくまた沢山学ばせて頂きました!
ご宗家から『春の海』をご指導いただき、
とっても嬉しく、幸せな時間でしたキラキラ
 


③それから、次は箏で同じくご宗家のご指導のもと、
『さしそう光』
本手と替手両方を演奏いたしました。
この曲、本当に本当に好きな曲になりましたキラキラ

【両陛下結婚十周年 皇太子殿下御誕生奉祝音楽会】
(昭和天皇の結婚十周年、現天皇陛下の御誕生)
のために、宮城道雄先生が作曲なさった曲なのですね。 

唄付けも「喜びの声は満ちたり〜」からはじまり本当に素敵ですし、曲中に『君が代』のメロディがあり、
(なんて粋で素敵な曲なんだろう)と思っておりましたし、なるほど〜こういう事だったんだ✨
と改めてこの曲が大好きになりましたおねがい



④そして、実技が終わると一般常識として、
宮城道雄先生についても学ばせて頂きました。



宮城道雄の生い立ち。
目が不自由なことから小学校に通う事ができず、その時に箏の道で生きることを決め、二代目中島検校に弟子入り。
本当に大変な幼少時代を過ごし、4歳の時に両親の離婚、失明、家の借金、朝鮮で父の重症などを経て、事業のため先に渡っていた父のいる朝鮮へ渡り異国の地で12歳で箏、尺八で生計をたて家族を支え、14歳で『水の変態』を作曲し伊藤博文の前で演奏。



そこから本当に多くの曲を世に送り出し、
当時は、邦楽関係者よりも洋楽関係者に多く支持をされていて、あの時代に洋楽の要素を取り入れていた宮城道雄の曲は【新日本音楽】と呼ばれていたそうです。



師範になる方には宮城道雄先生のご意思を継いで、
芸と向き合っていって欲しいとのお言葉を頂きました。



私は、まだまだ未熟者ですが、
そのような存在に近づけるよう、
宮城道雄先生のように伝統を守りながら、
そして時代の流れと共に新しいものを取り入れながら、箏と向き合って生きていけたら良いなぁと思いましたおねがい



私は宮城会に所属しているからという事は勿論なのですが、本当に宮城道雄作品が大好きで、宮城道雄作品のファンなので、これからも大好きな曲を大切にいっぱい演奏していきたいと思いますキラキラ


そして、お箏が大好きですリボン