2017年04月24日

防災安全対策特別委員会 4月, 2017年

テーマ:委員会_防災安全

4月の防災安全対策特別委員会

 

4月は19日に定例の委員会を開催した後に、防災計画を検討する会を4月24日開催しました。

 

●報告は10件

 

大田区防災会議の開催

4月25日に開催される防災会議で防災計画が承認されます。

その前にこの特別委員会でも最終的な検討をすることになりました。

大田区役所から、熊本地震へも職員派遣を行なっており、そうした被災地の実例を活かして防災計画に反映しています。


今回の防災計画の変更点

区外からの災害支援物資輸送拠点の変更

大田区総合体育館⇒京浜島倉庫

避難所(学校)ごとの収容可能人員の明示

福祉避難所の定義の明確化

罹災証明発行拠点の拡大(本庁舎プラス4拠点)



東京都による土砂災害警戒区域等の指定

10月の委員会で示されたように、土砂災害警戒区域が示されました。当該区域では、建築などの際に一定の制限がかかります。

場所は下の航空写真の通りです。

 

平成29年度大田区防災関係事業スケジュール

 

死者が発生した火災

3月2日(木)午後6時1分覚知

田園調布1-60-11

地下一階付4階建 店舗併用住宅

延焼面積 78m2

死者 1名

 

防災カメラ維持管理経費に係る補助金交付事業の新設

大田区では町会などに防犯カメラの設置助成をしています。

平成17年にスタートして、601台の設置実績。

維持経費についての補助金交付事業も始まります。

一台あたり標準的な年間経費が3,500円のところ、1,500円の補助金が交付されます。

がけ等の整備工事助成の拡充

従来、がけの高さに関わらず、一律300万円までの工事助成金額でしたが、下表の通りとなります。

危険ながけの整備が促進されることとなります。


特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成の拡充

特定緊急輸送道路沿道建築物の耐震化助成が拡充されます。

最大 9割まで。

現状、対象となる建築物は138棟。

平成31年までには、IS値 0.3未満の建築物は無くなる予定です。


羽田2・3・6丁目地区における不燃化特化制度を活用した建替え助成の拡充

羽田2・3・6丁目地区の建替え助成も拡充されます。



防災まちづくりに関する公益財団法人東京都都市づくり公社との協定の締結

羽田2・3・6丁目地区の防災まちづくりを、東京都都市づくり公社と協力して推進します。

用地交渉、建替え促進などについて住民と協議する役割で、計画はURと、現場対応は東京都都市づくり公社と協力するすみ分け。

この種の公社が、現場業務を再委託してしまって、利益の中抜きだけしてしまう懸念を感じたので、再委託が勝手にできないことを確認しました。(個別に区の同意が必要とのこと。)



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岡 高志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
      芸能ブログニュース