「MACRO」 

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



おととい買った、ミスチルのベスト盤。


ネットで予約して買おうと思ったら、

発売日前に、もう売り切れで、次の入荷待ちになっていました。


でも、レコード屋に行ったら、ちゃんと売られていたので、

即、ゲット。


発売日当日に、CDを買ったのって、何年ぶりだろう?


この2日間、みっちりと聴き込んでいます。


この頃は、あまり音楽を聴かなくなっていたのですが、


先日、キヨシローのライブDVDを見て以来、

オレの中にあった音楽熱が、最近、また再燃し始めたようです。


聴き返すたびに、好みの曲が変わったりするのですが、

今現在は、

このアルバムに収録されている曲の中では、

「フェイク」が一番のお気に入りです。

AD

「BEST HIT AKG」  

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



息子から借りて聴いている、アジカンのベスト。


最初の頃の楽曲も収録されていて、

アジカンの歴史をたどる事ができて嬉しいです。


8年前のアルバム「ソルファ」の頃から、

アジカンのファンになって、

ずっと聴き続けてきたのですが、


息子もアジカンの音楽が好きになったようなので、

これからは、オレがCDを買わずに、

息子を焚きつけて買わせるようにしようと思っています。


あと、マンガでは「BAKUMAN」も、

オレと息子の共通の好みで、

こちらも、息子が最新巻が出るたびに買ってくれるので、

オレは、買わずに待っていればいいので楽ちんですね。


親子で、好きなものが同じだと、

同じ話題で盛り上がれるし、

CDやコミックの購入も助かりますね。


これからは、息子の好みを、

オレと同じになるように、洗脳しようかと企んでいます。

AD

さよならCOLLAR

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



仕事中、頭の中で音楽がリフレインする事ってないですか?


オレは、頭の中で、音楽が鳴っている事が多いので、

毎年、忙しくなると、

頭の中で鳴らす音楽には気を使います。


忙しいからと言って、

ハードロックやへヴィメタを流すと、気が荒くなってしまうし、

あまりゆっくりとした音楽だと、仕事が進みません。


そこで、今年の年末のテーマ曲は、

そこそこテンポが良くて、何度聴いても飽きがこない、

スーパーバタードッグの「さよならCOLLAR」にしました。


これだと、イイ感じで仕事ができそうです。


去年はSalyuの「コルテオ」をテーマ曲にしたら、

仕事のはかどりがイマイチでした。


おととしは、くるりの「ハイウェイ」にしたら、

ひじょうに調子良く仕事ができたように思います。


さて、今年のスーパーバタードッグ、

イイ感じで、仕事にのらせてくれるでしょうか?

AD

「s(o)un(d)beams 」 Salyu

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ


春に出たSalyuの新作「s(o)un(d)beams 」。


意欲的な実験作で、

これまでのアルバムと比べて、あまりにもブッ飛んでいるので、

なかなか、オレにはその良さが理解できずにいました。


そのため、

夜中に、真っ暗な部屋で静かに聴いたり、

クルマを走らせながら、大音量で聴いたり、

山の中を歩きながら聴いたりと、


さまざまなシチュエーションで聴き返したあげく、


半年目にして、最近ようやく、このアルバムの音が耳に馴染んで好きになってきました。


オレのように、音楽の感受性が低い人間にとっては、

噛みしめ続けて、ようやく味わいが分かる、スルメのようなアルバムです。


Salyuって、自分というボーカリストを客観視できて、

自分自身を、一つの素材として捉えて、

これからも、いろんな可能性に挑戦して行くのかもしれません。


それは、彼女の超越した才能と、

まるで求道者のように高みを目指すスピリッツの現れなんでしょうね。


でも、道を極めるほど、

一般のリスナーからは、距離が空いてしまうというジレンマを、

これからも抱え続けていくと思います。


また、小林武史と組んでいた頃の、

純粋にボーカル力を前面に押し出したアルバムも、

これまで同様に発表し続けてもらいたいと思います。

ミック・ジャガー

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



クルマを運転しながらラジオを聴いていたら、

ミック・ジャガーが、新バンドを結成したというニュースが流れていました。


ハンドル操作を誤りそうになるくらい、

ビックリしました。


そして、その新バンドの曲がかかって、さらにビックリ!


ミック・ジャガーったら、

68歳だというのに、新ジャンルに挑戦しています。


そのうえ、声が若いし、シャウトしています!


ローリング・ストーンズでのデビューが、オレの生まれた1963年なので、

もう50年近く、音楽の世界ではトップランナーを張っている事になります。


なんちゅう人なんでしょうか。


全世界の中年の星というか、初老の星です。


彼のレコードは50枚くらい持っていて、

かつては、毎日のように聴いていたのに、


ここ5年くらいは、まったく聴いていなかった事に気づき、

急きょ、シングルベストでミック・ジャガーの50年を振り返りました。


やっぱ、イイですね、ローリングストーンズ。


聴きながら、オレも自分の10代や20代の頃を思い出しました。


こりゃ、レコード針を買って来て、

昔の、LPレコードを、聴き直さないといけませんね。