相撲に比べたら

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



昨日のスポーツニュースで、

大相撲九州場所の千秋楽の様子を見ました。


相撲取りという職業って、凄まじいですね。


ヘタしたら死にまっせ!


優勝した日馬富士も、ケガをしているのに、怒涛の立ち合い。


一歩間違えたら、死ぬで!


外国へやって来て、

ふんどし締めて尻丸出しで、

チョンマゲまでして、命がけで戦う職業。


それに比べたら、

お菓子屋の12月なんて、たかが知れています。


どんなに苦しくても、死ぬ事はないし、

ケツも出さないでイイし、チョンマゲも結わなくてイイです。


そう思ったら、クリスマス程度で、オタオタするのはやめようと思います。

AD

苦手な事

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ


繁忙期を控えているので、

アルバイトを募集しているのですが、

もう閉め切りました。


たくさん応募してくださる方がいるのは、

本当にありがたいのですが、

全員を採用できるわけじゃないので、

あまり多くの方を面接するわけにはいけません。


で、問題なのは、

不採用だという事を、どう伝えるか。


わざわざ、うちに店で働こうと思ってくださった方ばかりです、

そんな人に「すいません、雇えません」という辛さ。


オレなんかが、人をジャッジするような。

大それたことをしてもイイのか? という疑問。


でも、うちの店らしさを守るためには、

オレが面接をして合否を決めるのが最も合理的です。


不採用にしてしまった方、

ぜひ、うちよりもすばらしい職場にめぐり会ってくださいね。

AD

いったい、どうしろと?

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



最近、背後からの視線に気づいて後ろを向くと、

みかんを持ったオカンがいます。


そして、

「おい、みかん食え」 と言って、

みかんを投げてきます。


たいてい、取れないところに投げてきます。


でも、親がくれたものなので、食べたくなくても、食べます。


そして、オカンは言います。


「糖尿なんだから、みかんなんか食べるな!」


どうしろと言うのでしょうか?



最近、晩ごはんを食べ終えると、

親父が、何も言わずに、

オレの方に、キャラメルコーンの袋を開けて差し出します。


親が勧めてくれるものなので、

お腹がいっぱいでも、食べます。


そしたら、親父は言います。


「食後に甘い物を食べたら、血糖値が上がるぞ!」


じゃあ、勧めるなよ。


結局、オレのご両親は、

オレの健康の事を考えてくれているんでしょうか?


本当に、わけがわかりません。

AD

防衛本能

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



寒くなってきました。


人間も動物なので、

気温が下がると、寒さから逃れるために、

皮下脂肪を厚くするようにと、防衛反応が出るようです。


そのため、最近2kg増量しました。


これは、寒さから逃れるための、自然の摂理です。


決して食べ過ぎではありません。


自分の身を守るために、

皮下脂肪を付けるようにと、自然がさせているのです。

転がり続けるスタッフ

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ


すっごく流動的な「ほっこり堂」のスタッフ。


そもそも、お菓子屋のスタッフだけで、

40席のカフェを立ち上げるという事が、無茶だという事はわかっていました。


それなのに、結構評判がイイ「ほっこり堂」。


1か月半の間に、何度もメンバーチェンジを繰り返し、


カフェ業務に慣れ始めたスタッフを、

お菓子屋の仕事が忙しくなったので、お菓子屋に呼び戻し、


昨日からは、新たに2人のスタッフを雇い入れ、


連日、ほぼ固定メンバーなし、という状況にもかかわらず、

きちんと営業を続けているうちのスタッフはエライ!


そういう体制なのに、

スタッフに、厳しい要求を突き付け続けるオレもエライ!


無茶な事をしている自覚は十分あるのに、

なぜかうまくいくという確信を、

何の根拠もなく持っているオレは、楽天的過ぎるのでしょうか?


料理スキルの高いスタッフを2人加入させたことで、

ほっこり堂に、どんな化学反応を起こすのか?


今後の展開が、ますます楽しみです。