香川でのたうつ菓子屋のブログ



精神科医・斉藤茂太さんが手帳に書き残した言葉を、

絵本仕立てにした本です。


本屋で見かけて、「絵」に一目惚れして買いました。


まるで映画の絵コンテのようなラフなタッチの水彩画。


絵にはしにくい題材なのに、

次々とテンポ良く読ませる、絵の流れ。


良質の短編アニメーションを見ているかのようです。


絶妙のカメラングル、構図、

寄り、引き、俯瞰、自由自在で、

2次元の紙媒体なのに、立体的に感じます。


「絵」と「言葉」の、絶妙なコラボレーションを見せてくれる、

珠玉の一冊です。


ああ、こんな絵が描きたい。

AD