善通寺レトロ・ランチ

テーマ:

この頃は、クーポンマガジンやタウン誌が乱立しているので、

飲食業界も情報戦が激しくなっていますね。


でも、雑誌に掲載された流行り物のお店ばかりを食べ歩くのって、

なんだか面白味に欠ける気がするので、

今日の昼メシは、絶対にタウン誌に載りそうにないお店で食べる事にしました。


そこで、昭和の風情漂う、善通寺駅前あたりを、ウロウロと探索。


2軒並んだ大衆食堂を発見しました。
食堂ず


手前のお店の建物には、そうとうそそられたのですが、

お昼どきなのに、まったく人のいる気配が感じられません。


そこで、お隣の食堂「朝日屋」で、昼メシをいただく事にしました。
駅前食堂


店内は、まさに昭和っ!

店内


テーブルも、メニュー表も、かなりの年代物で感激です。


そして、出来たてのおかずもたくさん並べられていました。


「おふくろの味」と言いながらも、

ぜんぜん家庭的でないお惣菜が並ぶ食堂が多くなりましたが、

ここのお店は、

本当にオバチャンが丹精込めて作ってくれた、出来たてのおかずばかりです。


それなのに、オレが選んだは鍋焼きうどん。


鍋焼きうどん


土鍋で煮込んだ、あつあつの鍋焼きです。


しっかり野菜も摂れて、

味もまったく奇をてらっていない家庭の味で、

おいしさがジ~ンと効いてきました。


で、もう一品は「焼き肉オムレツ丼」。


オムライス


これでもかっ!というライスのボリュームで、

具もたっぷりの一皿です。


添えられた、スプーンが紙ナプキンで三角に巻かれているのも、いい感じでしょ?


昼から、しっかりと満腹にさせていただきました。


今度来る時は、出来たてのおかずを、いただこうと思っています。


AD