いちごショート・コンビ

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



床田と白川が、二人でいちごショートを作っています。


最近のウチのいちごのショートケーキは、

だいたいこのコンビが担当しています。



香川でのたうつ菓子屋のブログ


まだあまり熟練していない白川の仕事ぶりを、

常に、先輩の床田が監視しています。


妥協を許さない床田に指導されているので、

白川がかなり緊張しています。


いつもヘラヘラしている白川なので、

緊張しているところを見ると、とても面白いです。


でも、仕事中に面白がっていたら、

オレが、床田に怒られそうになるので、

一応、まじめそうな顔をして仕事に励んでいます。


床田&白川コンビの作ったいちごショートを、

よろしくお願いしますね。

AD

広島、たのんまっせ!

テーマ:

木曜日に、阪神を応援するために甲子園に向かった親父ですが、

雨のため、グランドコンディションが悪く、試合中止になってしまいました。


そこで、昨晩は、広島に行って、

マツダスタジアムで、広島・巨人戦を観戦しました。


ウチの親父、

阪神ファンであるとともに、

猛烈な巨人嫌いでもあります。


で、そんなアンチ巨人ファンの親父が観戦した、

昨夜の広島・巨人戦の結果は↓これ。


香川でのたうつ菓子屋のブログ


広島のエース、前田が先発して、

5回までは、1ー5で広島が4点リードしていたのに、

6回に一挙7点を失って、広島は逆転負けを喫してしまいました。


で、アンチ巨人ファンにとっては悪夢のような試合が明けた今朝、

広島にいる親父から電話がかかってきました。


「今晩、もう一試合観戦してから、帰る」


なんと、親父ったら、

巨人の勝ち試合を見た事がよほど悔しかったらしく、

今夜の、広島・巨人戦も観戦するつもりのようです。


もし、巨人が2連勝するような事があったら、

暑さと怒りで、親父は頭に血が上って、ぶっ倒れるかもしれません。


どうか、今夜は広島が勝ってくれるように、

ウチの親父のためにも、みなさん、祈ってくださいね。

AD

うさぎキャラ

テーマ:


香川でのたうつ菓子屋のブログ


香川でのたうつ菓子屋のブログ


近頃、ウサギをモチーフにしたキャラクターが多いですねぇ。


うさぎ年生まれのオレとしては、

うさぎ人気が高まるのは、なんだか嬉しいです。


長い耳が、可愛いんでしょうか?



香川でのたうつ菓子屋のブログ

で、そんな中、

最近、人気急上昇中なのが↑ウサビッチです。


ロシアの刑務所を脱走した、2羽のウサギです。


アニメなのに、

ウオッカ好きだとか、ギャンブル依存症だとか、反社会主義者だとか、

けっこう複雑な設定のキャラクターです。


近頃の子供は、

可愛いだけの単純なストーリーだと、すぐ飽きてしまうみたいですね。


お菓子も、

もっと複雑なコンセプトの商品を作らないといけない時代になるのかもしれません。


でも、ウチの店の基本は、オーソドックスである事、なので、

その路線は変えずに、頑張りたいと思います。

AD

ご褒美ギフト

テーマ:

香川でのたうつ菓子屋のブログ



金魚やペンギンのバスケットにクッキーを詰めて、

ひまわりの花をワンポイントにした、

夏っぽいプチ・ギフトを作ってみました。

(うちわもオマケに付いています)


夏休みにまったく宿題をやらずに、ダラダラと暮らしているお子さんに、

宿題をしたご褒美に、このプチ・ギフトをプレゼントしてはいかがでしょうか?


でも、今どきの子供って、

この程度のご褒美じゃ、行動を変えないかもしれませんね。


オレも、2学期の始業式間近に溜めた宿題をまとめてやるタイプだったので、

宿題嫌いのお子さんの気持ちはよくわかります。


さて、ウチのスタッフの中にも、

決められた仕事や、出来る仕事しかやらない、

向上心にちょっと疑問を持つメンバーがいます。


そのまま放置するのも、

一応トップであるオレの責任なので、

具体的な目標を提示して、宿題を出してみるのもイイ方法かもしれませんね。


その時は、目標クリアの褒美を、なにか考えないといけませんね。

香川でのたうつ菓子屋のブログ



NHK教育テレビの「仕事学のすすめ」、

7月の放送は、カリスマ・パテシエ辻口博啓さんでした。


が、番組を見落としていたので、

テキストを取りよせて、辻口さんの仕事に関する考え方や行動を学びました。


それにしても、辻口さんったら、

言っている事がカッコイイですね。


こんなにカッコイイ事や厳しい事を公共の電波で発言したら、

自分自身を追い込む事になるのではないかと、

同じお菓子職人の端くれとして、強く感じました。


メディアへの露出も多い辻口さん。

いつもエネルギッシュで、楽しそうな顔をしていますが、

その内実は、とてもプレッシャーだらけの、

精神的にハードな日々を送っているんじゃないかと推測します。


コンセプトの違う多様なお店を経営して、維持するのも凄いし、

そのすべてに、「辻口」という、自分自身をブランド化して期待値を上げている姿勢、

調子が良くて、イケイケの時はイイけど、

スランプに陥った時は、

そのすべての責任が、辻口さん本人を直撃する仕組み。


有名になったカリスマ・パテシエの重責を思うと、

今の自分のような立場の方が、精神衛生上楽だなと感じてしまう、

とてもヘナチョコな考え方のオレです。


辻口さんの仕事への取り組みを学ぶことで、

オレはオレなりの、自分らしい仕事への取り組み方を考える事ができました。