お絵かきにき 192

テーマ:

親父(192)


さくら餅を作っている親父をスケッチ。


ニコニコ笑っているのは、楽しいからじゃなくて、

あまりにも忙し過ぎて、頭がヘンになっているからです。


ひな祭りが近いので、「さくら餅」はいくら作っても売れてしまうし、

ちょっと油断すれば「いちご大福」も売切れてしまいます。


和菓子担当の親父は、もう大活躍です。


人って、あまりにも忙し過ぎると、

わけもわからずに笑ってしまうんですね。


親父はもう、指先に神経を集中させ過ぎて、

顔の筋肉がゆるみきってしまったのかもしれません。


でも、イライラして怒っているよりも、ヘラヘラ笑っている方が、

一緒に仕事をしていて楽しいです。

AD

お内裏様もよろしくネ

テーマ:

焼き菓子袋

おひな様とお内裏様の袋に焼き菓子を詰めて販売しています。


ひな祭りが近いのでよく売れているのですが、

売れているのは、おひな様の袋ばかり。


女のコのお祭りなんだから、

お内裏様の袋を買ってあげればイイのにと思うのですが、

それは、お客さんのお決めになる事だから、仕方がありませんね。


でも、このままだと、お内裏様だらけになってしまいそうで、

なんだか怖いです。

AD

お絵かきにき 190-191

テーマ:

病院の待ち時間って、退屈ですよねぇ。


腰が痛いので、検査をするために病院に行ったのですが、

待ち時間の暇つぶしのために、

待合室の患者さんをスケッチしました。


じいちゃん (190)


腕を組んで、どっしりと腰掛けているおじいさんが、

キリリとしてカッコ良かったのでスケッチ。


病院で診察待ちの人って、みなさんドンヨリとした顔つきをしているのですが、

この方は、なんだかピシッとしていました。



がっくり (191)


病院でうなだれている方を見ると、とても気にかかります。


待ちくたびれてうなだれているのなら良いのですが、

診察結果が思わしくなくてガックリされているのだとすれば、

とてもお気の毒です。


ところで、オレの診察結果ですが、

レントゲンでもMRIでも異常が見つからず、

骨も軟骨も問題なし、という嬉しい結果でした。


運動不足による、筋力の低下と硬直が原因のようなので、

ウォーキングとストレッチをするように勧められました。


ま、こんなスケッチをしている暇があったら、

運動でもしておけ、という事ですよね。

AD

ルーラって、どういう意味?

テーマ:

今日の晩メシは、観音寺の「ルーラ」でお好み焼き。


将八うどんの2階にあるお店。


おこのみ


オレの焼くミックス焼きの前で、

オレの大っ嫌いなネギ焼きを焼くヤツがいます。


大っ嫌いなネギの匂いがオレの鼻を直撃して気分が悪くなったので、

思わず向かい側のヤツの鼻の穴にエビをねじ込んでやろうかと思ったのですが、

エビがもったいないので、我慢しました。


焼きうどん


焼きうどんは、下の将八うどんの手打ちうどん。


でも、ぶっちゃけ、焼きうどんのうどんは、手打ちじゃない方がうまいかも。


味噌汁


お好み焼きを食べる時も、ご飯を注文してしまうオレ。


お好み焼き屋で困るのは、

鉄板が大きくて、テーブルに皿や茶碗を並べるスペースが狭い事。


今日も、ついうっかり味噌汁のお椀をひっくり返してしまい、

みそ汁が熱々の鉄板の上に広がって、

水蒸気が上がって、しばらくは霧の中で食事をしました。


でも、お好み焼きって、

いろいろ失敗しながら、大騒ぎをして食べるのが楽しいですよね。


ヘタクソに焼いたのに、とってもおいしくいただけました。

MONSUTER 4~6

テーマ:

モンスター


浦沢直樹「モンスター」4~6巻。


次々とあばかれていく過去。


次々と登場する、超個性的な壊れた人々。


次々とあふれ出す謎。


話がとっても膨らんで、

しかも読み進むうちに複雑になってきました。


全18巻中、やっと三分の一を読み終わったところなんですけど、

こんなに話のスケールが大きくなって、

これから先どーなるんでしょ?


読めば読むほど、メチャクチャ面白くなってくるんですけど、

この作品、とっても濃厚なので、読むのにとっても体力がいります。


読むだけでこんなに体力がいるのですから、

作者の浦沢さんは、連載中相当ハードな状態だったんじゃないでしょうか?


この続きも、心して読んでいきたいと思います。