おから問題継続中

テーマ:

先日から苦戦している、おからクッキーの試作です。


昨日も、新たな おからクッキー作りにチャレンジしてみました。


まずは生地作りです。


チョコクルミ投入


今回は、ヘルシーさよりもおいしさ追及して、チョコとクルミを加えてみました。


さらに、ブロだちのりえぼんさん のアドバイスに従って、シナモンも投入。


そして、メイン原料のおからをどっさり投入して、小麦粉を加え混ぜます。


おから投入


おからが入った途端に、生地がボッテリとしてきます。


そして、すべての原料を合わせた生地は


クッキー生地


なんだか、ガンモドキのようになりました。


あとは、生地をちぎって鉄板に丸めて並べます。


丸め


おからがたくさん入っている生地なので、

弾力があって、うまく丸まりませんが、形のいびつさがイイ感じです。


で、しっかりとオーブンで焼き上げます。


焼き上がり


うまそぉ~!


シナモンの香りとおからの香りのコラボが、食欲中枢を直撃します。


で、荒熱が取れたおからクッキーを試食したところ、

これがメチャうま!


オレ好みの味なので、食べ始めたら止まりません。


こりゃさっそく商品化決定! と行きたいところですが、

ちと問題が・・・・・。


実はこのクッキー、あまりおからの味がしません。

シナモンとチョコレートの味に隠れてしまいました。


今回のクッキー作りのテーマは、

おからを前面に打ち出した、クッキー作りだったはずです。


う~ん、困りました。


シナモン&チョコを外すと、味がボケてしまうことは確実です。


でも、おからの味を感じられない おからクッキーってのもどうかと。


まだまだ迷走を続けそうな予感がします。

AD

グッド・モーニング、ベトナム


ロビン・ウィリアムスの芸達者ぶりが冴えまくる映画「グッド・モーニング、ベトナム」


映画の舞台は、戦争に突入する直前の1965年のベトナム、サイゴン。


ロビン・ウィリアムスは米軍放送局のDJとして、この地に派遣されます。


任務は、米軍兵士たちの士気高揚。


軍お抱えのDJなので、軍に都合の良い情報しか喋れない立場なのですが、

彼は、型破りなトークで、軍のお偉いさんからは嫌われますが、

兵士たちからは、絶大な支持を得ます。


それにしても、彼の毒舌マシンガントークは素晴らしい!

(まるで、グッさんのような芸達者ぶり)


ここまで見事なDJぶりを演じられるロビン・ウィリアムスという役者の存在がなかったら、

この名作は生まれなかったでしょうね。


また、下ネタやスラング連発の超速トークを見事に翻訳した字幕スーパーもお見事です。


でも、この映画の一番のテーマは、

アメリカの横暴と暴力を知る事。


ベトナムの場合も、最初は治安を守るという名目でアメリカ軍は駐留していたのですが、

いつのまにか、この素晴らしい国をメチャクチャにしてしまいます。


この映画を観れば、アメリカという国が、

ずいぶん昔から、世界中にちょっかいを出して、悲劇と破壊を振りまいている事がわかります。


そして悲しいのは、そういうアメリカの破壊活動が今も、正義の名の下に行われ続けている現実。


さらに、そんなアメリカ軍に、しっぽを振ってポチになり切っている日本政府。


で、そんな日本政府に税金を納めているオレら日本国民。


こういう痛烈な戦争批判の映画が、次々とハリウッドで作られている事は頼もしいのですが、

トチ狂ったアメリカの指導者を誰もが引きずりおろせない現実が、

本当に怖すぎます。


ベトナム戦争と、米軍の非道さを、ユニークな視点で描ききった名作だと思います。

AD

鶏そして鶏

テーマ:

夏バテ気味なので、肉でも焼いてスタミナをつける事にしました。


でも、焼き肉屋で食べまくると、高カロリーなのが心配です。


で、今晩は鶏を焼いて食う事にしました。


とっと


出かけたのは、高松の栗林駅近くの地鶏屋「とっと」


ここの店は、薩摩の知覧どりが食べられます。


鳥肉


もも、むね、ハツ、テール、せせり・・・・・えっと、あとは何だっけ?


鶏肉って、馴染みのない呼び名なので、注文するのが難しいです。


焼き肉と言えば網焼きが定番ですが、


溶岩焼き


とっとでは溶岩プレートで焼いて食べます。


これで焼いて食べると、どうイイのかはわかりませんが、

なんとなく豪快な感じがします。


どの肉も歯ごたえがあって固めなので、けっこうアゴが疲れます。


しかも、お店のご飯は、固めの麦めし。


麦めし


ヘルシーだけど、さらにアゴが疲れます。


自分で焼くのに疲れたので、地鶏の炭火焼も取ってみました。


炭火焼


もう、トリトリトリトリトリトリ・・・・・・・・と、ひたすら鶏のオンパレードです。


鶏さん本当にごめんなさい。

迷わず成仏してくださいね。


鶏肉ってヘルシーなイメージがあるので、

油断して、そうとう食べ過ぎてしまいました。


こりゃ、かなりのカロリーオーバーですね。


食後は、食べ過ぎた事を反省して、


スタバ


スターバックスに寄って、こんな甘い物を飲み食いしました。


夜中に食べる甘い物って、どうしてこんなに魅力的なんでしょうか?


オレの胃袋って、夏バテ知らずのようですね。

AD

UDONは観てないけど

テーマ:

映画「UDON」が公開されたので、

本屋に行けば、さぬきうどん関連の本がたくさん平積みにされていますね。


この映画がきっかけになって、

またしても香川県全体が再びうどんのテーマパークと化しそうな予感がします。


それにしても、UDON関連の本 出版され過ぎ!


ご当地香川で、こんなにたくさんの讃岐うどんの本を平積みにして

地元民で、買うヤツなんかいるのでしょうか?


うどん本


・・・・・・買ってしまいました。


しかも、讃岐うどんめぐりの基本中の基本が書かれた本。

「超麺通団3 さぬきうどんのめぐり方」


さぬきうどんビギナーのために、

基本的な、さぬきうどんめぐりの方法が書かれています。


この本に取り上げられるか、取り上げられないかで、

うどん屋さんの来客数にも、大きな影響が出るんでしょうね。


最近の飲食業って、お菓子屋も含めて、メディアに踊らされすぎのような気がします。


なんだか、、怖いですね。


このままだと、本当のさぬきうどん屋の独特の雰囲気が消えていってしまいそうな気がします。


香川のうどん屋さんって、

繁盛店が改装してきれいな店構えにすると、とたんに流行らなくなるそうですが、

これって、面白い現象ですね。


お菓子屋もそうだと、店舗の維持費が少なくて助かるのですが、

同じ香川県の飲食業なのに、お菓子屋は改装した方が繁盛しているようです。


またコンビにでも映画「UDON」公開に便乗して、

UDON関連の商品を見かけます。


でも、さぬきうどんの本場 香川で、

コンビニのさぬきうどんなんか買うヤツがいるのでしょうか?


コンビニうどん


・・・・・買ってしまいました。


オレって、どうしてこうも流行り物に弱いんでしょうか、

情けないです。


香川県では、うどんブームが突如大盛り上がりを見せていますが、

県外での反響はどうなんでしょう?


↑このコンビニうどんも香川県限定販売なんでしょうか?



親父と草抜き

テーマ:

今日は久しぶりで早朝に雨が降りました。


と言っても、オレは寝坊してて知らなかったんですけどね。


その雨も上がって、午前中の空模様は、久しぶりで曇り。


こんな日は、絶好の草抜き日和です。


駐車場


夏の初めに草抜きをした駐車場も、

しばらくほったらかしにしている間に、草ボーボー状態です。


ケーキの仕上げを大急ぎですませて、

あとの、仕事はスタッフに任せ、オレと親父で午前中は草抜きをしました。


草ボーボー


ほんっと、いっぱい生えたものです。


これが野菜だったら、毎日ベジタリアンな暮らしができるのにね。


親父


親父の背丈くらいの巨大な雑草もあり、

草むらというよりも、ちょっとした森のようになっていました。


機械で刈り取れば、すぐに終わるのですが、

根から抜かないとすぐ生えてくるので、

全部手作業で引っ込抜いていきます。


根っこがそうとう大きく張っているので、

それらを一本ずつ抜いていくのは、かなりの重労働です。


スッキリ


汗だくでフラフラになりながらも、なんとかすべて抜ききりました。


ふだん家の中での仕事ばかりしているので、

屋外の作業は堪えますね。


ハードな作業だったので、ダイエット効果もあったかも。


でも、雑草の生命力って凄まじいので、

またしばらくしたら草ボーボーでしょうね。


マジで野菜の種でも蒔いてみましょうか、

手間のかからない野菜ってありません?