柔らかい肉ちょーだい!

テーマ:

原起苑


2月も今日で終わりです。


2月もよく働いたので、

ごほうびに、観音寺の焼き肉屋「原起苑」に行きました。


店内に入ると、月末だというのに、客はオレらだけ。


けっこう広い店なのに、貸し切り状態です。


焼き肉って、活気のある雰囲気の中で食べたいものですが、

店内は、し~んと静まり返っています。


この店は、繁盛店として有名なのですが

アメリカ牛輸入禁止が響いているのでしょうか?


焼き肉


さっそく、ジュージューと焼き始めたのですが

どの肉も、硬い!


こんな硬い肉を食うくらいなら

狂牛病になってもいいから、アメリカ牛が食いたい!


どうせ、オレの脳ミソなんて、すでにスポンジ状態ですから・・・・。


そこで、硬い肉に見切りをつけて

シーフードへと作戦変更。


シーフードミックス


シーフード盛り合わせを頼んだのですが

冷凍のままなので、これも硬い!


でも、焼けば柔らかくなったので、ノープロブレム。


狂牛病問題に振り回されている焼き肉業界って

本当にお気の毒です。


同じ食べ物商売を営む者として、

原料の調達が思うようにできないことは、すごく無念な事だと思います。

AD

お店で花見

テーマ:

梅の花


ウチの店内の梅の花が、ただいま満開です。


あと2、3日くらいが見ごろだと思います。


花びらが散り始めると撤収しなければいけないので、

お早めに、ご来店くださいね。


なんとかひな祭りの日まで、もってくれればいいのですが・・・・。


今年の冬は寒かったので

店のまわりに植えた花がすぐ枯れて困っていたのですが、

この梅の咲きっぷりの見事さで、それも帳消しですね。


ちなみに↓これは、ウチのご先祖様に供える仏壇用の花束です。


仏壇花


新聞紙で巻いているところに風情を感じてください。


ウチのオカンって、

店の花が枯れていても知らんぷりなんですが、

仏壇の花にはとっても敏感で、

お供えしている花が少しでも枯れていたら、大騒ぎします。


だから、ウチのご先祖様は、

いつもきれいな花に囲まれて、とても幸せだと思います。

AD

今日のパチ君

テーマ:

いつも黒ぶちメガネをかけているパチ君ですが

時々、金ぶちのまん丸メガネをかけてきます。


まったく、ふざけたまん丸メガネです。


どれくらいふざけたメガネなのかを、↓見てください。


めがねパチ


どうです?


センスを疑うような、変なメガネでしょ?


あまりにもふざけているので


「パチ君は、どういう心構えで仕事をしてるんだ?」

と訊いてみました。


すると、パチ君の返事は

「アルバイト感覚です」とのこと。


・・・・・・・アルバイト?

・・・・・・感覚?


パチ君の言ってる事って、相変わらずわけがわかりません。


どうやら「感覚」って言葉を付けると

頭が良さそうに聞こえると思っているようです。


ただ、真剣に仕事に取り組んでいない事だけは、はっきりと伝わりました。


明日は、星型のメガネでもかけて、出勤してきてください。


ていうか、出勤して来なくてもいいです。

AD

たまごっちブーム

テーマ:

たまごっち


「たまごっち」、大人気のようですね。


キャラクターデコは、原則1台につきワンキャラクターというルールなんですが

どうしてもとお願いされたので

特別に3匹とも描きました。


バックの虹も指定どおりです。


なかなかこだわりのあるお子さんのようですね。


そうかと思えば

「めめっち」が大好きなので

↓めめっちだけを大きく描いてください、というご注文もあります。


めめっち


一途に、めめっちだけを愛しているんですね。


でも、めめっちの目って、ちょっと怖い・・・・。


キャラデコ


ちなみに↑上の2台は同じ料金です。


3匹描いたら、料金が3倍になりますって言ったら、

たぶん、非難ゴーゴーでしょうね。

シフォン研究

テーマ:

トリノオリンピックでがんばる選手たちを見ていたら

単純なオレは、すぐ感化されてしまって

「オレも、何かがんばらなくては!」などと、発作的にヤル気が出てきました。


問題なのは、

がんばる気持ちは湧いてきたんだけど、

さて、何をがんばるかっていうこと。


そういえば、以前チャレンジして

納得ができないまま、途中でほったらかしにしていた事があったのを思い出しました。


シフォン


そう、シフォンケーキです。


生地にしっとり感が足りなくて、

販売を見合わせていた商品です。


今日は仕事量が多くて忙しかったのですが、

久しぶりで、シフォンケーキの試作にチャレンジしてみました。


前回の時よりも、

生地に入れるミルクの量を多くして、

白身と砂糖の比率を下げた生地作りをしてみました。


シフォンケーキは、生地の軽さが特徴的なのですが

あえて、軽さを抑える事によって

生地そのものの味わいに深みを出そうという試みです。


若干、生地が重くなった分、

オーブンでの焼きが難しくなりました。


水分比率が増えたことにより、生地に火が通りにくくなり、

窯落ちのリスクも大きくなったからです。


試作の結果は、

生地のしっとり感が増し、玉子本来の旨みがさらに感じられるようになりました。


玉子とミルクの味をより感じられるようにしたかったので、

もともと甘味の少ない生地から

さらに砂糖を減らしたので、

甘味に関しては、賛否両論がありそうです。


シフォンケーキって、原料のちょっとしたバランスを変え始めると

どんどん試作の迷路にはまってしまうので、

実験しだすと、止められなくなってしまいます。


オリンピック選手が、

自分の納得のいくスタイルを見つけるために、

気の遠くなるような試行錯誤を繰り返していますが、

その姿勢を励みに、がんばりたいと思います。