9月の体重

テーマ:

9月の体重


はい、毎月末恒例の、体重測定のお時間がやってまいりました。


結果は、8月末 より0.2kgアップの68.4kgですね。

ま、何とか現状維持って事で、許しましょうかね。


実は、今日の午前中は69kgあったのですが、

今日は休みを取ってまで、ウォーキング&サウナ&スイムをやってきました。


その結果、サウナ直後の瞬間最小体重は67.2kgだったのですが、

その後、油断して中華を食べ過ぎて、最終的には68.4㎏。


なんと今日一日の最大最小の差は、2.8㎏って事になるので、

なんだかインチキ臭い計測結果ですね。


最終日に、緊急減量をして、最後に数字のつじつまだけを合わせるのって、

まるで決算前の脱税指南の税理士のようですが、

こうやって土壇場で努力するってのも、一種のダイエットなんで、良しとしましょう。


1年で10kg落とす計画なのですが、

食欲の秋を迎えたとたん、足踏み状態ですね。

ま、オレって計画立ててうまくいった試しがないのですが・・・。


日頃、人を太らせる食べ物を作っているヤツが減量しようってのは、

ちょっと虫が良すぎますかね?


今日は、20kgの減量に成功したというラッセル・クロウが出ている「シンデレラマン」を観て、

さらなる、減量への意欲を増そうという作戦もあったのですが、

開始時刻に大幅に遅刻して、無情にも入場を拒否されてしまいました。


なんだか、10月末には、

またしても70kgを超えているような悪い予感があります。


普段まったく予想が当たらないくせに、

こういう悪い予想だけはバッチリ当たるんでムカつきますよね。

AD

大量発生!にわか阪神ファン

テーマ:

優勝おめでとう!


今日は、どこ行っても阪神優勝の話ばかりですね。


でも、ほんとにみんな阪神ファン?

って感じで、ちょっと怪しいです。


今日は日本中に、にわか阪神ファンや、ニセ阪神ファンが

まるで越前クラゲのように大量発生しているような気がします。


商売人って阪神ファンである事を明確に打ち出した方が、お客さんが増えるんでしょうか?


そもそも、阪神ファンのシェアって、香川では高いんでしょうかね?


阪神ファンって、熱狂的で派手な人が多いから、

1人で広島ファンの5人分くらい目立っているような気もします。


実は、オレも「アンチ巨人ファン」であって、正確に言うと阪神ファンじゃないのですが、

このどさくさで、ここ1ヶ月くらいは阪神ファンになったつもりでいます。

だって、気持ちイイですもんね。

(去年の秋は、中日ファンだったような気が・・・)


阪神って、イメージキャラが「虎」ってのもいいですよね。

広島みたいに「鯉」じゃ、なんだか燃えません。


インドでは虎を神の使いだと考えて、

人を襲う野生の虎でも、決して殺したりはしないそうです。


そういえば、なんだか阪神ファンってインド人とスピリットを共有してるんじゃないでしょうか?

カレーも好きそうだし、ぶっ飛んだ生き方をしている人も多そうです。


そしてなによりも、インド人がガンジス川で沐浴をするように、

阪神ファンも、何かと言うと道頓堀川に飛び込みたがりますよね。


阪神ファンって、起源をたどれば、インドからやってきた民族なんじゃないでしょうか?


少なくとも、巨人ファンとは絶対に起源が違う種族だと思います。

染色体レベルでも、明らかに別の構造をした、まったく違う種だと思うんですけど・・・。


誰か、ヒマな大学教授でも、その辺のところを研究してくれないでしょうか。

AD

秋の月末運動会

テーマ:
050930_154127_Ed.jpg
今日は気持ちのいい秋晴れですねぇ。

実は有給休暇を取っているんですが、
こんなスカッとしたお天気の日に、オレみたいなヒネクレ者が外に出てもいいの?って感じです。

まるで、しまむらで買った500円のシャツ着て格式のあるレストランに入ったみたいに居心地が悪いです。

でも今日はそんなのんきな事言ってられません。
やらなければならない事があるのです。

それは減量!

今日は毎月末恒例になった体重測定の日なのに、
今現在、先月末の数字をオーバーしているんです。

で、サンポートや屋島寺のあたりを汗だくになりながらウォーキングしてきたところです。

今から屋島の健康ランド行って、サウナ&スイミングをやってきます。

夜までに先月末の数字よりも落とせるでしょうか?

頑張ってきます。
AD

うどん馬鹿一代

テーマ:
050930_130004_Ed.jpg

暖簾のド迫力に惹かれて、この店で昼メシ。

樫村って名前の店らしいのですが、
地元の人は「馬鹿うどん」つって呼んでるんじゃないでしょうか?

屋島西町にあるお店です。

ウチの店も「お菓子バカ一代!」ってサブキャッチ付けましょうかね。
でも、そんな勇気ないし、
「お前がバカだって事は、みんな知ってるよ」

ってツッコミ入れられたら、腹立つし・・・。

ちなみに樫村の店主は、馬鹿じゃないみたいでした。
熱心にご商売をされている方のようです。

最近は「オレって頭良くて困ってるんだよねぇ」

つってるヤツの方が馬鹿が多いから、ややこしいっすよね。

冷やし山かけを食べたのですが、
うどんは暖簾ほど迫力がなかったような気がします。


でも、この暖簾を、店の正面に掛けて営業している勇気に拍手です。

みんなで井戸を掘ろう!

テーマ:

中国のことわざに


「最初に井戸を掘った人を忘れない」


ってのがあります。


最初に道筋を付けた人のことを評価しなければいけない、って意味ですね。


経営者って、

この最初に井戸を掘る仕事をするのが役目だと思ってやってきたのですが、

この頃は、他のスタッフにも

最初に井戸を掘る仕事をさせなければいけないと思っています。


ウチの店では、新商品の開発はすべてオレがやっているし、

新しい分野の仕事を始めるのも、すべてオレだし、

店作りやパッケージのデザイン、POPの製作に至るまですべてオレの役割です。


ま、新しい事をするのが好きなオレなので、

それはそれでいいのですが、

でも、スタッフにとっては、このままじゃイカン思い、

先日「みんなももっと新しい分野に挑戦するように」と話をしました。


ウチのスタッフは結構ベテラン揃いなので、

オレが新しいことを何もかもやっていると

各自の埋もれている才能を発揮する機会を奪っているのかもしれません。


それに「自分は何も挑戦しなくても、与えられた仕事をやっていればいいんだ」

という考えが身に付いてしまっているとすれば、

創造的な仕事がまったくできない、ただの作業要員になってしまいます。


作業要員って事は、単なる労働力って価値しかありませんよね?

って事は、トシ取って体力が落ちると、

その人の価値は下がってしまうわけです。


お菓子屋というのは

創造的な能力が必要とされる業種だと思うので、

自分で考えて、新しいことを開発できる能力がないと、困ったチャンになります。


ウチのスタッフには、困ったチャンになって欲しくないので、

これからは、最初に井戸を掘る困難と面白さを身に付けていってもらう方針にします。


今のところ、誰も提案をしてきていないのですが、

誰が、どんな井戸を掘り始めるのか、楽しみにしています。