お菓子作りセッション

テーマ:
お忙しい時にかぎって、いろんな事をやりたくなってしまいます。

たとえば、他のお菓子屋のスタッフと新商品の開発を一緒にしてみたいです。

違う環境で、違うポリシーの元で仕事をしている人たちですが、毎日お菓子を作っているというのは同じです。

競い合うのではなく、面白い刺激をもらえそうです。

バンドをやっている人は、他のバンドのメンバーとセッションをやる楽しみがありますが、
菓子職人はけっこう閉鎖的な世界なので、他の店の職人と共同で仕事をする機会があまりありません。
ま、言ってみれば商売敵ですから・・・。

まったく違う地域のお菓子屋さん同士が、抽選で組み合わせを決めて、共同作業でお菓子を作るコンテストがあっても面白いんじゃないでしょうか?

いいアイデアだと思うのですが・・・。

もちろんオレは、すごくレベルの高い人と組んで、他力本願で優勝できる道を狙います。
AD
今、午前1時過ぎ。
うたた寝をしていたら、大晦日になってました。

それにしても寒いっす。
こんなに寒いのに、うたた寝なんかしていたら、風邪を引いてしまいそうです。

あれっ?
なんだか、舌先が痛い!
どうしてだ?
切れたのかな?
まさか、舌にとげが刺さったわけないよね?
それとも舌癌?
なんちゃって・・・。
お菓子屋が舌をやられたらシャレになりません。

こんなひどい状態で、今年最後の日を迎えるなんて・・・。

ウチの店は大晦日も営業です!
忙しいです。

お歳暮、クリスマスとハードな日々が続いているので、疲れもピークに達しつつあります。

大晦日は、今年うちの店をご贔屓にしてくださった方への、最後のごあいさつの日です。
いくら疲れていようとも、いい商品をそろえて、お迎えしなくてはなりません。

知り合いの人から
「クリスマスはお疲れ様でした」
とよく言われますが、本当に疲れるのはクリスマス後です。

この時期のお菓子屋はトライアスロン状態です。

クリスマスが「スイム」だとしたら、
年末商戦が「バイク」で、
お正月、成人式が「ラン」です。

最初の競技クリスマスで、基礎体力をかなり消耗しているので、今はかなりキツイ状態です。
しかもまだ、ゴールは遠い・・・。

ま、ブログでこんな事グチっててもしょうがないんですけど・・・。

それにしてもこの痛む舌先はどうしたのでしょうか?
スプリット・タンといって、舌先を二つに裂いてしまう人がいますが、
そういう人の考えが理解できません。
だって、痛い思いをして、おいしさの感覚が鈍くなってしまうのですから・・・。
AD

老舗

テーマ:
オレも一応お菓子屋の経営者なので、経営に関する本とか、いわゆるサクセス本はよく読みます。

どの本も、なるほどと思う事や、参考になる事は書かれているのですが、いつも違和感を覚えます。

それは、売り上げを上げるためのテクニックや、お客さんの心理を読むコツなどが書かれていることが多いからだと思います。

商売をやっている以上、いかにして儲けるか、というのは重要なテーマです。

でも、そのために小手先のテクニックや、目先だけの方法論を駆使しても、長続きしないような気がします。

そんななか、
↑「この老舗に学べ!」という本を読みました。

この本には、短期間で効果の出る商売の方法は一切書かれていません。

しかし、違和感なく素直な気持ちで読むことができました。

ウチの店は創業90年のいわゆる老舗です。
で、オレはそこの三代目。

あまり老舗だという意識はなかったのですが、この本を読んでいると、オレって結構老舗的な考え方をしている事に気がつきました。

何事も結構長いスパンで考える癖がついているし、マニュアルの多用には抵抗があります。

菓子屋は勤務年数が比較的短い職場なのですが、ウチの店は従業員の定着率も良く、10年以上勤めている人がほとんどです。

焦らずじっくりと人材の育成をし、
当たり前の事を、当たり前にできる事が、とても大切な事だと考えています。

普段は意識した事がないのですが、やはりオレの考え方は老舗型になっているようです。
AD

事故と火事

テーマ:
何気なくテレビを見ていて、自分の知っている場所で起きた交通事故のニュースを見ると、ドキッとします。

交通事故って身近に起こるものなんだということを実感するからです。

オレはクルマの運転がヘタクソです。
母親譲りの運動神経の悪さが原因です。

これまで大きな事故を起こさなかったのは、本当に運が良かっただけだと思っています。

どうして、こんなにドンくさいオレが運転免許を取れたのだろう?

自分で言うのもなんですが、こんなトロいオレに運転免許証なんか与えてはダメですよ。

でも、今さらクルマなしの生活には戻れません。

オレの寿命はあと何年あるのかわかりませんが、
人身事故を起こさずに一生を全うしたいものです。

あと、火事のニュースもドキッとします。

一生火事を経験しない人生を送りたいものです。

一生交通事故も火事も経験せずにいる人の割合って、何パーセントくらいなんでしょう?

事故や火事って、人生の一発逆転負けみたいです。
しかも、突然やって来るものだから、本当に怖いです

公務員天国?

テーマ:
公務員は昨日で仕事納めの方が多いみたいですねぇ。

くぅ~、まったく羨ましい!

サービス業や小売業はこれから年末年始が忙しくなるというのに、公務員の仕事納めのニュースを見ると、労働意欲が失われます。
もっと、納税者に対して配慮して、こっそりと仕事納めをやってもらえないでしょうか。

オレんちの町では、夕方に役所が公共放送を流しています。

午後6時頃に流れるのですが、いつも最初に言うセリフが決まっています。

「今日も一日お疲れ様でした。
 ただいまから夕方のお知らせを始めます」

っていう言い出しです。

これほど労働時間が多様化しているのに、夕方の6時に「今日も一日、お疲れ様でした」はないんじゃないですか?
みんな労働時間厳守の公務員ばかりじゃないんですから・・・。

これから夜勤に出かける人が聞いたら怒りますよ!

まだたっぷりと仕事が残っている民間人がこれから残業という時に、
「今日も一日お疲れ様でした」を聞くと、納税意欲が失われますよ!

公務員は自分達中心に世の中が回っているような錯覚をやめて、もっと民間人に配慮をしてほしいと思います。