脱スロリーマン猫侍の独立して自由な生活を目指すブログ

脱サラしてからの心情や近況などを書く予定です。

過去の記事では勝つために必要な事は過去の記事に詳しく書いてありますので、良かったそちらも合わせてご覧ください


テーマ:

今日は友達と食事して、非常に楽しかったですよ。


ブログアピールしてみたけど、見てくれたかな?



すみません、私用で使ってしまいました。


給料据え置きの猫侍です。 お疲れ様です(・∀・)




いろいろと近況など話せて楽しかったですよ。


こういった時間は大切にしたいものです。




さて、今日の本題ですが、



『ART機を打つ覚悟と条件』




これについて自分の考えを紹介したいと思います。


平たく言えばどのくらいの設定配分でないと打てないかって話ですね。




ART機に限らず機種を選択する時に考えるのは以下の通りです。


・設定1(低設定)を打たされたときのリスク


・目標設定がいくつになるか?


・目標設定の設定判別にかかる時間(ゲーム数)とその精度


・目標設定の機械割り(メリット)





では、実際に例として


番長2と

Aタイプ代表としてエヴァで説明します。




番長2の場合…


・低設定を打たされた場合のリスク

基本ボーナスを引いて天国移行率を見ないと設定判別は不可能なので


仮にボーナス間でハマリを食らっても、6を否定できないので、


展開が悪ければ3,4万の投資は覚悟しなければならない。



・目標設定

6といいたいところだが、4も挙動が非常に似ているため

4,6とならざるおえない。


でも、基本6しか打てない。


機械割的には5も十分打てるが

5を視野にいれると、1を長時間打たされてしまうため、


5の判別も不可能に近いし、奇数の5は無視。

判別が難しい設定は基本狙えない。




・設定判別に必要な時間と精度

設定6を判別するのに、サンプルとしてボーナス10回は欲しいところ。


通常Aが4回連続で続いたら、他の要素が悪ければヤメ。


頂ラッシュの引き戻しもサンプルが集まるのに時間がかかる。


など、展開に左右されるケースがほとんどで、


1000Gほどでわかる場合もあるけど

3000Gでもわからないということもあり、


基本的には2000Gほどは覚悟しなければならない。


しかも、大量負債で設定判別が中途半端でも

やめてしまったり、


設定2が6の挙動したら、どうしても6に見えてしまうので


6を捨ててしまう可能性も多く、

6以外を6と勘違いしてしまうケースが多数あり



・設定6の機械割り

114%

日当は等価で6万ほど。




ということは

個人的に勝つために打てる条件は


1/3以上で設定6を狙える場合



とかなり厳しくなってしまいます。

6を捨ててしまう確率も結構あるのでね。


低設定のリスクが高すぎるため

どうしてもこのくらいの条件でないと打てません。



1/3というのは、設定投入率でなく


実際に掴める確率です。




例えば 


10台のうち1台が6でも


ぞろ目の台番には1/3くらいで6が入っているとわかっていれば

それは1/3で設定6です。



クセを掴んで投入率以上に掴める確率を高める

のは非常に重要ですね。





今回は番長で説明しましたが



これがモンハンになれば


低設定のリスクはもっと高く、


設定5,6の機械割りは悪くなるので


1/2以上で設定5,6



くらいにハードルが高くなってしまいます。


6狙いにしたいですが、5と6の判別は非常に難しいので

現実的に判別するなら5,6になってしまうでしょう。


これくらいでないととてもじゃないけど勝てないし

まともに打てたものじゃありません。





逆にエヴァなら


低設定は1000G以内にほぼ見切れるし


低設定で負ける額もどんなに悪くても2万以内には収まります。


高設定の機械割りも等価なら

4でも勝負になりますので


1/3で設定4以上


1/4で設定5以上


1/5で設定6


くらいハードルを下げることができます

これくらいでも、しっかり小役をカウントして判別すれば勝てます。


ボーナス間ハマっても小役はカウントできるので

出る出ない(展開)に左右されないのが最大の魅力


さらに設定6を捨てる可能性も非常に低い。

まさに勝つためには、いいとこだらけなわけです。





でも、こんなに条件を厳しくしたら



ART機なんて打てないじゃん!!ヽ(`Д´)ノ

ってことになりますよね?

まあ、その通りなのですが

じゃあどうすればいいのでしょうかね?




・このくらいの条件に合致する店を探す!


・負けを覚悟で引き勝負を挑む!



このどっちかしかありません。


自分は店を探しますが


ほとんどの人は引き勝負でしょう。


引きなんて自分でコントロールできるものじゃないのにね。


お店を探すのは時間もかかるし、

めんどくさいって人がほとんどだと思うのでね。


そもそも、そんな条件で打てる店なんてあるの?

ってなってしまいますよね。



だからこそ


ART機なんて軽い気持ちで打ってはダメ



なのです。


打ちたかったら打てる条件のイベントが来るまで待ちますね。

なので、番長を朝から打ったのは2度しかありません。



自分が実践で打っている機種を見ていただければ


わかってもらえるのではないでしょうか?



ART機を打つときは


『強い根拠』



これが絶対に必要です。


みなさんも、リスクとメリットと


実際に掴める確率をしっかり考えて機種選択をしてもらいたいですね。


だれも意味もなく、大負けなんてしたくないでしょ?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

猫侍さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。