岡田孝常のココロのコリをほぐす心理学

素直な気持ちを感じ、それを伝えていきたい。凝り固まったココロのコリをとっていきましょう。
心屋流 心理カウンセラー☆岡田孝常があなたのココロを緩めるお手伝いをいたします。


テーマ:

勝ち組とか

 

負け組とか

 

よく言っている人がいるけど

 

 

これって、

 

ずーっと

 

勝ったとか

 

負けたとか

 

が絶対的な尺度担っている人なんだなって思う。

 

だから

 

いつも

 

人と比較して

 

勝った負けたと

 

言って

 

一喜一憂している

 

人と比べても

 

その人には絶対なれないのにね

 

自分の事を

 

自分自身で見下してるのかもね

 

 

かつて、

 

自分自身にダメ出ししていた

 

昔の私へ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(5)

テーマ:

こんにちは、ダンディマスターの岡田です。

 

大手広告代理店の電通の社員の方が

 

長時間労働などが原因で自殺し、

 

労災認定されたということがありました。

 

 

1989年−91年にかけて、流れていたCM

結構流行りましたね。

 

当時私が新入社員だった頃のCM、

牛若丸三郎太こと時任三郎さんが歌っていたCMソングがヒットしましたもんね

 

当時は、24時間戦えるビジネスマンが美徳みたいな時代でした。

 

11月3日に開催するいかりんとのトークライブでの告知記事でも書きましたが

 

私も御多分にもれず24時間戦える会社員をやっていましたね。

 

1991年度の上半期、残業250時間というのを半年間やったことがありました。

 

非常に短納期のタイトな仕事、とにかく時間がない中での仕事で

 

すごく頑張っていたと思います。

 

あの頃はそれだけ働くことに美徳を感じていたんですね。

 

よくやっていたものだと思います。

 

なんか、リゲインのCMではないけれどもヒーローになった気分でした。

 

 

 

これ、25年たったら、これやっている人はなんと呼ばれているか

 

「社畜」と呼ばれて、扱いもぞんざいな扱いをされていたりします。

 

 

時代を経て、やっていることは同じでも扱いが違う。

 

価値観が変わってきているんですね。

 

 

でも、価値観は変わっても長時間労働をしている実態は

 

25年前よりも酷くなってきているのではないかと思います。

 

だから、社畜などと言われてしまう。

 

 

電通は夜10時以降は退社する通達が出て、

 

汐留のビルが真っ暗になっている写真を見ました。

 

その両脇のビルは煌々とライトが点いている。

 

なんだかなぁって感じてしまう。

 

これも第一歩だとは思うけど

 

 

 

休むって、とても大事です。

 

働きづめをしていたら、うつにもなるし、

 

体もいつかは壊れてしまう。

 

それがわかっているのに休めない。

 

休むことの罪悪感を持っている人、かなり多い

 

こんな罪悪感いつから持つようになったんだろう

 

この罪悪感をもっている人がたくさんいる会社は

 

休みが取れなかったりするんだろうな。

 

休むのも仕事の一つと考えれば休みやすくなるかも

 

 

休んだら、給料が減る、お金がなくなると思っている人も多い

 

それは妄想に過ぎないと思う。

 

 

ちゃんと休みをとる。

 

普段休みが取れてない人は

 

休むと決めたら、

 

SNS、メールなど一切の情報流入を遮断してみる。

 

そして何にもせずにひたすら寝てみるとか

 

 

意識して休んでみることをやってみたらいいと思います。

 

私の場合もサラリーマン時代は休んでなかったな

 

休まないのは罪悪感やお金がなくなるとかの不安から

 

お金がなくなる不安があるからその通りになる。

 

そして、サラリーマンをやめるという一番の恐怖を

 

覚悟を決めてやってみたら。

 

実際にはお金がなくなるということは起きなかった。

 

というか、結果はむしろその逆でした。

 

今は、自分の裁量で自由に休みが取れるし、

 

実際によく休んでる。

 

 

休む時には休むことに集中してみると

 

心にも余裕が生まれてきますよ。

 

仲間内でよく出てくる言葉、「ちゃんと働けよ!」

 

そんなのも余裕がなければ出てこない言葉なんだろうと思う。

 

 

■お知らせ

私が初めて始める連続講座

「ダンディの教室」あなたを身も心もダンディな人間に変身させる講座です。

11月5日開講 現在募集中です。

詳細お申し込みはこちらから

 

岡田が参加・主催する
 セミナー・イベントの情報はこちらで掲載しています。


心里All Love Cardネット販売サイト 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
さて、金沢弾丸ツアー2に続いての記事です。
 
金沢といえば、私の中では日本料理がうまい
 
というイメージがあります。
 
加賀百万石の優美さを感じるというか
 
江戸時代から引き継がれた伝統みたいなものを感じます。
 
{D25859D2-16D1-49CC-9CA7-F32FEC21CFC3}
今回、訪れたのは「銭屋」さん
 
金沢でも屈指の高級料亭です。
 
屋号は加賀大商人、銭屋五兵衛からとったものだそうです。

 

{21D9DF22-0EE0-497B-ABA5-EE30311A2878}

 

 

{6900DFC9-09AE-4D86-9FCD-3F1AC1F300F9}
こちら、座卓から反射して見えている照明
漆塗りなのでしょうか。拭き清められていて気持ちがいい。

 

 

{E6D425F5-CDE7-4D6C-9BE4-F2123BE140BC}

 

先付けは、菊と松茸のおひたし

{312A154C-2B7A-47EB-827F-171B2A074C8A}
椀ものは、まるどうふ(豆腐にスッポンの身が入ってる)を松茸の椀もの
出汁はスッポンだし、コンセプトは月とスッポンということでした。
これ、めちゃくちゃうまいです。

 

 

{E3BE2E28-2C7B-46FD-8728-570FA2D162A8}
お造り、よく熟成された魚のお造りは絶品です。

 

 

{F0C38E88-FEE3-4364-9BC7-1E2751082447}
揚げ物は松茸と胡麻豆腐の揚げ物
さすが、今が旬なんでしょう松茸が多い

 

 

{98AE0CA1-9C40-4193-A8F7-7950CBDAAC54}

 

八寸 栗の細工が職人技です。

 

{28EDE808-43DD-4AA6-A508-92EFF10D052E}
煮物 日本海側で今の季節といえば「のどぐろ」

 

 

{184F3D06-91A3-42D4-86F7-25B41FB89F23}
蒸し物 蓮蒸し

 

 

{7E0BA6E0-1CC4-4843-A093-8E05222E6884}
ご飯 アナゴの炊き込みご飯、ここにも松茸が入っていました。

 

 

{5FFEF4D1-3FAD-4F3C-94DB-8AEDCB4ADC66}
そして、最後はデザート 柿と塩麹のデザート
柿の完熟度が半端ない。どうしたらこんなもんが作れるのか
これも職人芸なのだと思います。
 
全てが美味いし、女将、若女将ほか仲居さんたちの接客も
よかったです。
女将さんはお話好き、楽しいお話を聴かせていただきました。
 
image
帰り際、女将からデザートと共に出していただいた
加賀棒茶をお土産でいただきました。
今日のトビラの会とかでもお出ししようかと思います。
 
今回の金沢弾丸ツアーの面々です。
とても楽しい変態なメンバーたちです。
 
金沢は冬場も思ったよりは寒くなさそうな感じなので
また、年内にもう一回はいってみようかなと思ってます。
 
しかし、1日ってボォーッと過ごしているとあっという間に
時間が経ってしまうものですが、
朝に東京を出て、金運神社を参拝して、紅葉散策して
金沢の料亭で日本料理に舌鼓を打ち、そして東京に帰る。
1日でいろんなことができるんだなって改めて実感しました。
 
時間はどう使うかは自分次第
 
動き回るもよし、休みまくるのもよし
 
やりたいことをやってればいいんだと思いました。
 
どちらも時間を有効に使っていることには違いないです。
 
 
自分にとってのいい時間の過ごし方やってみよう。
 
 
 

■お知らせ

私が初めて始める連続講座

「ダンディの教室」あなたを身も心もダンディな人間に変身させる講座です。

11月5日開講 現在募集中です。

詳細お申し込みはこちらから

 

岡田が参加・主催する
 セミナー・イベントの情報はこちらで掲載しています。


心里All Love Cardネット販売サイト 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)