こんにちは

 

OKANSHA整体スクール、手島です。

 

先日、

 

何度かメールでやりとりしている

知り合いが、

フランスから一時帰国しました。

 

その方、

 

パリでフランス料理のお店、

開いているのですが、、

 

 

北海道の田舎で育ったので、

 

食べたことがある料理のジャンルは、

和食」と「中華」くらい、、、

 

フランス料理ってなに?

 

そんな興味から、

料理の道に入ったそうです。

 

何年か日本で働いた後、

フランス語なんて話せない、

料理の経験だってまだ浅い、

 

でも、

 

●本場に行ってみたい、

●修行してみたい

 

そんな思いから、

 

フランスに渡ったそうです。

 

でも、

 

なかなか思うようにいかない生活が続き、

自分の思っていた料理とは、

かけ離れている現状を考えると、

 

今のまま続けても良いのか??

 

そんな日々が続き、

勤めたお店も半年持たないで辞めたそうです。

 

それから、

 

あちこちのレストランを回ったり、

ワインについて勉強したり

 

これからどうしたら良いか?

悩んだ日が続いたそうです。

 

そんなある日、

 

一軒のレストランが、

彼の人生を変えることに。

 

そこで出された料理は、

今まで見たり経験してきたものと違い、

 

形に囚われない自由な発想

 

そこで思ったのが、

”自分もこうありたい”、”考えていたのはこれだっ”

 

そんな風に”ピン”ときたそうです。

 

彼はその場でオーナーと交渉し、

見習いとして厨房に入ることができ、

修行がスタート。

 

何年かそこで働いたのですが、

 

当時を振り返ると、そこでの修行は、

 

毎日が楽しくて仕方なかった

と言います。

 

 

仕事なんだけど、楽しい爆  笑

これって凄く重要なことだと思います。

 

私たちのリラクゼーション業界も同じで

 

楽しくなければ続かないだろうし、、

 

お客様だって、

 

嫌いや施術している人から受けたくないショボーン

ですよねぇ??

 

塾長がよくいうのですが、

 

「OKANSHAでは強制はしないのですが、

”楽しむこと”

これだけは強制します」

 

なんて言います。

 

施術を習うのも一緒で、

楽しみながら覚えると、

 

”脳”に入りやすくなります。

 

あなたもこんな経験ありませんか?

 

”楽しい時間はなんであっという間に過ぎるの??”

 

子供の頃よくあったのでは??

 

あれは、

 

集中して新しいことを脳が覚えようとするから

 

脳科学者の方が、

雑誌か何かでそんなコメントしていました。

 

ちなみに、

 

そういう時の記憶って、

結構、

今も残っていますよねぇ??

 

なので、

 

楽しみながら覚えた方が効率良い

というわけです。

 

もうちょっと知りたい方はこちら、

 

セラピストとして自信が持てるようになれる勉強会はこちら

 

 

直接相談してみたい方、お問い合せは、

こちらからお気軽にどうぞ!

 

 

こんにちは、

 

OKANSHA整体スクール 手島です。

 

ここ何年か言われていることに、

人手不足”というのがあります。

 

売り手市場」言われるもので、

 

あまり好ましい話ではないのですが、

昨年の大手広告代理店の事件以来、

 

もちろん、

ブラック企業」というのは良くないのですが、

 

入社希望する側からすると、

 

自分が入りたい企業がどうなのか、

過度に警戒するようで、

 

今朝の

テレビで言っていたのですが、

 

自分が入りたい企業の周辺へ夜中に出向き、

社員が残業しているか、

確認するのだそうですびっくり

 

社内に電気がついているようだと、

スマホで撮影して入社を警戒する。

 

そんな事が放映されていました。

 

過度な残業は問題なのですが、

 

そこまで警戒し、

調査しないと、

 

自分の行きたい会社が決まらない、

 

そんな、

 

節操もない世の中に、

なってしまったのでしょうか?

 

ちょっと残念な気もしますよねぇ。

 

こう言った傾向は、

もちろん私たち、

リラクゼーション業界も同じようで、

 

今年に入り、

企業様からの求人募集に関する問い合わせ、

増えています。

 

企業様の人事担当者は、

おそらく藁をもすがる気持ちで、

電話しているのは分かるのですが、

 

OKANSHAとしても、

大事な生徒さんです。

 

簡単に紹介したけど、

1ヶ月、もたないで辞めてしまった

そんな訳には行きません。

 

生徒さん・企業様も、

残念な気持ちだけが、

残ってしまいますからねぇ。

 

出来るだけ、

 

求人されている企業様が、

 

・どう言った会社で、

・どう言う理念で活動しているのか?

・労働環境はどうなのか?

 

少しでも生徒さんが、

働きやすい環境なのか?

 

把握しておく必要がある。

そんな風に考えています。

 

 

なので、

 

出来るだけ、

求人を希望する企業様の人事担当者と

お会いする機会を持つようにしています。

 

やっぱり、

人を育てるのは、

企業の役割だと思うし、

 

私もそうして、

社会人の一歩を踏み出しました。

 

企業様の考え方で、

人って随分、

 

良い方にも、

そうでない方にも、

変わります。

 

なるべくなら、

OKANSHAと考え方が近い方が、

生徒さんの不安、ストレスも

少ないと思っています。

 

だって、

 

今だに私も

勤務先に出勤する最初の日の、

あの緊張は忘れられませんあせる

 

初めて経験する職種となると、

 

足だって、

ガクガクになる経験した事、

1回くらいありませんか??

 

そんな生徒さんの気持ちを考えると、

少しでも良い条件のところ、

 

例えば、

暖かく迎えてもらえる職場環境など、

 

そう言ったところ、

紹介したいと思っています。

 

実は、

 

今週も一件、

そんな企業様とお会いするのですが、

 

生徒さんが良くて、

雇い主の企業様が良くて、

施術を受けるお客さまさんが良い

 

そんな、

 

「三方よし」

 

そんな会社なのか、

注意してお話し聞いてみたいと思います。

 

もしかすると、

 

「では、そう言う、

OKANSHAの企業理念とか、

どうなの?」

 

と思うかもしれませんので、、

 

もう少しどんなスクールか、

詳しく知りたい方は、

 

在校生の方はもちろん、

すでに働いている生徒さんの声なども、

 

こちらに掲載していますので、

覗いてみてください。

 

 

セラピストとして自信が持てるようになれる勉強会はこちら

 

 

直接相談してみたい方、お問い合せは、

こちらからお気軽にどうぞ!

 

こんにちは

 

OKANSHA整体スクール 手島です。

 

整体師のお仕事もそうだと思いますが、

 

上手くいっている時と、

そうでない時ってあると思います。

 

順調な時は、

「行け、行け・ドンドン」

と言った具合で、

 

何もしなくても上手くいくのですが、

 

一旦つまずくと、

 

なんでだろう

昨日と同じことしているのに、

きっと、また上手くいかないのかな?

 

そんな、

 

負の連鎖、何ていますが、

 

それに陥ることありますよねぇ??

 

そんな時あなたは、

どうします?

 

厄払いするとか、

上手くいっている人のマネをするとか、

本を読むとか、、

相談するとか、

勉強会に行く

 

こんな感じでしょうか?

 

まっ、

厄払いは別かもしれませんが、、、

 

整体師として困っている時、

一番最初に改善したくなるのは、

 

恐らく、

誰にでも経験あると思いますが、

 

施術」とか「接客」。

 

お店を開いているひとだと、

「集客」について何てことも、

あるかもしれませんが。。。

 

所謂「テクニック」的なことが多いのかな?

 

もちろん、

 

こう言ったことも凄く大切なんですが、

 

昨日、

スクールで開催した勉強会で、

講師の先生から聞いた耳よりなこと、

ちょっと、シェアします。

 

先生のホントのお仕事は、

プロパンガスの販売に関することで。。。

 

家族や社員が、

健康で安全・安心に暮らすために、、

どうすれば良いか気を付けているそうです。

 

その一つだと思いますが、

 

代替医療・統合医療に興味があり

癌コントロール協会の会員でもあるそうです。

 

日本人の2人に1人は癌になる今の時代、

1日に何人亡くなるか知っていますか?

 

なんと1,000人だそうですえーん

 

恐ろしい話ですよねぇ。

私が住む市なんか、

一月くらいで住人がいなくなってしまうくらい。

 

先生は、

そういった人を少しでも無くしたい、

そんな思いから、

今回のような講演活動を行っているそうです。

 

一般的に癌になると、

多くの人は病院で治療を受けると思います。

 

治療する前に、

その人に合った治療を行うために、

必ず検査があるのですが、

 

ある検査をすると、

癌細胞を体に転移させる可能性があり、

専門化はやらない」なんて話もあるくらい。

 

「知っている」と「知らないでは」

ホント生死を分ける事もあるそうです。

 

怖いですよね~。

 

先生が言うには、

正しい知識を持っている人なんて、

「極わずか」

 

なので、

 

癌になったら誰に聞くか、

 

この人なら信用できる」、

体のこと全体が分かっている

 

そんな人を見つけて置く事が必要!!

 

先生の知り合いで、

京都の方と言っていたかな、

 

82歳で癌になり、

誰に聞いたら良いか調べて尽くし、

 

3か月くらいかかって、

先生のこと思い出して、

おたよりが届いたそうです。

 

先生も慌てて、

お話ししようと思ったら、

次の日の亡くなった。

 

そんな話を聞かされたそうです。

もう少し早く連絡もらえれば・・・

 

残念で涙が出たと言っていました。

 

繰り返しになりますが、

 

事前にしらべて、

どうするか決めておくことの重要性

仰っていました。

 

この話をあなたに当てはめると、

 

あなたには、

お客様のからだに何かあった時は

 

身体のこと全体が分かるので

 

「あなたの意見を聞きたい、」

「あなたの施術を受けたい」

 

と言う風な、

 

お客様から相談してもらえる人になっていて欲しい。

ということです。

 

その為には、

 

普段から正しい知識を身につけ、

「偉そうにしろ」と言うわけではないのですが、

 

お客様に情報提供し続ける事、

これが大切ではないのでしょうか?

(先生の場合は講演活動でしたが)

 

OKANSHA整体スクールではこういった

通信コースのかたでも受講できる勉強会も

開催もしています。

 

もうちょっと、

どんなスクールか聞いてみたい方はこちら

 

 

セラピストとして自信が持てるようになれる勉強会はこちら

 

 

直接相談してみたい方、お問い合せは、

こちらからお気軽にどうぞ!

 

こんにちは、

 

OKANSHA整体スクール 手島です。

 

先日、

整体師になりたいけど、

どうすれば良いんですか??

 

と言った、

問い合わせがありました。。。

 

こう言った質問、

結構いただくのですが、

 

この方の場合、

 

兵庫県にお住まいで、

介護の仕事をされているそうです。

 

以前は、

東京で格闘技のインストラクター、

12年間やっていたとか。。。

 

格闘技って、

 

体を使うので、

やっぱり体の仕組みとか、

前からご興味を持っていたそうで、

 

いつか自分も、

身体のこと学んで、

 

リラクゼーション関係の仕事、

やってみたい??”

 

そんな風に考えていたようです。

 

時間は経ってしまいましたが、

 

今、あらためて、

介護の仕事の現場にたち、

 

サービスを受ける方から、

「あっちが痛い、こっちが痛い」

 

そんな話、

聞いていると、

 

今がもしかしたら自分にとって、

 

身体のことを学ぶ機会なんじゃないか?

少しでも社会の役に立てるんじゃないか?

何か人のために出来るんじゃないか?

 

こんな風に考え、

 

今回、

電話していただいたようでした。

 

ちなみに、

「将来はどうしたいのですか?」

 

と聞いたところ、

 

勉強した後は、

やっぱり、

 

小さくても、リラクゼーションサロン、

自宅で開業できれば・・・

 

と言った具合でした。

 

スクールの生徒さんでも、

 

「今は無理でも、どこかのタイミングで、

自分で開業したい」

 

そんな風に考えている方、

結構多いですね〜ウインク

 

開業するにあたって、

私が感じていること、

 

ちょっと、

 

この方にもお話させていただきました。。

 

まず、

 

スクールで学んだことをベースとして、

開業はできると思います。

 

特に自宅を改装してオープンなら、

開業に必要なものとしたら、

 

施術のベット、

癒しのグッズ、

タオルとか

くらいでしょうか?

 

実際、

 

自宅の工場跡地を利用して開業した方、

「床にタオルを引いてまず始めた」

 

そんな方もいらっしゃいますので、

 

ホント限られたもので始められるのが、

リラクゼーション業界の利点だと思います。

 

 

お店を開業すると、

順調な時もあれば、

そうでない時もあります。

 

順調でない時に助けてくれるもの、

それって何だと思います?

 

 

そうです。

 

志を同じにする仲間です。

 

新しい技術」、「他がやっていない施術

と言うこともありますが、

 

技術は勉強すれば、

他の人でも出来るようになります。

 

でも、

 

「仲間」って、

相手があるものなので、

欲しくても手に入らない、

 

そんな事だってありますよね〜??

 

OKANSHAでは、

技術も身につけて欲しいのですが、

 

それ以外に、

 

生涯、通じ合える仲間を見つけて欲しい

そんな風に考えています。

 

そのために、

 

通学・通信に関係なく、

 

仲間と出会える機会、

たくさん用意しているんです〜チョキ

 

例えば、

 

月に何回か行われる教室開放日、

 これを利用した自主勉強会

年に4回ほど行われる野外実習

・年に2回行われる駅伝大会など

 トレーナーサービス実習

毎月1回行われる新しい技術を学ぶ勉強会

 

こう言った機会を利用することで、

同じ志を持つ仲間や講師の先生と

触れ合うことが出来、

 

イベントの後には、

懇親会も用意しています爆  笑

 

ちなみに、

 

スクールでは、

 

受講終了後からが、

本当のお付き合いと考えていて、、

 

実際、

 

何年か前の生徒さんなども、

実習や勉強会に顔を出してくれるんですよ〜。

 

どう言ったことをしているのか、

 

もうちょっと詳しく知りたい方は

ちょっと覗いてみてください。

リラクゼーションサロンを開業できる、

整体師育成通信講座はこちら

 

セラピストとして自信が持てるようになれる勉強会はこちら

 

 

直接相談してみたい方、お問い合せは、

こちらからお気軽にどうぞ!

 

こんにちは、

 

OKANSHA整体スクール 手島です。

 

4月も半ば、

 

この時期、

高校時代のことで

思い出すことがあります。

 

 

私の田舎の高校は、

バンカラ

なんて言って分かるかな??

 

校門をくぐって直ぐに、

文武両道”なんて、

書いてあるくらい

 

結構きびい学校で、

 

この時期、

入学して間もない生徒を対象とした、

 

「オリエンテーション」

と言ったかな?、

 

授業が終わった後だから、

 

16時くらいから、

夕方まで

体育館に集合させ、

 

体育館の縁台に立つのは、

気合いの入った「応援団」の団員、

 

そして、

 

顧問の先生だったと思います。

 

館内には、

椅子なんて用意してあるわけなく、

 

正座」。。

(痛かったな~えーん

 

まっ、

ずっと座っていると、

 

・足がしびれたり、

・具合が悪くなる生徒がいるので、

 

30分か40分に1回くらい、

休憩があったのでは??

 

そこで、

 

どんな事をしたか、

全部は覚えてないのですが、

 

 

たしか、

 

指揮する応援団の人が、、

ランダムに新入生を選び、

 

一人ずつ、

学校の「応援歌

 

それも、

 

確か3曲くらいあって、

どれも5番くらいまでの長編。

 

その中から、

 

何という曲の何番を謳いなさい

 

そんな感じだったと思います。。

(良く覚えたな~)

 

ちょっと思い出してほしいのが、

 

15歳の少年・少女。

思春期まっただなかですよねぇ~。

 

当時、

新入生は400人くらいいたかな~。

 

その中で、

 

一人、

正座の状態から立ち上がり、

歌うわけです。

 

 

間違ったらどうしよう

足がしびれたらどうしよう

恥ずかしい事はしたくない

 

そんな、

 

羞恥心の塊の少年たちですよねぇショボーン

 

まっ、

可愛いと言えばそうかもしれませんが、、

 

ちなみに、

 

何でこんなことを当時していたのか、

分かります?

 

別に、

応援歌を覚えさせることだけが、

目的ではなかったはずです。

 

僕が思うに、

経験」をさせたかったのではないか?

 

社会人になると、

 

沢山の人と会う機会が増え、

恥ずかしいことなんて、

「たっ~くさん」有る事、

覚えて欲しかったのでは?

 

人って、

 

経験を積むことにより、

以前これだけのことが出来たから、

今度は簡単だ」「難しくない

 

そんな感じで、

物事を前へ進めることが出来ます。

 

OKANSHA整体スクールでは、

勉強することも大切ですが、

「実践」して「体験」すること、

 

これを、

大事にしています。

 

例えば、

 

月に何度か教室開放日と言うのをご案内します。

生徒さん同士の自主勉強会の機会に利用できたり

 

年に2回、ボランティアで行う、マラソン大会や

駅伝大会でのアスリートを対象とした実習

 

年に4回ほど行っている地元のお祭りで、お金を

いただいて施術を行う実習。。。

 

特に、

 

お金をいただいて行う実習は、

緊張感が味わえるとともに、

 

ものすごい、

成長の機会になりますニコニコ

 

通学の方はもちろんですが、

通信のかたも参加でき、、

 

いつも、

通学生と通信制の割合は、

半々くらいかな?

 

こう言った実習の機会に、

 

普段、

話す機会が少ない通信の方と、

話をするのですが、

 

先生から手ほどきしてもらえ、得した気分!

楽しい仲間にあえて良かった

通信でもお客様のこっている所が

 掴めるようになった

ありがとうと言ってもらえて嬉しかった

 

こんな話をよく耳にします。

 

自分では分かっているつもりでも、

「実際は違った」

そんな経験は誰でもあるのでは??

 

思い違いっていうのですよねぇ~。

 

この微調整する機会が、

 

実際の体験なのだと思います。

(講師の先生もいるので安心!!)

 

こういった、

一つ一つ微調整した積み重ねが、

 

あなたが目標とする、

「将来お店を持ちたい」とか、

 

近くの目標だと、

「リラクゼーションの資格取得」

 

何かにつながると考えています。

 

何度もいいますが、

 

試してみる事

 

これが一番大切であり、

こういった機会を沢山利用する生徒さんは、

間違いなく早く成長しています。

 

スクールで学ぶことや実習などのカリキュラム、

もう少し知りたい方は、

 

たった3ヶ月でお客様を満足させ喜ばれる整体師になれる

整体師育成通信講座はこちら

 

セラピストとして自信が持てるようになれる勉強会はこちら

 

 

直接相談してみたい方、お問い合せは、

こちらからお気軽にどうぞ!

 

追伸:OKANSHA整体スクールは、私の母校の

高校のようにスパルタではないので安心してください