にゃ~っス。ってなんのことだか(笑)。

私は雑誌のお仕事の他にも、

新宿伊勢丹のWEBSITEや三越や高島屋などのデパートの、

パンフレットなどのお仕事をいただくことが多い。

 

 今回は大阪伊勢丹のリニューアルに際し、

インスタで超人気のスコティッシュフォールド、猫の「のんた」が、

星占いをするという企画が、代理店から持ち込まれた。

それを私が「のんた」になりきって書くんですよ。ふふふ。

 

 しかもそれを北アフリカのモロッコで絶賛お仕事中に、

頭を切り替えて猫になり切るというトンデモナイ企画をやっておりました。

「のんた」は超カワイイです。

 

ぜひぜひご覧ください。

http://osaka.wjr-isetan.co.jp/2nd/ 

 

 星占いは本格的に書きました。どうぞ!

 

 

AD

ミラノでのMOONBOOKイベントを終えて、

マラケシュに戻ってきました。

 帰国後、初のイベントのお知らせです。

プラネラリウムで星を眺めながら

新年に思いを馳せてみませんか。

 フリーイベントなので費用はかかりません。

詳細は以下に。

 

 

AD

今日の蠍座の新月は、いかがお過ごしでしたか?

新しい『MOONBOOK2017』は本日からお使いいただけます。

でもせっかく買ったはいいが、使い方がよくわからないという人も多いでしょう。

まずは、カレンダーの構造をご紹介。

これは今年の最終週、12月26日月曜日からの一週間。

26日の月曜日は新月に近づく鎮静の月(バルサミックムーン)が、

日付けのすぐ下に記されています。

MONDAYの文字のすぐ右には、♏のマークが。

つまり12月26日は、月が蠍座を運行していますが、

12:20には♐のマーク、つまり射手座に移動するということを現しています。

 

 

 それでは今週一週間のカレンダーをお見せしましょう。

今日の月は♏ 蠍座に位置し、AM2:38に新月になりました。

その後月は徐々に満ちていきます。

1日の23:44には月は射手座に移動します。

 

 このように毎日の月の位相、

そして星座に合わせて日々の生活を楽しく彩ることができます。

自分の心と向き合う月のカレンダーで、2017年を過ごしてみませんか。

 

MOON BOOK 2017MOON BOOK 2017
1,620円
Amazon

 

AD

9月下旬に発売された『MOONBOOK2017』は、

来年度版で14年目に当たる静かなロングセラー手帳です。

 

 月の満ち欠けが記された手帳が作りたい!と思ったのが2003年のこと。

2004年度版から作り始めて14年!

当時はソニー・マガジンズにお勤めだった

編集者、武居智子さんは、今ではご実家の旅館を継いで、

若女将をやりながら『MOONBOOK2017』の編集もやってくださっています。

 

 長年、雑誌媒体と仕事をしてきたので、

協力してくださる編集者の方が多いのは、本当に幸せなことです。

 

 さてELLE ONLINEの米原宏美さんとも長いおつき合いになった。

彼女のはからいで、今年も紹介記事と読者プレゼントページを作ってくださいました。

出版社・ディスカヴァー・トゥエンティワンから10冊のプレゼントを出してもらいました。

既に購入した方もいらっしゃると思いますが、

クリスマスプレゼントなどにもぴったりの手帳です。

どうぞご応募くださいね。

 

http://www.elle.co.jp/member/present/m16_1018

 

 

http://www.elle.co.jp/member/present/m16_1018/moonbook

関西方面にお住まいの方に。

『月のリズムとのつき合い方を知る

 2017年は新しい自分に出会う!」

10月22日(土)大阪朝日カルチャーセンター中之島教室にて、

『MOONBOOK2017』の使い方講座をやります。

 

https://www.asahiculture.jp/nakanoshima/course/7fa61035-1076-366b-b627-577f57309f4b

 

先日、自由が丘グリーンフラスコでも同様の講座を行いましたが、

定員50名ぶっちぎりの満席で、参加者のみなさんと和気あいあい。

10月は大阪でセミナーを行います。

2017年を月のリズムで暮らしたい方、ぜひ参加してくださいね。

 

 初めてちゃんとホロスコープを作り(21歳でした)、

太陽星座だけではなく、出生時の月の星座がわかったときは、

なかなか衝撃的だった。

 

 私は蠍座なのだが、子供の頃から

雑誌などで書かれている蠍座の性質に違和感を感じて、

あまり星占いを信じていなかった。

 

 集中力や忍耐力がある

神秘的なものに心惹かれる

秘密主義

研究深夜探究心が旺盛

孤独を愛する

 

 うっそ~。全然、当たっていない。

子供の頃の私は、社交的でなぜか飽きっぽく、

楽しいこと、美しいものが大好きでノンキな性格だった。

 

 自分の月の星座が「天秤座」だと知ったとき、

「そういうことだったのか~」と腑に落ちてしまい、

その経験が、占星術という魔法に深く入り込むきっかけとなった(笑)。

 

 女性にとって、月の星座はとても重要だ。

月は本能、無意識、フィーリング、(他者に対する)反応(リアクション)

普段の生活における習慣的な態度やふるまいを表す。

20代までは太陽星座より、月星座の影響を強く受ける女性は多く、

30代を過ぎてからのほうが、太陽星座の性質が強く出てくる場合も。

 私が翻訳など、集中力を必要とする仕事ができるようになったのは、

30歳を過ぎてからだ(笑)。

太陽星座の蠍座が、

より強く意識化されたからだろう。

 

 雑誌の12星座占いがピンとこない人は、

一度、自分のホロスコープをちゃんと作ってみるとよいだろう。

ホロスコープは、心理占星術では、あなたの魂のマップだと説く。

太陽や月以外にも、水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星の位置を調べ、あなたという小宇宙を読み解いていく。

http://rebone-ship.com/10-2-sinrikuza/

 

 さてようやく『MOONBOOK2017』が発売となり、

 

MOON BOOK 2017MOON BOOK 2017
1,620円
Amazon

 

MOON BOOK 2017MOON BOOK 2017
1,620円
Amazon

(すみません。2つも出てしまって、なぜかひとつ消そうと思っても出来ない!?)

今週末からいろんなところで発売記念イベントが行われるが、

毎年恒例、福岡にも行きます。

10月2日(日)は、参加者、一人一人のホロスコープを参考に、

心理占星術を教える講座もやります。

詳細は、以下のURLを御覧ください。

 

http://rebone-ship.com/10-2-sinrikuza/

 

九州方面の方の参加をお待ちしております!

 

 あっという間に9月ですね。

来年度版で14年目になる月の満ち欠け手帳、

『MOONBOOK2017』が17日に発売されます。

 

 大手書店並びにアマゾンなどのWEBSITEにて、

お求め頂けます。どうぞ来年度版もおひいきに。

 

 また昨年から書店だけではなく、

たとえばご自宅でサロンをやっていらしゃる方や、

ご自分でお店などのビジネスをしていらっしゃる方にも、

『MOONBOOK』を取り扱っていただけることになりました。

たとえば、ご自分のアロマテラピー教室でも売ってみたい、という方がいらっしゃったら、

どうぞご連絡ください。

 

 ロットは10冊からになります。

表紙を外すとこんな感じに。

 



 すっかりご無沙汰のブログですみません。
毎日、毎日、書いても書いても仕事が終わらず。

 それでブログにまで手が回らない。
木星の逆行は続く、という感じか。

 GWの始まる29日から、
風の旅行社主催のモロッコツアーが始まる。

砂漠とバラと迷宮のモロッコ

ベルギーのテロを受けて、
今、海外しかもイスラム圏に出かけるのが怖い!
という人は多いでしょう(笑)。

 あまり大きな声では言えませんが、
イスラム圏の中でもモロッコは一番、安定した国でしょう。
移民を多く抱えるフランスやベルギーなどに比べて、
どこかみんなのんきですもんね。

 面白いもので、参加してくださる方はみんな、
「どこにでも危険はある。人生は楽しまなくっちゃ」というスタンスなのがありがたい。
私は、持てる知識と情報、そして渡航歴20回以上の経験値から、
頭をフル回転させながら、参加者のみなさまをフォロー致します!

 今回、サハラ砂漠に2泊するのですが、
その2泊目の予約が取れなくて、
現地スタッフとスカイプでやり取りしていたら、
デザートキャンプも悪くないと。
最近流行りのグランピングというやつね。
砂漠にラグジュアリーテントを設営して、
夜は星を眺めながらテントで寝るというもの。

デザートラグジュアリーキャンプ

 ここで星を眺めたら最高だ。

 ところで現在、お一人様で参加する方がいて、
ツアーメイトを1人、募集中です。
一人部屋だと料金が高くなってしまうので、
もう一人、お一人で参加する方がいると、リーズナブルです。

 出発な4月29日ですが、まだ申し込めますので、
砂漠で星が観たい、ダマスクローズにまみれてローズウォーターを作りたい、
マラケシュやフェズの迷宮を散策したい。
美味しいモロッコ料理、タジンや砂漠の砂に埋めて作るベルベルピッツァが食べたい!
と思う方は、上記のリンクへ。

 今日は新月前日。
決断するなら牡羊座の新月がいいかも。
 


 昨年5月にモロッコの「バラの谷」で経験した、
ダマスクローズの蒸留話が、
やっと記事になりました。

 少し経緯を説明しておく。
長年、雑誌に携わっているので、
今までにも多くのモロッコ取材をやらせてもらった。

 ただし雑誌は最初に編集部の意向があり、
それに見合ったレイアウトが決められる。

そういう形になれてしまってはいるが、
もっと突っ込んだ取材をしてみたい、と思うと、
もはやそれは本を書くしかない。

 今回の蒸留体験は、最初から媒体を考えるのはやめようと思った。
つまりまったくお金にならなくてもいいから、
この貴重な経験を純粋な気持ちで味わってみたいと思ったのだ。
連れて行ってくださいと名乗りを上げたパリ在住のカメラマンさんは、
女性誌の海外取材、
とりわけリュクスなホテル取材なども多くこなしている大ベテラン。

 その彼女に「ごめんね。仕事にはならないと思うけど、
それでもよければどうぞ」と念を押して参加してもらった。

 そして地道な営業をして、「うちで発表してもいいですよ」と
快諾してくれたのがCREA WEBだったわけです。
WEBの場合、文字数を気にしなくてもいいので、
結構長い原稿となり、3回シリーズで
書かせてもらえるように。

 それが結果的には良かったと思っている。
とまあ、前置きが長くてスミマセン。

 FACEBOOKでは既にアップしていますが、
ブログのみの読者の方は、こちらからご覧ください。

岡本翔子の『モロッコ バラの蒸留物語』①

さて②回めは、こちらから

岡本翔子の『モロッコ バラの蒸留物語』②

 GWには、このバラまみれ体験ができるツアーもやります。
興味のある方は、こちらをご覧ください。

砂漠とバラと迷宮のモロッコ

①年にたった2週間しかないバラの収穫とGWが重なっているのが、
悩ましいところですが(飛行機代が最も高い時期なんですよね)。


★『MOONBOOK2016』出版記念PARTYのご案内★
 9月18日、土星が蠍座から抜けた直後に、
来年度版『MOONBOOK2016』が発売となり、
セミナーや記念講演など忙しく飛び回っておりますが、
出版記念PARTYをやることにしました!


 「ただレストランを借りてじゃ、つまんな~い」といつもの悪い癖が出て、神保町
にあるサカキラボ  というキッチンスタジオを予約。
「また昨年同様、スタッフと私で料理でも…」と考えているうちにすばらしいアイデアが浮かびました。

イメージ映像です。山内くんの作るカラフルな前菜たち。

 私が1年に約2,3ヶ月、滞在しているモロッコのマラケシュに、かつて伝説のレストランがありました。
旧市街の外れのカスバ地区に『橘』という料理店があり、
そこはマラケシュ在住の外国人が夜な夜な通うサンクチュアリ(聖域)でした。
そこのエグゼクティブシェフで、現在は鎌倉でランティミテ というビストロをやっている山内裕樹くんにPARTYのお料理をお願いすることにしました。お料理ライブもお楽しみに。
 


  
 会場の音楽は岡本の大好きなインディペンダンスとカウンターカルチャー
を軸として展開してきたポップミュージックの真髄、
ヴェルヴェット・アンダーグラウンドや
マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン
80年代ニューウェーブから90年代オルタナティブなどなどで埋め尽くします。
(うるさくはしません・笑)

もみじ★日時 11月1日(日)14:00~16:00

コスモス★場所 神保町 サカキラボ (上記のURLでアクセス方法をご覧ください)

¥★会費 6500円 (『MOONBOOK2016』1冊込み)

 既にセミナー等でお買い求めのみなさまには申し訳ありませんが、
お土産の一冊は、ご友人へのクリスマスプレゼントにでもしてください♪


 限定40名を予定しております。
お一人参加の方、気まずい思いはさせません。
お話相手をご紹介させていただきます。

 
 メモ参加希望の方は、岡本の秘書 上楽までメールで参加希望とお伝え下さい。
メールアドレスは moonbook.sk★gmail.com     ★をアットマークに変えてください。
moonbookとskの間には、ドットが入っています。
事務局から詳細をお送りいたします。

 さて岡本は11月上旬にはいつものようにマラケシュに向けて出発。
その直前にみなさまにお会いできるのを楽しみにしていま~す。

 コスメなどのお土産が出るかも~。それはこれから某ブランドにお願いに上がります。