image

新月が過ぎてからのアップになります。                image

蠍座の新月前日、イタリアのミラノにある『エノテカワイン』にて、

『MOONBOOK2018』のイベントを行いました。

image     imageimage

 

 蠍座の新月にふさわしいカラブリア州のCIROという赤ワインを、

ソムリエでこの店の共同オーナーでもある吉田希世美さんがセレクト。

参加者にはソムリエも多数いらっしゃったので、

ブラインドでこのワインを味わい、時間がたつほどにどんどん香りや味が変わっていく、

複雑玄妙なワインを楽しみました。

 最後に少しこのワインを残しておいて、同じカラブリアのンドゥイヤをつまみに、

最後の一滴まで堪能しました。

 ミラノでのイベントを、蠍座の新月前日に行えたのは、やはり星の計らいでしょう。

希世美ちゃんは、その昔『CAZ』(扶桑社刊)という情報誌を連載していた時の

担当編集者でした。その後、イタリアに渡り、ソムリエとなり、ワインショップをオープンさせました。

そして私たちは3年目から、この『MOONBOOK』イベントをイタリアで開いています。

 

 私はマラケシュからミラノに飛び、このイベントを楽しんでいます。

参加者のみなさんに、2018年の星の動向をお話しして、

それぞれが今後1年間をどう過ごすかを、心に刻むという素晴らしいイベントを行えたことを、

蠍座の新月に感謝したい。

 不屈の精神力を授けてくれるこの新月に導かれて、

長い間、仕事を続けてこられてよかったと思います。

 

 どうぞみなさんも素敵な週末をお過ごしくださいね。

image

 以下、拙著『ムーンマジック』からの抜粋です。

 

蠍座
強い目的意識
不屈の精神力
粘り強さ
ゼロからスタートする潔さ
自己変容の力
旺盛な探究心
意志堅固
人の心を見通す洞察力
口の堅さ(秘密保持)
性的な魅力
神秘性
磁力的な魅力(カリスマ性)
自己コントロール能力
タブーを超える力
集中力
策略家
物事の核心に迫る力
孤独に強い
ヒーリング能力
自己浄化作用
危機管理能力

●扉―蠍座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
 蠍座の季節は、10月23日頃に始まります。
秋も深まり、木々を彩る紅葉もやがては朽ちて土に返ります。
生命の循環、死と再生のサイクルを感じる季節となります。
外界に向けていた意識を、
ゆっくりと自分の内側へと向けてみましょう。
自分の心の内部に深く分け入ることで、
大きな実りがある時期です。
 蠍座の新月は10月23日以降、11月22日頃までに起こります。
この新月には、物事の核心を見抜く力があります。
探究心や不屈の精神力も授かるので、
掲げた目標に向けてすばらしいエネルギーと集中力を発揮できます。
また人の心を見抜く洞察力も備わります。
ウソや秘密を暴き、人の本音にダイレクトに切り込む力を持ちます。
その力が自分に向けば、
あなた自身の心の深層にあるものに気づく手助けとなるでしょう。

人は案外、自分自身をも欺くもの。
たとえば子供の頃に受けた心の傷がトラウマとなり、
人生のみならず仕事や恋愛に対しても
臆病になってしまうことがままあります。
心の問題の核心を包み隠し、
それが悪いパターンとなって、
あなた自身の成功を妨げている場合もあります。
蠍座の新月は、そんな悪いパターンを崩し、
自分を浄化する方法や根本的な自己変容を促す力を授けてくれるのです。
ゼロからの再スタートを切りたいときにも、
この新月は思い切りのよさを発揮して人生を立て直す力を与えてくれます。
またこの新月のすばらしさは、
セックスを通じてだれかと深く関わる喜びに気づかせてくれること。
セックスは恋愛における重要なコミュニケーションです。
蠍座の新月のもとでは、だれもが磁力的な魅力を放ち、
好きな人を性的に惹きつける力を身につけられます。
また蠍座の新月は、危機的状況に対し、
それに屈しない精神力を持っています。
敢えてリスクを冒してでも、
その状況を根本から変革する勇気こそ
、蠍座・新月の賜物です。
そして戦いに身を投じ疲れ果てた際には、
すばらしいヒーリング機能で自己再生を促す力をもたらします。
この新月は天性のセラピストです。
またこの日は、神秘的な物事に心が向かうようになります。
この世の謎を解き明かしたい、という気持ちも芽生えます。
蠍座の新月のもとでは、
だれもが謎解きをする楽しさに目覚めるでしょう。


 

AD

〈この日は特殊な新月、日食。 日食は3:26〉
 約一ヶ月前の7月23日は、獅子座の最初の度数で新月が起こりましたが、
2017年は、獅子座で2度新月が起こるのが特徴です。

 私事ですが、今年の7月23日は、
私にとって感慨深い日となりました。
獅子座の新月の日に、私は長年続けて出版している月の満ち欠け手帳、
『MOONBOOK2018』(来年度版で発売は9月22日です)のまえがきを書き終わりました。

2004年度版から15年続くムーンダイアリーです!

数ヶ月に続いた楽しくも苦しい執筆の日々が、
まさに獅子座の新月の日に終わったのです。
物事の始まりと終わりを象徴する新月を
幾度となく経験してきました。

 月のリズムで暮らす楽しさ、不思議さを実感しています。
人生の大きな節目にはいつも『月』の存在がありました。
最近の私のもうひとつのお仕事、モロッコを日本に紹介したり、
取材を行ったり、バラの蒸留を行いそれを原稿に書いたり…。

 その始まりもやはり「新月」が関わっています。
ある新月の日に企画を立て、それが奇跡的に通ってしまい、
私のLabour of love が形になり始めたのです。
lobour of love-好きで始めた仕事とでも訳しましょうか。
報酬を考えず、「好き」という情熱に導かれて行う仕事を、
レイバー オブ ラブ といいます。

お金になるかどうかはさておき、

やりたいからやる!と覚悟を決めると、

お金は後からついてくるものと、人生で学びました。

 今また、「好き」が高じて仕事になってしまいそうな企画があります。
今日の獅子座の新月は、とてもクリエイティブな力があるので、
アイデアを練ったりするのもよさそうです。

 今日の2度目の新月は獅子座の終わりの度数で太陽と月がぴったり一直線に並ぶ、
特殊な新月の形=日食となります。

 この2度目の新月は、日食を伴うので、
いつにも増して不思議な力を持ちます。
獅子座は何よりも裏取引を嫌い、
公明正大さを尊ぶ星座です。
日食には、世の中の不正や欺瞞を明るみに晒す力があるので、
この日前後数日間、政治や経済面でスキャンダルが発覚したりする可能性もあります。
個人的には、自分に正直に生きる人を、
獅子座の新月は応援してくれます。
あなたの信念を貫く過程で、
障害に出合う場合もありますが、
勇気を持って前に進みたい日です。

 日食の影響は、その後、数か月続きます。
この日近辺に起こったこと、
またこの日に誓いを立てたことの余波は、
しばらく続くかも知れません。

 

 獅子座の新月に関するより詳しい説明は、

拙著を御覧くださいね。

 

https://ameblo.jp/okamotoshoko/entry-12295034465.html


また一ヶ月前の『獅子座の新月』ブログを参考にしてみて。

 

 

AD

 

                
日本時間8月8日、AM3:11に、

水瓶座の15度25分で満月が起こります。
この満月は食を伴うので、部分月食となりますが、
台風が近づいていて、今現在は月が見えない状況です。

 この満月は獅子座の15度に位置する太陽と、
水瓶座の15度にある月で形成されますが、
獅子座の12度に位置する火星の影響を受けます。
あなたが正しいと思うことを、
火星の力でゴリ押ししないように気をつけたいものです。


 水瓶座的な目標“理想的な社会を作ること”が同時に、
獅子座的なテーマ“自分自身を輝かせること”につながれば、
この満月の力を最大限に発揮できます。


『MOONBOOK2018』(ディスカヴァー・トゥエンティワン刊)は9月下旬に発売予定です。
 水瓶座の満月に関して拙著『ムーンマジック』(KKベストセラーズ)からの抜粋を。

水瓶座の満月時のメッセージ
偏屈な所を改める
屁理屈をこねて抵抗しない
お金や現実を疎かにしない
他者と深い心の絆を結ぶ
自分の中にある欲望を否定しない
協調性を持つ
物事をすぐに諦めない

●水瓶座の満月時に気をつけるべきこと
 水瓶座の満月は、夏も盛りの7月23日以降、
8月22日頃までに起こります。
水瓶座の新月に始めたプロジェクトから、
ちょうど半年が過ぎました。
満月には物事を結実させる力があります。
水瓶座の新月時に願をかけたプランが、
軌道に乗ってきたのを実感する人もいるでしょう。
新月の願いが成就する方向に進んでいる場合は、
迷わず前進してください。

 満月のときはエネルギーのレベルが高まり、
厄介なことも起こりやすくなります。
なぜなら満月は月が最高潮に満ち、
よくも悪くも結果がはっきりと現れる時期だからです。
水瓶座の新月に始めたプランがあまりうまくいっていない場合は、
ここで再検討やバランス調整を行うとよいでしょう。
 水瓶座の新月には、
どの新月よりも停滞した状況を劇的に変化させるパワーがあり、
あなたの中にある「自分自身を変えたい」
という願望を叶える手助けをしてくれました。
どこから手をつけてよいか途方に暮れるような懸案事項に対しても、
まるで「目からウロコ」が落ちるような、
飛躍的なアイデアを授けてもくれました。
しかし「善いことをしている」と信じて動いた結果、
予想外に周りとの軋轢が生じてしまったことはないか。
また「人と同じことをしたくない」という偏屈さに支配されて、
自分自身がより良く変われるチャンスを、
みすみす逃してきたことはないか。
水瓶座の満月時には、この半年を振り返り、
真に夢を叶えるための微調整を行うとよいでしょう。

 また水瓶座の満月のときは、
いつも以上に理想に燃え、
何か社会的に意義のある活動に従事したくなります。
その結果、目の前の現実やお金の問題が
すっぽり頭から抜け落ちてしまうことも。
恋愛面でも相手との理想的な関係を模索して、
自分の中にある欲求を無意識に押し殺してしまう傾向があります。
また物事に執着を持つことがあたかも罪悪であるかのように感じられ、
他人と深くコミットすることをためらい、
簡単に物事を諦めてしまったりするのです。
 確かに水瓶座の新月は、
あなたに自由な精神やすばらしいインスピレーションを授けてくれました。
しかしこの満月は、
それをもっと身近なレベルで活用するように促しています。
水瓶座の満月は、あなたが成長するための試練を授け、
夢を叶える手助けをしてくれるでしょう。


 

AD

 そろそろ衣替えの季節。

初夏の風にうっすらと肌も汗ばみます。

6月9日(金)の満月は射手座で輝きます。

昨日の月も綺麗でしたね。

 

 太陽が双子座で月が射手座の満月といえば、

トランプ大統領のホロスコープを思い出します(笑)。

大風呂敷を広げたり、一度決めたことを撤回したり。

ちょっとそういう傾向がある日です。

おまけにこの満月(太陽が双子座18度、月が射手座の18度)と

魚座の14度に位置する海王星がTスクエアを形成。

幻想的な海王星が自我の境界線を溶かし、

自他の区別を曖昧にします。

「世界をよくするために」と壮大なビジョンを熱く語り、

無意識には自分の利益につながることを正当化していないか?

自問自答して見る必要があるかも。

 

 とはいえ射手座の満月は人々を解放的にさせます。

この日は、停滞した人間関係に新しい風を入れるよいチャンスです。

射手座は海外に関係する星座なので、

外国人と交流したり、

海外の珍しい食べ物を食べたりするとよいアイデアが湧きそうです。

 

 ちょうど今日、私の海外取材レポートもCREAWEBでアップされました。

ご覧くださいね。ヘアケアブランド、ケラスターゼのプレストリップについて。

写真がすごく美しいし、行った気になっていただけたら。

ケラスターゼの新製品のプレゼントもありますよ。

http://crea.bunshun.jp/articles/-/13296


 

 

 今日は、外国人シェフのいるレストランなどに出かけるのもおすすめです。

日本語以外の言葉で話をすると、発想の転換が起こり、

現在抱えている問題に解決策が見出せるかも知れません。

ただし射手座の満月の日は、

何かと暴走しやすく節度に欠ける傾向が。

飲み過ぎや失言などには気をつけて。

 

以下、拙著「ムーンマジック」(KKベストセラーズ)からの抜粋です。

 

●願いをかなえるために使いたい射手座の満月パワー
ときには自分の直感を疑ってみる
性急に結論を導き出さない
日常生活を退屈だと決めつけない
大風呂敷を広げない
約束をちゃんと守る(それが口約束だったとしても)
自分が考える“正義”を人に押しつけない
独りよがりのコミュニケーションを改める

●射手座の満月時に気をつけるべきこと
 射手座の満月は、たいてい5月22日以降、6月21日頃までに起こります。
射手座で新月が形成されたのは、約半年前のことですが、
月が満ちては欠ける自然のサイクルをいくつか経て、
新月時に立てた誓いに何らかの結果がもたらされる頃です。
満月は物事を成就させる力がある一方、
潜在していた問題を浮き彫りにさせるパワーも秘めています。

 射手座の新月に計画したプランが順調に進んでいれば、
迷わず前進してください。
その逆で壁にぶつかったり、
あなたの行く手を阻止しようとする動きなどがあった場合は、
一旦立ち止まり、軌道修正を加えたほうがよいでしょう。

 射手座の新月は、どの新月よりも熱狂的に、
「すべてのものごとには意味がある」と信じる力を与えてくれました。
この新月のもとで、あなたは明るい未来や自分自身を信じ、
目標に向かって邁進してきたはずです。
しかし「自分は善いことをしている」という気持ちがあるせいか、
人にぶしつけな態度を取ったり、
無遠慮に人の心に土足で入り込んだりしたことはないか。
自分の将来の夢やプロジェクトに周りを巻き込んでおいて
、途中で放り出すという失礼なことをしてこなかったか。
射手座の満月時には、
この半年であなたが無自覚にしでかした失敗の後始末を
きちんとする必要性に迫られます。

 また射手座の満月のときは、いつも以上に気分が高揚し、
人の意見を聞かずに自分の話に終始する傾向があります。
もっとインタラクティブなコミュニケーションを心がけないと、
恋愛でも仕事でも相手に失望されかねません。
また直感に頼り過ぎるのも問題です。
思い込みが判断ミスを生み、
せっかくうまくいっていた「射手座の新月の願い」も、
ここに来て大失敗の憂き目に合うことも。
そうならないためには、事実関係をちゃんと確認し、
あわてて結論を出さないようにしたいものです。

 確かに射手座の新月はあなたに、自由な世界へと羽ばたく勇気や情熱を授けてくれました。
しかし自由を謳歌するには、
それに伴って生じるさまざまな事柄に責任を負う覚悟が必要です。
射手座の満月時には、
あなたが考える理想郷へと至る道筋で生じるさまざまな試練が待ち受けます。
日々の生活を疎かにするものに夢は叶えられないということを、
この満月に教えられるでしょう。
 

今年に入ってから、ものすごいスピードで、
いろんなことが動いている。
 私がよく講演などで言っている「人生は二毛作」を、
実践するような出来事が続いている。
 本業以外の仕事が増えつつある。
みなさん、40代ぐらいから好きなことに専念していると、
50代になってからそれが仕事になったりしますよ。

 2月の終わりに、
京都のお茶の先生方に招かれて、
「モロッコのミントティーの入れ方講座」をやることになった。
 その前には、GWに行う『砂漠とバラと迷宮のモロッコ』ツアーの説明会もやる。
『岡本翔子さんとモロッコ夜会』
https://www.facebook.com/events/178427962639224/

そこでも、ミントティーを入れつつ、
イスラム圏で役立つアラビア語講座などもやる予定。
さらに3月後半には、某カード会員誌で、
「日常の世界からどこかへ飛翔させてくれる旅」として、
モロッコ取材を行う予定。
クリエイティブなことができそうな予感。


  日付が変わって今日は水瓶座の新月だ。
どこからともなく不思議なインスピレーションが降りてくる。
懸案事項に「そうか!その手があったか」と、
突然、発送の転換で解決策が見える場合も。
この新月には射手座の土星がセミスクエア(45度)で睨みを聞かせている。
直面する問題が困難であればあるほど、
それを乗り越えるクリエイティブな力が生み出せるはずだ。

 もみじどうぞ今年初めての新月の日を、
みなさんそれぞれが有意義に過ごせますように。


 台湾から帰って、ちょっとお疲れ気味だったが、
今日はなんだか気持ちが引き締まる感じがする。
水瓶座の新月が、「私じゃなければダメなんだ」という
個々のオリジナリティを発揮できそうな「何か」を指し示してくれるだろう。

みずがめ座水瓶座のキーワード
自由奔放
独創的
ユーモアのセンス
革新的
人道主義的
博愛精神
独立心が強い
知的でクール
ユートピア(理想郷的)思想
友愛
意見の違いに寛容
理解力がある
友好的
エキセントリック
前衛的
発明の才がある
未来志向
グループ活動への興味
反権威主義
科学的
人間そのものへの興味

●扉―水瓶座の新月の長所(伸ばしていったらよいことなど)
水瓶座の季節は、新年が始まりしばらくした1月21日頃に始まります。
寒さは一段と増しますが、空気は澄み夜空には星が瞬いています。
広大な宇宙に想いを馳せると、
自分というちっぽけな存在も宇宙の一部であることが理解できるはずです。
水瓶座の新月は1月21日以降、2月18日頃までに起こります。
この新月は私たちに、個人の利益優先ではなく、
もっとグローバルな視野に立って物事を行う力を授けます。
あなたのやりたいことが、ひいては人類にとって利益となるかを、
水瓶座の新月はふるいにかけるのです。
環境問題や人道的な活動に関わるのもよいでしょう。
共通のテーマや目的を持つ人々とネットワークを築くチャンスです。
大いなる理想に向けて第一歩を踏み出してください。
またこの日には、停滞した状況に革命的な変化を起こす力が授かります。
現状をブレイクスルーしたい、という気持ちが高まるはずです。
今まで思いもつかなかった方法で、
抱えている問題に解決策を見い出せるのも、水瓶座の新月の力です。
またあなたの中に眠るユーモアのセンスや
独創的なアイデアを、水瓶座の新月は刺激します。
あらゆる種類の創作に自由な発想をもたらし、
実験的な試みを応援します。
また最新テクノロジーと呼ばれるものと、
この新月は親和性があります。
最新機器を使って新しい可能性を見い出したいときにも、
水瓶座の新月はあなたの手助けをしてくれるでしょう。
水瓶座は博愛精神に満ちた星座です。
恋愛において、嫉妬や独占欲にがんじがらめになったときにも、
この新月は力を貸してくれます。
恋の妄執から覚醒させ、
相手の自由を尊重できるようになるでしょう。
水瓶座の愛は、友愛もしくは同志愛に近く、
男女の恋愛を超越しているからです。
この日は、人間そのものへの興味や好奇心が高まります。
自分と異なる意見を持つ人とも、
わだかまりなくつき合えるので、
新しい友だちを作るのにも最適です。
水瓶座の新月のもとでは、自由な魂の飛翔が感じられます。
価値観を共有する人々と、精神的につながる喜びを味わいたい日です。










 

1月も早、2週目となり、       

お正月気分も薄れてきました。

新年明けてからほぼ晴天が続き、

毎日、夕暮れになるとまず金星を見つけ、

2日には月と金星の最接近をベランダで1時間ぐらい眺めていました。

 そこから毎日、月は満ちて上弦となり、金星とは離れて行き、

あっという間に満月です。

 

 その間、雨で天体観測ができなかったのはたったの1日だけでしたね。

2017年は金星&月の競演で始まり、

いつになく「星の時間を生きている」実感があります。

 

 さて蟹座の満月です。

いつもは拙著『ムーンマジック』の文章を抜粋しているのですが、

今回は『MOONBOOK2017』のコラムを掲載することにします。

 

 さて水曜日から月は蟹座を運行中。            

デュッセルドルフ在住の蟹座の友人が帰国しています。

私たちは、私がロンドンに住んでいた80年代から、

お互いの家を行ったり来たりして遊んでいました。

当時彼女はドイツのベルリン芸大に通っていて、

ベルリンにもよく遊びに行きました。

 当時はなんと!ベルリンの壁がまだ存在していて、

壁を通り抜けて、東ベルリンのオペラハウスにワーグナーを聴きに行ったり、

西側の壁に近いクロイツベルグにあるレコードショップや、

ナイトクラブなどで遊んだものです。

当時のことを思い出すと頭の中でデヴィッド・ボウイの『Heros ヒーローズ』が流れる。

 

 

ヒーローズヒーローズ
1,512円
Amazon

 

 そんなわけで、かに座蟹座の満月の日に、

寺田倉庫で開催されているデヴィッド・ボウイ展に、

蟹座の友人と出かけてきます。

実は『料理通信』がまだ書けていないのですが、

蟹座の満月だから、親友とのお出かけを優先だな。

 

かに座蟹座の満月に行うといいこと!!
2017年1月12日(木)22♋27 20:35
2017年最初の満月は、1月12日(木)に天の蟹座で起こります。
この満月は蟹座の月と山羊座の太陽が180度の関係になるため、
私生活と仕事とのギャップにストレスを感じる人もいるでしょう。
あなたの感情は、家族や恋人、親しい友人といった
本当に大切な人と親密に過ごすことで安定します。
だから仕事のおつき合いよりも、
プライベートを優先したい日です。

 これから親しくなりたい、家族になりたいと思う人を、
思い切ってデートに誘ってみては。
そもそも月は蟹座の支配星なので、
いつにも増して感情が高ぶりやすい日となります。
眠る少し前に、
リラックス効果の高いハーブティなどを飲むのもよいでしょう。

 アメリカ先住民たちは、1月の満月をウルフムーン(狼月)、
アイスムーン(氷月)、プレイプーン(遊び月)と呼んでいました。
澄み切った夜空に浮かぶ月を観て、
あなたは何を想像するでしょうか?

 

 

 

 いよいよ年末も押し迫ってきました。

12月29日になった途端、月は射手座から山羊座に移り、

午後3:53に山羊座で新月となります。

 

 昨日は年上の山羊座の友人宅へ。

アメリカ国籍の友人は、長い間、マーケティングのプロとして、

企業のコンサルなどをしてきたが、太陽(山羊座の15度)に冥王星が合(0度)となった

今年の初め頃から、仕事の質が変わり始めてきている。

 「死と再生」をテーマとする冥王星が山羊座の太陽を刺激して、

今までとは全く違う分野の仕事が始まりつつあるという。

 太陽が11ハウスにある彼女だが、ある団体と関わりを持ち、

地球環境を改善することを主眼に置いた新しいプロジェクトを立ち上げたばかりだという。

それが欧州やアジア圏を巻き込んだ壮大なプロジェクトになるという。

 

 冥王星は甘くない星なので、ここに至るまでの間、

相当な葛藤があったことだろう。

冥王星が太陽に来ると、

象徴的な意味での”自我の死”が訪れる。

今までの自分が死に、焼けつくされた灰の中から”新しい自分”が不死鳥のように蘇る。

そんなわけで昨夜は彼女の家で夜遅くまで、占星術談義に花が咲いた。

 

 さて今回の新月には、魚座を運行する海王星や火星がセクスタイル(60度)を作るので、

今日は夢や目標を実現するための想像力や行動力がもたらされる。

 

 この新月は、一年の終わりに自分を見つめ直すと同時に、

”未来の私”に向けて具体的に種をまく象徴的な一日になるだろう。

 

 以下、拙著『ムーンマジック』(KKベストセラーズ刊)から抜粋。

 

山羊座
誠実
責任感が強い
現実対処能力がある
忍耐強い
根気がある
秩序を重んじる
自己管理能力
禁欲的(ストイック)
慎重
努力型
社会性がある
自分に厳しい
野心的
冷静沈着
孤独に強い
古風(クラシック)な魅力
仕事熱心
計画性がある
時間配分が得意
ムダを嫌う
経済的
伝統を重んじる

●扉―山羊座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
占星術では、冬至を山羊座の始まりの日と定めています。
冬至は毎年12月22日頃になります。
一年で最も太陽が低く昇り、日照時間が短い時期です。
年末年始を含むこの季節は、いつになく厳かな気持ちになり、
新年の目標を真剣に考えるようになります。

山羊座の新月は、たいてい冬至の日以降、
1月20日頃までに起こります。
山羊座は社会性を要求する星座なので、
仕事上の目標について思いを巡らしたり、
社会における自分の評価が気になる日になります。
山羊座の新月は、目標を設定し、
それに向けてコツコツと精進するよう、
あなたを促します。

計画を立て、それをオーガナイズし、
黙々と働くことで、成功を勝ち取ることができるはずです。
山羊座の新月は、仕事への責任感や自己管理能力をも高めてくれます。
長期的展望に立ち、しっかりとスケジュールを組み、
目標達成に向けてストイックに立ち向かう力を授けてくれます。
またこの新月は、今あなたが抱えている課題から逃げずに、
努力して解決するよう要求します。
そしてその課題を解決したあかつきには、
なんらかのご褒美を与えてくれます。

またこの日は、華美に傾いた生活のムダを取り除く力を有します。
余計なものを削ぎ落としたシンプルな美しさを追求するよい機会です。
経済面での見直しを図るのにも適しています。
そして恋愛においては、できない約束で相手の信頼を失うよりも、
控えめでありながら誠実な愛情を相手に注ぐよう促します。
愛とは好きな人に対して責任を持つことだと、
山羊座の新月は教えてくれるはずです。

また山羊座の新月は、秩序や規則(ルール)を好み、
あなたに時間の感覚を授けます。
生活や仕事において自分独自の規則(ルール)を設け、
期日や締め切りを設定してみてください。
人生は永遠ではなく、“限界”があると知れば、
おのずと時間を惜しんで、
やるべきことに意識を集中できるようになります。

山羊座の新月は私たちを、
ゴールに向かって孤独な戦いを挑む長距離ランナーに仕立てます。
しかし努力の果てには、
必ず栄光が待ち受けているはずです。

 

 一ヶ月ぶりにマラケシュから帰国して、

いつも通りにお仕事しています。

ニュースを見ると、失言大魔王のトランプ大統領が、

「台湾を中国の一部とみなす「一つの中国」の原則には縛られない」

と言った発言を受けて、アメリカ政府は火消しに追われている。

 

 さっすが、双子座で月が射手座という満月生まれのトランプ氏。

(本日の満月とは、太陽と月の位置がひっくり返っていますが影響は大)

この満月にはさらに失言なんだか戦略なんだかわからない言動で、

世界を騒がせるかもしれません。

 

 さて本日の満月は、太陽が射手座の22度、月が双子座の22度。

射手座の太陽に近くには土星が19度でコンジャンクションしている。

柔軟宮(双子座・乙女座・射手座・魚座)の20度付近に重要な星がある人々は、

「Think twice before speaking -しゃべる前に二度考えよ」

という言葉を思い出したほうがよいかも(笑)。

 

 私の今年最後の人前に出るお仕事は、今夜、足立区のギャラクシティで講演です。

 

 参加費フリーのイベントなので、お時間のある方は、どうぞ気軽にいらしてください。

本日14日は、双子座流星群が最大になります。

ただし満月の明るさで、流れ星を見る条件は厳しいでしょう。

ギャラクシティでは、

プラネタリウムのドームに双子座流星群を飛ばすという演出を行います。

集まったみなさんとともに、「星に願い」を込めます。

 

 それでは双子座の満月については、

拙著からの抜粋をご覧ください(『ムーンマジック』KKベストセラーズ)。

 

双子座満月のキーワード
一貫性のなさを改める
おしゃべりを慎む
すぐに反応せずに熟考する
言葉の背後に潜むものに敏感になる
優柔不断な態度を改める
社交辞令ではなく本心を語る
モラルを重んじる
単なる知識を生きた知恵に変える

●双子座の満月時に気をつけるべきこと
師走が近づく11月23日以降、
12月22日頃までに双子座の満月は起こります。
双子座の新月に始めたプロジェクトから、
ちょうど半年が過ぎました。
満月には物事を結実させる力があります。

 双子座の新月時に心に誓ったことが、
軌道に乗ってきたのを実感する人もいるでしょう。
新月の願いが叶う方向に進んでいる場合は、
迷わずに前進してください。

満月のときはエネルギーレベルが高まり、
厄介なことも起こりやすくなります。
なぜなら満月は物事が成就する時期であり、
よくも悪くも結果がはっきりと現れる時期だからです。
双子座の新月に始めたプランがあまりうまくいっていない場合は、
満月時に再検討や微調整を行うとよいでしょう。

双子座の新月には、どの新月よりも情報収集力があり、
知的な好奇心を呼び覚ます力がありました。
「知りたい!」という欲求に従い、
何かを学習&吸収するためにアクションを起こしたはずです。
しかし好奇心のおもむくままに動いた結果、
どれもこれもが中途半端な状況に陥っていないでしょうか。
また何よりも「面白さ」を追求した結果、
人の気持ちを無視したり、
ややモラルに反することもよしとしてこなかったか。
双子座の満月時には、この半年を振り返り、
真に夢を叶えるための微調整をする必要があります。

双子座の満月のときは、いつにも増して頭が冴え、
なんでも早くやりこなそうと焦りが生じます。
その結果、態度に一貫性がなくなり、
一度決めたことをひっくり返したりしがちです。
対人面でも余計な一言を口走ったり、
そうかと思えば社交辞令に終始して、
心から人と信頼し合うことが難しくなります。
気持ちがはやるときは深呼吸を心がけ、
すぐに答えを出さないようにするのも得策です。
また 物事の表層ではなく、背後に潜む真実に目を向けるようにすれば、
もっと深い部分で人と通じ合えるようにもなります。

確かに双子座の新月は、知的好奇心を呼び覚まし、
何かを学ぶ喜びを与えてくれましたが、
せっかくの知識も使わなければ宝の持ち腐れです。
この満月は、この半年であなたが身につけた知識を
実生活に役立てる方法を模索せよと促しています。
集めた知識に命を吹き込み、生きた知恵へと昇華させることこそ、
双子座の満月があなたに与えたミッションです。

 

 

 

 

朝起きたら空が青い。

新月はもうすぐ。

ドライバーの友人に電話をして、

「イトゥナーン ウーリカのスークに連れて行って!」

アブデルカリームは私のモロッコでの植物の先生だ。

ドライバーで植物の先生。シバとサルミイヤ(アブサンとセージのお茶を入れてくれる)

 雪をいただくアトラスを見ながら車を飛ばす。

旅・冒険・探求が射手座の新月のキーワードだ。

明るい未来と自分を信じる心が育つ日。

自由になれる翼が生える日でもある。

 

 大阪の朝日カルチャーセンターの射手座の担当者からメールが来た。

「明日(29日)は私の誕生日で、定年の日を迎えました」

新しいスタートの日ですね。

ここから始まる第二ステージをどうぞ楽しんで。

ベルベル語を教えてもらいました。SHOKOってこう書くそうです。

 

 日本のお天気はどうでしょうか?

私は、ちょっと新しいことを始めようと思っています。

「もう年だから」「私には無理かも」などと思わないで、

新しいことを楽しんでみようと思っています。

 

 どうぞみなさんも素敵な一日をお過ごしください。

きっといい日になりますよ♪

 

 以下、拙著『ムーンマジック』(KKベストセラーズ)からの抜粋。

 

 

射手座
自由を愛する
オープンマインド
柔軟性がある
率直
熱狂性がある
快活・活発
真理の探求
広い視野
博識
向学心がある
発展的
未来志向
知識欲旺盛
楽観的
(人生に)意味を求める
神への忠誠心=宗教心がある
哲学的思考
予言的な直観力がある
異文化への興味
旅行を愛する
放浪性がある
探検好き

●扉―射手座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
射手座の季節は、11月23日頃に始まります。
師走が近づき、街はイルミネーションで輝き、
なんとなく心が躍る季節です。
来るべき新年に向けて、
明るい希望に胸が膨らみます。

射手座の新月は11月23日以降、
12月21日頃までに起こります。
この新月には、物事の明るい面を照らす力があります。
そこには恐れも疑いもなく、
ただ明るい未来と自分自身を信じる心だけが存在します。
自分の内側からパッションが沸き起こってくるのを感じてください。
今の状態から自由になりたいとき、
また未知の世界へと足を踏み入れたものの、
心に不安がよぎったときなどにも、
射手座・新月は、常に物事の善い面を見る楽観性を授けてくれます。

恋愛のステージにおいても、
射手座の解き放たれた矢は、
恋に向かってまっしぐらに進んでいきます。
好きな相手に対し、自分の想いをストレートに伝えたいときこそ、
この新月は類稀(たぐいまれ)な率直さで自分の情熱を伝え、
相手を感動させる術を知っています。
また過去の経験から恋愛恐怖症に陥っている人には、
頑なな心を解きほぐし、
何かに熱狂的になる心地よさを教えてくれるでしょう。

また射手座の新月は、あなたに旺盛な知識欲や向学心を授けます。
ここでいう知識とは、単なる情報収集ではなく、
やや深遠な学問に関する理解力を表します。
語学・教育・哲学・宗教・法律などは、
射手座の新月が得意とする分野です。
この月は、それらの学問を通じて、
人生で起こるあらゆる経験にはどれも意味がある
ということを指し示してくれるはずです。

旅行や冒険、探求というテーマも、
射手座の新月の得意分野といえます。
この日には、外国や異文化への興味や憧れが高まります。
実際の旅行だけではなく、
読書や瞑想などを通じて得られる精神や知性の旅も、
射手座・新月が司るものです。
何ものにも、どんな人にも縛られたくないという
自由への憧れが強いモチベーションとなり、
あなたを冒険へと駆り立てていきます。

射手座の新月のもとでは、
だれもが“自由な旅人”になれます。
自分の可能性を信じ、
明るい未来に向けて第一歩を踏み出せる日になるでしょう。

 

 

 日本時間では既に14日になりましたが、

私が滞在するマラケシュではまだ13日の夜。

ベランダから満月一日前の月が見えます。

 

旧市街のジャマ・エル・フナ広場を歩いていたら、

東の空からかなり大きな月が上ってきました。

今日は日曜日なので、広場はモロッコ人の家族連れや観光客、

そして現在開かれているCOP7(環境会議)関連の人々でごった返していました。

 さらに反対側のクトゥビアのすぐ上には、ザフラ(アラビア語で金星)が輝いていました。

 今回の牡牛座の満月のテーマは下記に記しますが、

私の中では「変化する勇気を持つ」というのが心に響きました。

ほぼ5年間、春と晩秋を過ごしたrue de la liberteのアパートがなくなり、

rue yougoslavieの新しいアパートに移りました。

 こういう変化も受け入れつつ、マラケシュライフを楽しんでいます。

 

 満月の日はちょっとハイになりすぎて失敗も多くあります。

あまりの人、人、人でタクシーが捕まらなく、

結局、旧市街から新市街まで歩いて帰りました。

 カフェルネッサンスのラウンジに行き、

バージンモヒートを飲みながら満月前日の月を観賞していました。

 

 日本のみなさんは今夜になりますが、

どうぞ素敵な一日になりますように。

 

以下、拙著『ムーンマジック』(KKベストセラーズ)

 


からの抜粋です。

 

牡牛座の満月のキーワード
変化する勇気を持つ
怠惰で不精な面を改める
所有欲から解放される
強情さを改める
価値観の多様性を認める
愛着のあるものや人にしがみつかない
周りの人々の利益もちゃんと考える

●牡牛座の満月時に気をつけるべきこと
牡牛座の満月は晩秋に近づいた10月23日以降、
11月22日頃までに形成されます。
牡牛座の新月からほぼ半年の年月を経て、
新月に始めたプロジェクトにもそれなりの結果がもたらされます。
月が徐々に満ちるように、
新月で始まった方向性は、頂点に達します。
牡牛座の新月にかけた願いが、
軌道に乗り始めたのを実感する人もいるでしょう。
計画事がうまく進んでいる場合は、迷わず前に進んでください。

「牡牛座の新月の願い」がちっとも叶えられないと感じる場合は、
自分の心に「それが本当に必要なのか」と問いただすと同時に、
その後の流れで何が物事の成功を妨げているのかを考える必要があります。
満月には物事の本質や問題点を明るみにさらす力があるのです。

牡牛座の新月には、どの新月よりも物事を継続させる力がありました。
物事を成し遂げようとする強い意志の力が働き、
目標に向かって努力もしてきたはずです。
しかし自分のやり方に固執するあまり、
ある種の停滞に陥っているのに気づかないということはないか。
もしくは方向転換の必要性を感じながら、
ついつい怠け心から現状維持に甘んじてこなかったか。

 牡牛座で満月が起こる日は、
この半年を振り返り、
「牡牛座の新月の願い」が成就するために、
バランスを取ったり、再検討をするとよいでしょう。

牡牛座の満月のときは、普段よりも強欲になり、
お金や自分の所有物にこだわります。
モノだけではなく、恋人やパートナーを独占したい
という気持ちも強まります。

 その結果、自分の欲望に振り回され、
自分自身を抑圧することになりかねません。
この期間は、あなたが執着するものから
いかに解放されるかがテーマになります。

 また牡牛座の満月特有の頑なさが、
自分と異なる価値観を持つ人々を排斥する傾向も。
価値観の違う人々の意見にも耳を傾ける柔軟性こそ、
この期間に必要なことだと心に留めておきましょう。

確かに牡牛座の新月は、
物質的な豊かさを追求する力を授けてくれましたが、
それを全うするには周りの協力が必要です。
この満月は自分の利益のみならず、
周りの人々にもその恩恵が預かるようにするにはどうすればよいのか、
あなたに問いかけます。
牡牛座の満月が与える試練をしっかりと受け止めて、
もう一度夢に向かって前進してみましょう。