4月下旬から北アフリカのモロッコに滞在している私。

何度も何度もモロッコのマラケシュに通ううちに、

こちらでの仕事も徐々に増えてしまい、

結構楽しくノマド生活(遊牧民のような)を続けています。

 

 こちらでは本当に月が近い。          

毎日の月の満ち欠けがリアルに感じられます。

今日は大西洋岸の町、エッサウィラに出かけたので、

帰ってきたのが夜。満月の記事のアップが遅れてしまいました。

日本との時差が現在サマータイムで8時間。

日本ではもう12日ですね。

マラケシュの今夜は曇り。珍しく月が見えませんでした。

 

  遅くなりましたが、満月の記事をアップします。

 

 みなさん、満月の日はいかがお過ごしでしたか。

 

以下、拙著『ムーンマジック』KKベストセラーズ刊からの抜粋

蠍座満月のキーワード
思い込みの激しさを改める
他人への警戒心を解く
ゼロかすべてかではなく、妥協を学ぶ
無意識に人をコントロールする癖を改める
金銭管理に関する苦手意識を払拭する
自己破壊衝動を改める
人を“赦す”ことを学ぶ
●蠍座の満月時に気をつけるべきこと
 蠍座で満月が起こるのは、たいてい4月21日以降、
5月21日頃までの期間です。
蠍座で新月が形成されたのは約半年前のことですが、
そこから月が満ち、そして欠けていく自然のサイクルをいくつか経て、
約半年が過ぎました。

 この満月には、蠍座の新月に願ったことに対する答えが用意されています。
満月には物事を成就させる力があります。
蠍座の新月時に始めたプロジェクトのいくつかは、
それなりの成果を上げているはずです。
新月の願いがよい方向に進んでいる場合は、
気を抜かずにそのまま前進。
いまひとつよい結果が出ない場合は、
プランを見直す必要があるし、
軌道修正を行ったほうがよいかもしれません。

 蠍座の新月には、どの新月よりも、
人を根本から変容させる刷新力や浄化作用がありました。
この新月のもとで、子供の頃から抱えている心理的な問題解決に挑んだり、
また仕事や恋愛における“悪いパターン”を改善するべく、
誓いを立てた人もいるでしょう。
しかしこの新月は両刃の剣で、
何かを改善しようとする過程で、
それを邪魔する存在を思いきりよく切り捨ててしまう傾向があります。
ALL OR NOTHING(オールオアナッシング)という解決法ではなく、
妥協を学んで心地よい着地点を見つけたほうがよい場合もあります。
また自分の欲求を正当化して、
無意識に人を操作しようとしてこなかったか。
また精神性を重要視し過ぎて、
お金の扱いを軽視するのも問題です。

 蠍座の満月は、あなたの夢を叶える過程で生じる
問題点を白日の下にさらす力があるのです。
 また蠍座の満月のときは、
いつも以上に“自分のやり方”にこだわったり、
他人に対する猜疑心が強くなったりして、
よりよい変化のキッカケを自ら潰してしまう傾向があるのです。
もしくは物事がうまく行かないと自暴自棄になり、
今まで築き上げたものを破壊したりしてしまうことも。
この満月には底知れぬエネルギーがありますが、
それを破壊的な方向ではなく、
建設的な方向に振り向けるようにしなければ、
新月時のプランの成功は遠のいてしまいます。

 確かに蠍座の新月はあなたに、
すばらしい集中力や物事の本質を見抜く洞察力を授けてくれましたが、
夢を叶えるにはときとして妥協や順応性も必要になります。
この満月は問題に直面したときに、
人を断罪するのではなく、赦すことを学べとあなたを促します。
真摯な気持ちで受け止めて、あなたの夢に一歩一歩前進してください。


 

AD