大阪のモロッコフェアが終わり、友人のモロッコ人姉妹(カメリアとフェイルーズ)が帰国し、
MOONBOOK2017の原稿がほぼ終わって、ほっとひと息ついています。


モロッコ発オーガニックコスメブランド
アン・ドートル・テルムの創始者、フェイルーズ博士とは、
まだ1年半くらいのつき合いなのだが、
世代が近いせいか、共通の話題も多い。
お互い母国語ではない英語で話をしているのだが、結局は自分が興味のある分野のボキャブラリーを相手も知っていれば、
どこまでも会話が成立することになる。

このなんとも知的な姉妹は、日本のあらゆる美術館に行きまくり、日本滞在を十分堪能したようだ。



最終日にはうちの近所の川端龍子記念館に連れて行き、
特別展「草が実る」を観た。記念館に隣接する川端龍子のアトリエも、
運良く入ることが出来て、館員の説明を私が英語で通訳しながら、
画家が設計した美しい日本家屋や仏像、アールデコ風の装飾品などを見学した。

カメリアはディスレクシア(難読症)の研究をしていて、
言葉に対するセンスが抜群だ。射手座で直観的なのだ。

それに対するフェイルーズは、どこまでも論理的に思考する科学者だ。頑固な獅子座(笑)。
私たちは映画やアート、建築、ハーブなどなど縦横無尽に会話を楽しんだ。



その中でカメリアが話してくれたモロッコにおけるテロリスト摘発の実態が、
抱腹絶倒だった。

イスラム圏というだけでテロの危険を心配する人が、日本では多いという話しを
うちの夫が2人にしたら、待ってましたのばかりに二人が身を乗り出して、
面白い話をしてくれた。

カメリア、口角泡を飛ばす勢いで
「モロッコほど安全なイスラム圏はない。なにしろ警察がスゴい。
というか一般市民が警察よりも目を光らせているからね。
ある男が毎日、パン屋にパンを買いに来ていた。
毎日、毎日20個のもパンを買っていく。
それがいつも一人で、家には家族も子どもの姿もない。
変でしょう。可怪しい!と思ったパン屋が警察に密告したところ、
テロリスト予備軍が部屋に潜伏していて、捕まっちゃったのよ」

するとフェイルーズも身を乗り出し、
「タバコ屋が気づいたケースもあるのよ」というので、
私が「わかった。一人のくせになんカートンもタバコを買っていくから怪しい!とか(笑)」
と茶々を入れたりして。

カメリア曰く
「と~にかく、どいつもこいつも警察顔負けなんだから」
「そう恐るべき密告社会ってことよね」と盛り上がった。

日本を充分楽しんだ彼らは、
「次回のモロッコは私たちの家にぜひ!
あなたの家はもうマラケシュに2軒あると思って」と言ってくれた。
フェイルーズの家は新市街にあってマルシェのすぐそばで、
私の通うスポーツクラブから歩いて3分。

カメリアの家はタルガといってマラケシュの新市街から、
車で10分くらいだが、夫である建築家が立てた素晴らしい家で、
広大な庭がある。言語療法士をしているのでセラピールームもある。

そんなわけで私にはマラケシュに素敵な家が2軒できてしまった。
でも私にはピエールのアパートメントもあるので、
家には不自由しないマラケシュとなった。


AD


最強に忙しい夏を過ごしています。
正確な満月は今朝7:57AMでしたが、
明け方まで仕事をしてしまったので、
ブログのアップが遅れました。

先週から大阪梅田の阪急百貨店で開催されていた
モロッコフェアに出張しておりました。
祝祭広場での講演『月と暦とモロッコ』や
コトコトステージでは『アルガンオイルを使ったアムルーの作り方』
セミナーを2回。そうこうしているうちに月はどんどん満ちて、
今朝、山羊座で満月を迎えておりました。



この満月は山羊座の27度40分で起こるので、
幸い山羊座を運行中の冥王星とは度数が離れている。
ギリギリ4度のオーブで牡羊座の24度に位置する天王星と
Tスクエアを作るのが特徴。
時間に追われて周りに対しイライラをぶつけたりしないようにしたい。

私は朝から来日中のモロッコ発オーガニックコスメブランド、
アン・ドートル・テルムの創始者、
フェイルーズ博士とそのお姉さんのカメリアを連れて、
近所の池上本門寺に出かけました。



お寺のお参りの仕方などを説明するうちに、
おみくじの引き方も説明。
見事に『凶』を引き当ててしまった私ですが(笑)、
ちゃんと境内の木に結んできました。
ま、厄落としということで。ははは。
どうぞ素敵な一日をお過ごしください。

晴れ くもり 雨 雷 晴れ

山羊座
豊かな感情表現を学ぶ
理性だけではなく本能の声にも従ってみる
素直に人に甘えてみる
他人に厳格な点を改める
状況や人を仕切ろうとする癖を改める
物事を悲観的に考えない
金銭面で利己的なところを改める(うまい言い方はないか?)

●山羊座の満月時に気をつけるべきこと
山羊座の満月は、たいてい夏至の日以降、
7月22日頃までに起こります。
約半年前の年末年始の頃を振り返り、
山羊座の新月に始めたプロジェクトを思い起こしてください。
満月には物事を成就させる力があるので、
新月時の願いに何らかの結果がもたらされる時期です。
新月に願いをかけたことが、
軌道に乗り始めたのを実感する人もいるでしょう。
それがよい方向に進んでいれば、
そのまま努力を重ねてください。

しかし山羊座の新月に始めたプランが、
いまひとつ思うような結果になっていない場合は、
ここで軌道修正やバランス調整をする必要があるのです。

山羊座の新月は、どの新月よりも野心的且つ生真面目で、
あなたの中にある仕事への責任感や自己管理能力を目覚めさせました。
山羊座の新月のもとで、
あなたは仕事上の地位や名声を夢見たはずです。
またこの新月は無類の修行好きなので、
自分のライフスタイルを厳しく律し、
目標を達するためのオーガナイズ能力なども授けてくれたでしょう。
しかしあまりに最短距離で物事を達成しようとして、
利己主義に陥ったり、
他人の感情を無意識に踏みつけにしたりしてこなかったか。
また野心のため、知らず知らずうちに自分の感情を押し殺し、
抑うつ状態に陥ったことはなかったか。
満月の期間は、この半年を振り返り、
「山羊座の新月の願い」が成就するために
必要な微調整を行うとよいでしょう。



山羊座の満月のときは、
普段よりも悲観的に物事を捉えがちで、
恋愛に関しても最悪の状況を想像しては、
それに対する心構えをしたりしてしまいます。
自分が傷つかないために、
心が予防線を張ってしまうのです。
相手に信頼されたいからと、
気丈なフリをしてしまうのも問題です。
ネガティブな感情を払拭し、
明るい未来を信じるようにしましょう。
そして好きな人に、もっと素直に甘えられるようになれば、
恋愛も人間関係も劇的に好転して、
「山羊座の新月の願い」も成就されやすくなります。

確かに山羊座の新月はあなたに、


地道な努力を重ねて成功を勝ち取る方法を授けてくれましたが、
周りの人々を味方につけなければ遠回りをすることになります。
この満月は、自分同様、
人にも厳しさを要求しがちなあなたに試練を与えます。
人を管理するのではなく、信頼して愛することができたら、
山羊座の新月時の願いは叶えられやすくなるでしょう。


AD


夏至の日から蟹座が始まり、
徐々に月は欠けて今日は新月になる。

世界のイスラム圏では、そろそろラマダン終了が間近だ。
イスラム暦は月のカレンダーに則っているので、
新月に始まり、新月後の細い月が観測された後、終了となる。
雨が降ったり、曇りで月が見えないと、ラマダンは明けない。
世界中のイスラム教徒が心をひとつにするラマダンであるはずが、
またまたダッカで悲惨なテロが起こってしまった。

私が10年ほど前に通っていたアラビア語の学校では、
読み書き、会話、文法などを習った。当時、スーダン人のアフマド先生という人がいて、
「コーランには興味があるかね」と宗教勧誘されたことがある(笑)。
「ええまあ、すべての宗教に興味があるので、比較宗教学に興味あり」と答えると、
次の授業の日に一冊の本をくれた。
それが日本語とアラビア語が対訳になっているコーランだった。
既に井筒俊彦センセイの「『コーラン』を読む」(現代岩波文庫)を読んでいたので、
それは嬉しい出来事だった。



近年ではコーランの中にハーブなどの記述があるのを見つけたりもして、
キリスト教ともストーリーを共有している「ユーセフの章」なども時々読んだりする。
「ユーセフの章」はとても美しいストーリーだ。

最近ではモロッコ初オーガニックコスメブランド『ネクタロム』創始者である、
ベルカメル博士とスカイプで文通などしていて、そのやり取りをアラビア語でやっている。
花の写真を送り合ったりして、「この名前、なんていうの?」とか
「ライラトル カドル(みいつの夜)って、ラマダンが明ける何日前のこと?」
などと他愛のない文章を、
アラビア語で書くのが快感だ。

私にとってはめくるめく”知の世界”としてのアラビア語なのだが、
こうまでその解釈が多様化してしまい、
コーランがテロのエクスキューズに使われたりするのが
本当に悲しい。

被害者にも加害者にも家族があったはずであり、
本来ならば家族や愛するものを育む力が一層増す蟹座の新月の日なのに、
全く残念だ。

この新月は太陽と月が蟹座の12度で合〈コンジャンクション)となっている。
想像力やヴィジョンを司る魚座11度に位置する海王星とは、
ほぼぴったりトライン(120度)だ。
海王星は自分と他人との境界線を溶かす惑星だ。
今日は自分以外の他者に対する共感能力が高まる日でもある。
人の心の痛みを黙って受け止める感性が、このアスペクトにはある。

お天気はいまいちですが、みなさん、どうぞ素敵な夜をお過ごしください。
そして離れて暮らす家族や大切な人がいたら、連絡を取り、
あなたの素直な気持ちを相手に伝えましょう。

以下、拙著からの抜粋です。『ムーン・マジック』(KKベストセラーズ刊)

蟹座
想像力(イマジネーション)が豊か
共感能力(人の気持ちに寄り添う)
同情心に富む
ロマンティスト
受容的
母性本能
帰巣本能
人との絆を大切にする
育成能力
自己防衛本能が発達
経済観念に優れる
記憶力&暗記力
模倣性に優れる
旺盛な生活力
経済観念
優れたホームメイカー
安全性を重視
無条件の愛
過去への愛着心(伝統回帰の心)を持つ
物語を作る才能

●扉―蟹座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
占星術では、夏至を蟹座の始まりと定めています。
夏至は毎年6月22日頃になります。
一年で一番太陽が高く昇る時期ですが、
日本では梅雨時に当たり、空気に湿気が混じってきます。
と同時にウェットな気持ちに支配され、
物思いに耽る日も多くなるでしょう。

蟹座の新月は、たいてい夏至の日以降、
梅雨明けが待ち遠しい7月22日頃までに起こります。
この日は、理性よりも感情が主導権を握ります。
そもそも蟹座の支配性は月なので、
月本来の機能を発揮しやすいのでしょう。
感受性がいつも以上に敏感になり、
周りの雰囲気などを受けやすくなります。
デリケートな心を安心させ「ここにいれば安心できる」
という場所を求める気持ちも強くなります。

蟹座の新月には、生活全般を見直し、
あなたにとって居心地のよい家や人間関係を築く力があります。
家計にも目を向けさせ、「経済が安定していないと不安に駆られる」
という悩みを取り除く手助けをしてくれます。
精神的な安定が得られてこそ、
好きなことや将来の目標にまい進できるようになるからです。

またこの日は、自分を育んでくれた家族や
親しい友人・恋人などへの愛着が強まります。
蟹座の新月のすばらしさは、
愛するものを守り育てる力や、
彼らに対する無条件の愛を発揮する力があることです。
さらには「だれかに守られたい、保護されたい」
という気持ちも強まります。
そんな心の声に従い、愛する人に自分の身を委ね、
素直に甘える勇気を持ちましょう。

仕事を共にする人々と、
まるで家族のように結束を固めるよい機会となります。
仕事仲間のために人肌脱ぐ義侠心を発揮できるのも、
蟹座の新月の賜物です。
人の気持ちにも敏感になれる日なので、
相手が何を望んでいるのかを察知して、
その人の感情に寄り添い、
より親密になれるよう動いてみましょう。

また蟹座は記憶に関わる星座と言われます。
過去への愛着は、古きよきものへの興味と関心を呼び覚まします。
蟹座の新月は、伝統的なものを学び、
それを模倣することでやがては自分のものとする能力をも
授けてくれるでしょう。

蟹座の新月のもとでは、
だれもが想像力を発揮してストーリーテラーになれます。
あなた独自の物語を創り上げる最良の日となるはずです。

AD
THE BOOK OF WORLD HOROSCOPES』より、
イギリスのホロスコープ

先週は、まさかのイギリスEU離脱のニュースに湧いた。
あの日(5月23日)の月は革命や独立を象徴する水瓶座の月。
若い頃、ロンドンで暮らしていた私は、
固唾を呑んでニュースに見入っていた。
最近、ロンドンに行くとセガフレドやコスタコーヒーを始めとする、
カフェが到るところにある。好きじゃないけどスタバもいっぱい。
コーヒー好き(と言いながら紅茶も大好き)の私にとっては悪くないのだが、
その昔、ロンドンには美味しいコーヒーを飲める店などなかった。


当時の私のお気に入りは、SOHOにあるイタリアンバー、
『BAR ITARY』で飲む濃いエスプレッソやカプチーノだった。
レギュラーコーヒーなら、ピカデリーホテルか、
アールスコートのトルバドールというカフェしか、
まともなコーヒーを出す店などなかった。
あ、80年代の話ですが。

ブツブツ文句を言いながら、
その不便さが大好きだったのだ。

ちなみに占星術では各国に星座があると考える。
私がロンドンの英国占星術協会で勉強していたときに、
よく使ったイギリスのチャートは、
1066年12月25日、ウィリアム征服王がイングランドを征服し、ノ
ルマン朝を築いた日のもの。
彼は現在のイギリス皇室の開祖ということになる。

12月25日なので、イギリスは山羊座なのだが、
ASC(アセンダント)は牡羊座の22度。
現在、自由と革命の星・天王星は牡羊座の23度に位置し、
ぴったりコンジャンクションになっている。
EU離脱の機運も高まるというものだ。
それが不幸な結果をもたらすとしても…。

イギリスのチャートには、「伝統」と「革新」が混在している。
山羊座が保守・伝統の担い手だとすれば、
ASCの牡羊座は常に何か新しいものを生み出そうとする開拓者の一面もある。

さらに水星が山羊座の16度に位置し、
現在山羊座の16度を運行中の冥王星と合(コンジャンクション)。
冥王星のキーワードは、”破壊と再生”。
「その考えは汝の国を徹底的に破壊し尽くすだろう」って感じか。
でのその中から、長い時間をかけて不死鳥のように甦るものもあるはずだ。

久しぶりにニック・キャンピオンが書いた
「THE BOOK OF WORLD HOROSCOPES」を引っ張りだして調べてみたら、
面白かった。どうなる!?イギリス。

ここ最近、パリ経由が多かったが、
11月はロンドン経由でモロッコの予定なので、
久しぶりにロンドンに少し滞在してみようと思っている。


5月22日の満月も射手座に位置していたが、
今年は射手座の最初の度数と、ギリギリ最後の度数で、
2回満月が起こる。

今日も満月は太陽が双子座の29度33分、月が射手座の29度33分で、
正確な満月を作ったPM8:02のすぐあと、PM20:56には、
月は山羊座に移動してしまう。

月だけでなく、太陽も翌日AM7:35には、蟹座に移動して、
夏至となる。夏至は蟹座の始まりだということを知らない人もいそうだ。



今日の満月は、西洋東洋を問わず、
春分・秋分の分点と夏至‥冬至の至点という暦を区切る重要な日の
前日に起こるということになる。

ヨーロッパ、特に北欧では、冬の日照時間が短いので、
夏がとても待ち遠しい。
一年で一番太陽が高く上り、昼が最も長くなる夏至を夏の始まりとして、
重要視していたのだ。



面白い言い伝えがある。夏至の前日に摘んだハーブや薬草には、
とても効果があるという。
とりわけ夏至の前日に摘んだ植物を枕の下に敷いて眠ると、
夢のなかに聖人が現れて、幸運を持たらすというのだ。
セント・ジョーンズ・ワート(セイヨウオトギリソウ)は特に効果があり、
これを敷いて眠ると、未来の結婚相手が夢に出てくるという。

リンドグレーンの『やかまし村の子どもたち』の中にも、
ネズの小枝を枕に敷くというお話があったな。

そもそも都会ぐらしでは、満月の夜に植物を摘むというのは難しいかも知れないが、
庭やベランダでハーブを育てている人は、葉っぱを数枚摘んで、
枕の下に入れて眠ってみてはいかが。





射手座の満月、というだけで妙に気分がハイになる日である。
逆に頭がすっきりせず、ぼんやりという人もいそうだ。

星座の切れ目である29度という度数は、
ある意味、世界の裂け目のような気がする。
そこから別の時空につながる不思議な空間の裂け目だ。





今夜見る夢は、『不思議の国のアリス』のように、うさぎの穴におっこちて、
異次元の世界を彷徨う、なんてことになるかも(笑)。

この世界とあの世界はどこかでつながっている
と実感できる出来事があるかもしれない。

この不思議な射手座の満月の今宵、
どうぞ素敵な出来事がありますように。


父の日

テーマ:


今日は父の日だったんだなぁ。
父親が2年前に他界してしまったので、
ちょっと寂しい。

父が大好きだったコーヒーを入れて、
お供えをしてみた。

MOONBOOK2017のコラムを書き始めた。
7月末にはすべて書き上げなければならない。
私には担当編集者が2人いるのだが、
14年タッグを組んでいる武居ちゃんは、
現在、下諏訪「ぎん月」の女将をやりながら、
私のMOONBOOKを一緒に作ってくれている。
先週は、彼女が下諏訪から上京してうちで打ち合わせをやっていた。

後は私がひたすら書けば良いのだが、
帰国後、約2週間、なんといおうか日本語が出てこない。
通常の連載は何となく書けるのだが、
語彙が少なくなってしまったようで、
自分で書きながら「おいおい、一応、文章のプロだろう」
と自分にツッコミを入れたくなるほど、
ありきたりの言葉しか出てこなくて、かなり落ち込んでいた(笑)。

マラケシュでの一ヶ月半はかなり濃密で、
日常的にはアラビア語と英語が生活を占めていた。
今までこういうことはあまりなかったので、
「もはや私は引退か!?」と家の者に当たり散らしたりもして(笑)。

それが昨日、水星の逆行や、木星&土星の運行について、
一つ一つ言葉を選びながら書いていくうちに、
まるで泉が湧き出るように言葉が浮かんできて、
いわゆるスランプから脱出できたのだった。

改めて「文章を書くのは嫌いではない」と再認識できたので、
まあ、よかったと胸を撫で下ろしている。

私のような自由業は、いつになったら引退となるのか。
それは自分で決めることなのだろう。
仕事の依頼がなくなったら引退か?いや違うだろう。
自分で書きたいものがなくならない限り、
なんだかんだ言っても書いていくのだろうなぁ。

お金のことを考えずに好きなことを書き散らかしたい(笑)。
いつかそういう日が来ることを夢見て、
まずはお仕事原稿を粛々と書いていくのだろうな。

父の日にそんなことを考えていた。



今日は双子座の新月。
これから数日後には月も夕暮れの空に
その姿を現すだろう。

先週は月が見えない代わりに、
火星が蠍座のアンタレスと並んで見え、
視線を移すと木星、
そして春の大三角のひとつ、
うしかい座のアークトゥルスなども見え、
東京の空でも様々な星のダンスを楽しめた。



さて今日の新月は双子座の14度53分で起こるが、
この新月は射手座の13度に位置する土星、
魚座の11度にある海王星とTスクエアを作っている。

責任と規制を課す土星が、感受性の強い月と衝突することになるので、
仕事や課題を抱えている人にとっては、少し気が重い日になるかもしれない。
魚座の海王星が、目の前の現実から逃れたいと誘惑してくる可能性も(笑)。

「知りたい」と願う旺盛な好奇心に恵まれる日なので、
読書や人とのコミュニケーションから、いろいろな学ぶことが多いでしょう。

私は今日から、新しいコンタクトレンズを使うことにした。
少し度数を変え、手元の文字が見えるように調整をしたのだ。
これで今まで見えにくかったものがよく見えるようになるといいなと(笑)。
仕事で必要な資料を読みこなせるようにとの苦肉の策なのだが。

東京は少し曇っているけど、折角の日曜日なので、
街に出て新しい物を見聞きしたり、
友だちと情報交換したりするのもいいですね。
この双子座の新月に、金星が重なっているのがせめてもの救い。



どうぞ、みなさん。素敵な一日をお過ごしください。
〈私は締め切りが迫っているので家でCREAを書いています・・・)
あ、CREAの〈するめ〉基金熊本は、1000万円を超えたそうです。
私も2,3月にCREAWEBでアップした「岡本翔子 モロッコバラの蒸留物語」
3回分の原稿料を全部、寄付しました(WEBのギャラなので安いですけど・笑)。


以下、拙著「ムーンマジック」(KKベストセラーズ)からの抜粋です。
晴れ くもり 雨 雷 晴れ

双子座
旺盛な好奇心
情報収集&情報処理能力
軽快な身のこなし
機敏な反応(リアクション)
適応性や順応性に富む
当意即妙の才
広範な知識
学習能力
表現力(多弁・文章力)
マルチな才能
知的でクール
物事を面白がる才能
冷静な観察眼
物事を相対化する力
若々しい頭脳
コミュニケーション能力
少年っぽさ、少女っぽさ
サービス精神が旺盛
世渡り上手
軽いフットワーク
ノリのよさ(いい意味でミーハー)
風のように気まま

●双子座の新月の長所(伸ばしていったらいいことなど)
双子座の季節は、5月22日頃に始まります。
風薫るさわやかな季節となり、
外界で起こっている出来事に好奇心が刺激されます。
新しい情報を吸収し、
頭の中の引き出しを増やす努力をしてみましょう。

双子座の新月は5月22日以降、6月21日頃までに起こります。
この新月には情報収集力や、
コミュニケーション能力を高める力があります。
自分の中にある「知りたい!」という欲求に
素直に従ってみてください。
子供の頃は、見るものすべてが新鮮で
心がワクワクと躍ったものです。
この新月には、そんな“子供時代特有の好奇心”
を呼び覚ます力があるのです。

この日には双子座特有の変化とスピードがもたらされるので、
停滞した状況に風穴を開ける力もあります。
頭に浮かんだことを即、実行する反応の早さ、
そして行動力は、この新月の賜物です。
「今の自分を変えたい」「この状況から脱出したい」
と思う人は、双子座の新月の力を借りて、
“とりあえず”何かを始めてみましょう。

また双子座の新月には、
論理性や事実を見分ける判断力があります。
あなたの身の回りで起こる出来事には、
自分の感情やいろんな人の思惑がからまり、
本質が見えにくくなっています。
この新月が持つクリアな知性が、
複雑な物事に一瞬の光を当て、
事実を事実として捉えられるようになるはずです。

人間関係においても、
どう反応すれば相手が興味を示すか。
双子座の新月のすばらしさは、
ウィットに富んだ会話術や表現力を授けてくれることです。
仕事や恋愛シーンでも、
「相手に興味を持ってもらいたい」と願うときに、
この新月は力を発揮してくれます。
ユーモアのセンスやサービス精神、
物事を面白がるセンスなども、
双子座の新月の元で培われます。
さらには世の中の動向や流行を探ったり、
他人の考えていることを理解しようとするときにも有効です。

この日は、新鮮な気持ちで日常を見つめる目を持ちたいものです。
また人とコミュニケーションすることの
喜びや楽しさを知る日になるでしょう。




お気に入りのフォーシーズンズ マラケシュ


ブログを書くのがすっかりご無沙汰です。
4月18日に日本を発って、約1ヶ月半、
モロッコのマラケシュで暮らしていました。

不思議なもので10年位前から、
漠然と「日本と海外を行ったり来たりできるようになりたい」
と望んでいたことが、ほぼ現実となった。

ホロスコープで言うと、哲学・宗教・教育・外国をキーワードとする
第9ハウスに月・水星・海王星と惑星が集中しているので、
こういう暮らしは至極当然な気もする。

加えて私はカルチャーの違う人々とのコミュニケーションに
かなり興味がある。
全くカルチャーの違う国で育った人々に、
占星術は有効か?これは私の実感にすぎないが、
結構、ちゃんと機能しているような気がする。

今回の旅のハイライト、ダマスクローズの蒸留作業。

人は本当に出会うべくして出会う。
それがモロッコ人であっても、フランス人やイギリス人、スイス人であっても、
みんな星座はバラバラなのだが、
彼らとつき合う上で、占星術がかなり役に立っている。

現在、私は月に6冊の連載を抱えているが、
それがPCさえつながっていれば、世界のどこでも書ける。

15年位前は、エッセイを書いて「すみませ~ん。FAX貸してください」
とマラケシュのとあるアンティークショップの店主に助けてもらったこともある(笑)。

それが今では、借りているアパートにはWIFIが入っているし、
そのWIFIのつながりが悪ければ、向かいのカフェで送信すればよい。
便利になったなぁ。

今後の目標は、せっかく学んだアラビア語をもっと究めたい。
それは老後のお楽しみになるかもしれないけど(笑)。

日本に帰国して1周間がたった。
未だにちょっと時差ボケを引っ張ってはいるが、
まあ元気です。

これから約2ヶ月かけて『MOONBOOK2017』も書き上げなくては。
でもこのお気に入りのライフスタイルをキープするために、
ちゃんと連載も真面目に書いていこうと思っている。


マラケシュ暮らしも早一ヶ月が過ぎ、
そろそろ日本に帰る準備を始めている。

今日こそ、だれとも約束をしないと心に決めても、
好奇心を刺激される魅力的なお誘いがあると、
「はい!行きます!」と答えてしまうのが困りもの・・・。

先週まで曇りの日が続いたが、
数日前から空が済んで、
毎日、月が満ちていくのが楽しみだった。


さてこの満月は、射手座の1度で起こる。
ということは太陽が双子座に入ったばかり。
双子座の太陽と射手座の月が180度となり、
ますます好奇心が刺激されて、ちょっと暴走気味になりそうだ。

日本では22日の早朝に満月になるので、
その前日の21日の夜は、最高潮に月が満ちる日になる。

双子座や射手座の最初の方の生まれの人は特に、
気分が高揚しやすい日。気をつけましょう。



どうぞ素敵な一日をお過ごしください。





★射手座の満月のキーワード
ときには自分の直感を疑ってみる
性急に結論を導き出さない
日常生活を退屈だと決めつけない
大風呂敷を広げない
約束をちゃんと守る(それが口約束だったとしても)
自分が考える“正義”を人に押しつけない
独りよがりのコミュニケーションを改める

●射手座の満月時に気をつけるべきこと
射手座の満月は、たいてい5月22日以降、
6月21日頃までに起こります。
射手座で新月が形成されたのは、
約半年前のことですが、
月が満ちては欠ける自然のサイクルをいくつか経て、
新月時に立てた誓いに何らかの結果がもたらされる頃です。

満月は物事を成就させる力がある一方、
潜在していた問題を浮き彫りにさせるパワーも秘めています。

射手座の新月に計画したプランが順調に進んでいれば、
迷わず前進してください。
その逆で壁にぶつかったり、
あなたの行く手を阻止しようとする動きなどがあった場合は、
一旦立ち止まり、軌道修正を加えたほうがよいでしょう。



射手座の新月は、どの新月よりも熱狂的に、
「すべてのものごとには意味がある」と信じる力を与えてくれました。
この新月のもとで、あなたは明るい未来や自分自身を信じ、
目標に向かって邁進してきたはずです。
しかし「自分は善いことをしている」という気持ちがあるせいか、
人にぶしつけな態度を取ったり、
無遠慮に人の心に土足で入り込んだりしたことはないか。
自分の将来の夢やプロジェクトに周りを巻き込んでおいて、
途中で放り出すという失礼なことをしてこなかったか。
射手座の満月時には、
この半年であなたが無自覚にしでかした失敗の後始末を
きちんとする必要性に迫られます。

また射手座の満月のときは、
いつも以上に気分が高揚し、
人の意見を聞かずに自分の話に終始する傾向があります。
もっとインタラクティブなコミュニケーションを心がけないと、
恋愛でも仕事でも相手に失望されかねません。
また直感に頼り過ぎるのも問題です。
思い込みが判断ミスを生み、
せっかくうまくいっていた「射手座の新月の願い」も、
ここに来て大失敗の憂き目に合うことも。
そうならないためには、事実関係をちゃんと確認し、
あわてて結論を出さないようにしたいものです。

確かに射手座の新月はあなたに、
自由な世界へと羽ばたく勇気や情熱を授けてくれました。
しかし自由を謳歌するには、
それに伴って生じるさまざまな事柄に責任を負う覚悟が必要です。
射手座の満月時には、
あなたが考える理想郷へと至る道筋で生じる
さまざまな試練が待ち受けます。
日々の生活を疎かにするものに夢は叶えられないということを、
この満月に教えられるでしょう。



私は今、モロッコで『砂漠とバラと迷宮のモロッコ』というツアーをやっている最中。
このツアーは下弦の月の日に始まり、
牡牛座の新月の日に最終日を迎える。

フェズから始まり、砂漠、ダマスクローズの香るバラの谷を経て、マラケシュに戻ってきました。

ツアー最終日は、ハードなスケジュールの中で、
ほっと一息つける空間にみなさんをお連れしたいと、
郊外にある広大なラクジュアリーホテル、Royal Parmにて、
生理学博士で、モロッコのオーガニックコスメブランド『アン・ドートル・テルム』の創始者、
フェイルーズ博士をお招きしての、素敵なティータイムとなった。



数日前にはダマスクローズの蒸留にも立ち会ってきた私たち。
牡牛座の新月の日に、ラグジュアリーなホテルで、
今までの自分を振り返る機会になればと、
計画したお茶会だ。




今回の新月は牡牛座の16度で起こるが、
幸運と発展の星、木星とは120度の調和角となり、
ポジティブな気分で、前に進めそうな気がする。

今回のモロッコの旅を通じて、
真の豊かさとは何かを考えた。

今年のまた、ケラア・ムグーナの村の人々には、
大変、お世話になりました。




さてみなさんの今日は、どんな一日になるでしょう。
日本ではこの週末でGWも終了。
新しい週が始まります。

どうぞ素敵な週末をお過ごしください。
私は明日の朝、ツアー参加者のみなさんに別れを告げ、
また新しいマラケシュの日常が始まります。







それでは以下、拙著からの抜粋。

牡牛座のキーワード
安定的
しっかりとした価値観
粘り強い
忍耐力
意志が強い
信念を持つ
モットーを大切にする
平和主義
信頼性
審美眼
物質的な豊かさを追求する力
金銭感覚が発達
ゆったりと穏やか
五感が発達している
快適さの追求
官能性
安楽な生活を営む才能
不動の態度

●扉―牡牛座の新月の長所(伸ばしていったらよいことなど)
牡牛座の季節は、4月21日頃に始まります。
寒さも一段落し身体がゆっくりとほぐれていく季節です。
と同時に自分を育むものや大地に、
深く根を下ろす方法を探りたくなります。

牡牛座の新月は4月21日以降、5月21日頃までに起こります。
この新月には、物事を継続する力があります。
穏やかな忍耐力が授かるので、
仕事であれ人間関係であれ、「努力して続けたい」
と思っていることに思いを巡らせてみましょう。
あなたの中に眠る意志の強さを自覚してください。
そして物事を成し遂げる途中で出会うさまざまな困難に対し、
不動の態度を貫けるようになりたいものです。

またこの日には、自分をより安定した状況に置きたい
という本能的な欲求が生まれます。
お金や、自分を落ち着かせてくれる空間が必要だと感じるはずです。
そこから物質的な豊かさを追求する力が授かります。
牡牛座の新月は、あなたが将来、
豊かな生活を営むには何をすればよいのかも教えてくれます。

現代社会はストレスに満ちています。
牡牛座の新月のすばらしさは、
緊張に満ちた心と身体を癒す力があること。
人間に本来備わっている五感の鋭さを呼び覚まし、
何があなたにとって心地よく快適か、に気づくよい機会となります。
人生を豊かに楽しむ術や官能的な喜びも与えてくれます。
また何が美しく、何が醜いかを見分ける能力=審美眼も牡牛座の新月の得意分野です。

恋愛や仕事シーンにおいても、
自分の内側にしっかりとした価値観を築ければ、
周りに振り回されずに済みます。
牡牛座の新月パワーは、
恋愛や仕事で「これだけはゆずれない」
というものを気づかせてくれる力があるのです。
ぐらつきがちな心を鎮め、
静かに穏やかに目的にフォーカスできるように導いてくれます。

また人づきあいで信用を築くうえでも、
牡牛座の新月パワーは有効です。
よい関係を長続きさせ、
時間と共にあなたの存在価値が増すように、
この新月に願いましょう。

この日は、長期的展望で人生を見据える視点を持つようにしてください。
そして心からリラックスすることの重要さを知る日になるでしょう。