1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-11

国民主義の政治へ〝結集〟を!

テーマ:一正の視点!

この二日間、国民主義の政治への転換に国民も野党も結集をと呼びかける僕のポスター掲示板の設置をしていた。


主に市原市の中部に位置する三和地区で挨拶回りをしながら途中とちゅうで30箇所以上に結集の掲示板を設置した。


掲示板設置はボランティアの方々にお願いする事が多いけれど今のうちは後援会の斉藤さんと二人で作業している。


掲示板の設置に際して注意しているのは第一に必ず地主の許可を取る事。第二にしっかりと安全に設置すること。


僕の事務所では以前から公共物に掲示板を設置していない。挨拶回りしながら設置の許可をとり掲示板をつける。


こうした活動や作業は政治活動の基本中の基本だと思う。もちろん政治活動は一人では出来ないが、まずは自らだ。


掲示板設置はもっと拡げなければならない。駅や街頭での挨拶活動もある。辻々に立っての演説も本格的に始める。


総選挙があるなしに拘らず実行する。何故なら今の時代こそ国民が政治への問題意識を深める時と訴えたいからだ。


安倍政権は経済政策も外交も巧みなパフォーマンスを展開しているが実際は時代錯誤の国家主義へと向かっている。


止めなければならない。今の政治を変えなければ間に合わない。日本が日本国民が目指すべきは国民主義の政治だ。


こうした僕の主張も一人で騒いでいても空回り。一人でも多くの方々と結集して国民主義の政治を築き上げたい。


僕が再び衆議院議員を目指すのも国民主義の政治体制を日本に作りたいからだ。だからこそ政治活動の意義がある。


掲示板や朝の活動、挨拶回り等で知名度は取り戻して来ているものの総選挙に勝つ為の支持率はまだまだ足りない。


しかし僕は〝天命を信じて人事を尽くしていく〟尽くして待つのではなく、信じて尽くす。意志ある所に道はある。


国民による国民の為の国民主義の政治へ結集を呼びかけていく。本当に、今、変えなければ間に合わないのだから。

###

###








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>