岡田麻紀ブログ「ゆっくり」

あなたにしかないあなたの笑顔が大好きです


テーマ:
こんにちは、岡田麻紀です。




講演会などでよく驚かれることに、私の身長が164センチから167センチへと3センチ伸びた、ことがあります。

 

 

この時に、身長を伸ばすことを意図して何かを行ったわけではありませんでした(30歳過ぎて身長が伸びるだなんて、全く思っていませんでしたので)





私は当時、ダイエットに励んでいたので、様々な運動にとりくんでいたのですが、たまたま目にしたある本の、背中を伸ばすようなエクササイズをいつもと同じようになにげなくやってみたのですね

 

 

 

そうした時に、そのポーズに驚愕!!!





肩甲骨あたりを伸ばすその動きが、ものすごく気持ちよくって、ほぐれている感があって、それがあまりにも快感過ぎて(笑)全身がしびれるほどでした。もう、本当の本当に気持ちよかった・・・・・・・今でもその時の感覚が、ありありと思い出せるほどです





そのときに気がついたんです。私は長年運動をしていましたのに、その肩胛骨あたりの、背中の上の部分をほとんど動かさずに運動していたんです。そして、健康のための運動は、単にその運動を実践するだけではなくて、その時の私が感じたように、普段使っていない体の部位をふんだんに動かすことで心地よさを感じることが大切なのだ、ということが分かりました。




そうすることによって、関節の可動域が広くなり、縮まっていた骨と骨のすきまが元の通りに広がり、それが身長の伸びになったのです。




つまり、身長が「伸びた」というよりも、もともと167センチだった私の身長が、姿勢の悪さ、動かしていなかったこと、などによって、164センチに縮んでいた、のです。





その時の肩甲骨を動かすことの心地よさをもとに、私が考案したのが「パジャまくら体操」です。肩甲骨まりはもちろん、腰周り、肩関節などを無理なくたくさん動かせて、とっても気持ちの良いエクササイズに仕上がりました。





そして、このパジャまくら体操で、ダイエットにも成功したのです(^^) この体操は、講演会でも「すぐに汗をかける」と大変好評で嬉しいです。




もしかしたら、みなさんの身長も縮んでいることがあるかもしれません。ぜひ、心地よくて気持ちのよい運動を行ってみてください!







気持ちのよい運動が私は大好きです








パジャまくら体操
YouTubeはこちらから(^^)





「パジャまくら体操」の書籍です →→→ ☆☆☆


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田麻紀です。
  
  
私はかつて、「脂肪」は悪だと思っていました。肥満だった頃は、できるだけ細く、できるだけ華奢に、そして、できるだけガリガリになりたい、と本気でそう思っていました。
  

  
そして、脂肪を落とすために、考えてみればトータルで何百万円も!!!使っていたのです。。。涙



エステ、断食、ダイエット入院、健康器具、健康食品、エクササイズビデオ、ジム、ダイエットカウンセリング、などなど。。。(詳細は別記事に書きます)




ずっとおもっていました。お腹周りの憎き脂肪。。。背中や太ももにこの脂肪さえなければナイスバディになれるのに。。。




  
   
  
私は華奢ではないですし、太ももや腰まわりは脂肪が多い方です(かつて、バレーボール部だったので、、、という言い訳をします笑)




ですが、今の私は、自分でも驚くほどスタイルについて褒めていただきます。




ガリガリじゃないのに、細くて華奢じゃないのに褒められる。。。大学生や、実技指導で接する女性の方にも、岡田先生みたいなスタイルになりたい、と何度も言われます。





もしかして、ガリガリじゃなくても、魅力的ってこと???!!!




あんなに目指していたガリガリにならなくても、美しいの?!





実は、かつての私も分からなかったのですが、その通りなんですよね。





脂肪は、決して悪ではありません。




むしろ、特に女性の柔らかさや丸みを帯びた艶やかさは、脂肪のお陰です。





脂肪を憎むなんてとんでもない。だって、その憎き脂肪を付けたのは自分自身です。そして、その脂肪だって、今を生きている自分自身の紛れもなく一部です。




脂肪を落とそうとすることが悪いわけではありません。やはり、均整のとれた健康的な体は、適切な脂肪と筋肉のバランスによって生み出されるからです。私も、よく痩せる必要がないと言われますが、自分としては、落としたい脂肪の箇所がありますので現在はそれに取り組んでいます。




でも、それに取り組む気持ちがかつての私とは全く異なります。




憎き脂肪だから、排除するのではなく。



自分の一部である愛しき脂肪と手を取り合って、ともにバランスのとれたからだを目指す。そんな気持ち。




脂肪は、食べ過ぎると過分になります。また、からだのパーツで脂肪が付きすぎている箇所は、エネルギーが停滞している箇所、つまり、動かしていないからだの部位なんです。




ということは、脂肪の存在によって、「今、食べ過ぎが起きているよ!」「そのからだのパーツをもっともっと動かすといいよ!」というメッセージを受け取ることができているのです。





からだの問題を解決するには、その対象を悪と見るのではなく、どうすれば解決するかともに考え、ともに取り組む同士、という気持ちが大切です。





なぜならば、どんなからだでも、どんなに悪く見えるからだのパーツでも、今、私を生かすために、100%の力で生命維持活動をしてくださっているからです。










脂肪を愛するようになれたお陰だな、と思っています。今の私が褒めていただけるのは(*^^*)









世の中には逆に太れない方もいらっしゃいます。ガリガリであることが嫌で、脂肪を付けたい、という女性にも何人にもお会いしました。





そんな脂肪の少ない細いからだの方も、その方の魅力ですから。つまり、ダメな体、なんてどこにもないんです。自分が愛せているかどうか、それが愛おしいからだをつくる秘訣だと私は強く実感しています。

















今という時を共に生きる自分のからだの全てを100%愛しながら、ダイエットに励みましょうね(*^^*)
{FBA9AF6D-7EBA-4BA0-AD42-13198ED96AA8}









もう少し、腕の脂肪と太ももの脂肪を落とせますように♡  と、脂肪さんにお願いしている最中です(*^^*)
{CD8B5857-C917-43E4-A522-A782C36A2F2C}













AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、岡田麻紀です。


昨日のブログの記事を、たくさんの方に読んでいただきありがとうございます。ブログを約8年書いてきて最多のアクセス数でしたので、なんだか自分のブログのアクセス解析じゃないみたいで我が目を疑ってしまいました。アクセス数は励みになりますので読んでくださった方に感謝申し上げます。

 
 
これまで過去のことを書くことはありましたが、出来事と共にその時の心の動きを詳しく書いたことはなかったように思います。これからは、今のことだけではなく、昨日の記事のような過去のこと、そして過食症だった頃の話、どう依存性を克服したか、なども心の変化とあわせて書いていきたいと思っています。
 
 

昨日の記事のタイトルは、「ブスと美人」でしたが、私は、自分が可愛いとか美人とか、そんな風に自分で自分のことを言うことが本当に怖かったです。(昨日のような記事の投稿は、クリックするときにまだ少し手が震えます笑)
 
  

なぜならば、容姿のことを悪く言われた時期の方が長かったですから、たとえ私を褒めてくれる人がいたとしても、にわかに信じられないのです。
 
 

そして、なによりも、周りの人に悪く言われるずっとずっと前から、私は、



全く女らしくない
可愛くもない
美しさの欠片もない


男っぽい
女性らしい格好は似合わない
可愛いものを身につけてはいけない



などと、真剣に思っていました。



思い返してみますと、おそらく幼稚園時代から、そんな風に思っていた私がいました(そう思うようになったきっかけなどは、また別の記事で詳しく書きたいと思います)
 
 
 

自分で可愛くないし男っぽい、と思っていましたので、私はいつしかメンズの服装や持ち物しか身につけなくなりました。メンズのシャツ、カバン、靴、そして髪型はいつもショート。。。。。
 
 
 
 


そんな私でしたが、あるきっかけで、気づかされたことがありました。





「周りの人からデブ・ブスと言われるのは私が私を可愛くないと信じ込んでいるからだ」


「美人になれないのは、ほかでもない、私自身がそう決めているからなんだ」



ということに。

 
 
しかしならが、長年自分はブスだと思い込んでいましたので、急に自分の心の内側を変えることはできませんでした。でも、自分で自分に何度も何度も言い聞かせるようにしました。


「私は可愛いところがあるんだ」
「私は綺麗なんだ」
「私は美人なんだ」



もう、何度もです。時には、もうひとりの私が根強い自分でつくりあげた信念を持ってそれを強く否定するのですが、それでも諦めずに、めげずに、何度もこれを自分に対して言い続けました。



それを繰り返していくうちに、私は思い出したんです。



私は、本当の本当は、小さな頃はものすごく可愛い心があったんだ、と。



自分で封印してしまっただけで、もともと、私の心には、可愛らしくて美しい部分がちゃんとあったんだ、と、思い出したんです。



自分で握り締めて離さなかった「私は男っぽい」という思いが溶けていくに連れ、幼い頃に自分の心の奥底にしまいこんでしまった気持ちが段々と顔を出してくれました。



可愛らしさや美しさは、なくならずに、ちゃんと心の中にいてくれたんです。




そしたらね、私は次から次へと自分の好きなものを思い出しました。




(少々恥ずかしい気もしますが書きます笑)私はキキララのキャラクターが大好きです。ピンク色やパステルカラーが大好きです。レースやリボンが大好きです。ふりふりのついた洋服をもっと着てみたい。



今まで身につけたことはなかったのですが、そういうものが心から大好きなんです。



これまで封印していた分、その反動でたくさんそのようなものをこのブログでもアップするかもしれませんが(笑)、私はこれからは、自分の心に忠実に、じっくりと自分の声を聞いてあげて、自分の願いを誰よりも私自身がまずは叶えてあげたい。



私が考える「美容」とは、美しい笑顔でいること。そして、美しい笑顔とは、自分がちゃんと自分の声に向き合って、自分自身と対話して、自分が自分でいることに安心しているからこそ自然にでるものだと、これまでの経験を通して強く思っているからです。







自分が自分であることに安堵して。
褒め言葉や評価がなくたって、まずは自分で自分をうけとめてあげたい。
ダメなところも弱いところも情けないところもひっくるめて、全部の私を。














もっと可愛くなりますね♡

{98885AFE-0C79-460E-82DF-8D70C059D0D0}





これらを持っているだけで、私は本当に喜びに満ち溢れます。もう、これらがカバンの中に入っているだけで飛び上がるぐらい嬉しいのです

{D436150E-FA22-4936-B70A-64FB7FFD817F}


{3527C8EB-8AA2-49A5-879E-24FB9AC03AF1}






岡田麻紀HP            http://okadamaki.com/
やきとりじいさん体操       https://www.youtube.com/watch?v=i03l2VAS-Sc

お問い合わせ           http://okadamaki.com/page-18/
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
私はかつて、散々容姿について悪く言われました。デブ、痩せろ、ブス、デカすぎる、お前は女じゃない、お前とだけはデートしたくない、などなど。。。
  
  
そういう時は、顔で笑って(ごまかして)、心ではワンワン泣いていました。もちろん、誰にも悲しんでいるのがばれないように、ひっそり苦しんで悲しんでいました(それらが反動となって過食してたんですね私の場合)
  
  
今は、ありがたいことに、講演会や実技指導で、美人とか綺麗とかスタイルいいとか、驚くほどたくさん褒めていただきます。そして、大学生も、岡田先生美人とか、岡田先生可愛いとか(笑)いつも褒めてくださるんですね(本当にありがとうございます涙) 
  
  
これらの経験を通して私が分かったことは、美人というのは、生まれもった顔立ちのことだけではなくて『表情が豊かかどうか』である、と。
  
  
二重とか小顔とか鼻が高い人が美しいのではなくて、表情が豊かで、心に素直な気持ちが表に現れて、そんな女性が美しい。
  
  
私がかつて美人と言われたことがなかったのは、決して顔形のことだけではなく、自分の気持ちを抑圧して、自分で自分を責めて、卑下して、自分を嫌っていたからです。
  
  
だから、本当は、どの女性も美しい。可愛くない人なんていない。笑いたい時に笑い、怒りたい時には怒り、泣きたい時には泣いて、喜びたい時には思いきり喜ぶ。感情を抑圧してしまわずに、素直に心と体を繋いでそれをそのまま表すことを自分にゆるすこと。
  
   
 
そんなことを、私は体操やダンスを通して伝えていきたいです。
 














肉体改造に励んでるなう(*^^*)   無理なく変化を楽しんでます(*^^*)
{0D897D69-87B7-47FF-BF1A-8C620DBD3374}

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

しばらくブログを更新できず失礼いたしました。

 


ふと、自分のことを書きたくなりまして、改めて自己紹介をかねてかつての私自身のことを書いてみたいと思います。



私はかつて長年過食症でした。過食症とは、神経性過食症のことで、拒食症(神経性食欲不振症)とあわせて、中枢性摂食異常症として厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されています。

 


日本国の難病は130ありますが、そのうち128は身体の疾患であり、この過食症と拒食症が唯一精神疾患の難病です。

 


難病とは、原因不明、治療方法未確立であり、かつ、後遺症を残すおそれが少なくない疾病と定義されているように、過食症も拒食症もその治療法が発展の途上にあるとのこと。実際に、私も過食症の当時は、いくつかの心療内科や精神科を受診したことがありますが、適切なアドバイスをもらえたと実感できたことはなく、通院したことは一度もありませんでした。

 

 

静岡県の摂食障害で有名な先生がいるという病院を受診した時に、「あなたの過食症は重度だから一生治らないでしょう」と言われたことを、今でもはっきり覚えています。その時は、治らないということに対する絶望というよりも、あまりにも過食嘔吐がびどかったので、そんなに重病に指定されるほど自分は大きな病気にかかっているのかと、安堵したことを覚えています。



過食嘔吐、つまり、お腹がはちきれるほど食べまくって嘔吐する。それを、一日に何度も何度も。もうやめようと毎回思うのに、やめられない。もっているお金のほとんどを嘔吐するとわかっている食材を購入することに費やし、特に毎回コンビニでは、買物カゴから溢れ出るほどのジャンクフードを買うということを繰り返していました。



今思い返してみますと、このような状況の時に、私は何を考えていたのか、といいますと、絶望感やどん底の気持ちを味わいつつも、ひとつだけ、常に心にずっとずっと浮かんでくる想いがあったんです。



それが、「今はこんなにも苦しいけれども、いつか必ず、この経験を誰かの役にたたせるんだ」という想いです。



なぜこんな風に思っていたのか、自分でもよくわかりません。しかし、時には喉から血が出そうなほど吐きながら食べるという状況でも、この想いだけは常に心の中にあって、いつも私を支え続けてくれていました。



この当時のことは、本当に苦しくて悲しくて辛くて惨めで情けなくて、その日1日を過ごすことがやっとでした。自分が情けなさ過ぎてそしてそれが嫌でまた食べる。そして太るのが嫌で吐く。そしてまた食べる。吐く。その繰り返し。



1日過食しない、と決めるのですが、それが非常に、非常に難しいのです。たった1日、吐くことを我慢しようと思うのですが、それが、できない。すぐに大量に食べては吐いてしまう。

 

 


ですから、今現在、過食をせずに今日1日を過ごせること。普通に食べて、普通に過ごして、吐くことを意識しないでいられること、というのは、それだけで、私にとっては奇跡ような出来事なんです。




今、健康講座や美容講座など、健康関連の講師を務めさせていただいておりますけれど、それは喜びとか嬉しいとかを通り越して、そのような場を与えていただけることはやはり奇跡であり、それは私の想いや意図をはるかに超えたなにかのエネルギーによってそのようにやらせていただけているのだと思っています(宇宙のエネルギー・・・・・ですね)

 

 


今、お仕事をさせていただくたびに、先ほどもかいたあの頃の想いを思い出します。




「今はこんなにも苦しいけれども、いつか必ず、この経験を誰かの役にたたせるんだ」




それができる今の現状を本当に、本当にありがたく思います。




体操やダンスや講演や授業を通して伝えたいことは、「笑顔でいること」「自分を大好きでいること」です。




とてもシンプルなこの2つですが、これこそ、私が長年できなかったことだからです。




冒頭にも書きましたが、難病である摂食障害はまだ治療方法が確立されておらず、加えて、細い身体ほど魅力があるとされるこの現代社会では、年々摂食障害患者が増加しているそうです。摂食障害に罹患していないまでも、ダイエットや痩せることとリバウンドで苦しんでいる女性は相当多いでしょう。




そして、ダイエットや痩せることだけではなく、精神的なストレスや苦しさを感じている人も、この日本では増加する一方です。



私は「(無理やりではなくナチュラルな)笑顔でいること」「自分を大好きでいること」を、日々、伝えていきたい、とこのブログを書きながら改めて思いました。



そういうことを、これからもこのブログで書いていきたいと思います。過食症の克服や、ダイエット、体型を変えたことなど、今後も綴っていきます








いつもこのブログを読んでくださいましててどうもありがとうございます!










満月の時に撮りました















 

 















いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。