新たに小学校に入学した児童たちに交通ルールを学んでもらおうと、警視庁は6日、墨田区向島の区立小梅小学校で、新1年生を対象とした交通安全訓練を行った。池田克彦警視総監は「横断歩道を渡るときは左右をよく見て」「道路には飛び出さないで」と呼びかけ、実際に児童たちと一緒に横断歩道を渡った。

 この日、同校で入学式を迎え、新1年生となった児童は約40人。児童たちには帽子に付ける黄色い交通安全ワッペンが配られた。その後、池田総監を先頭に近くの国道交差点に移動し、手を挙げ横断旗を掲げながら交差点を1周した。

 参加した黒羽美(み)瑛(えい)ちゃん(6)は「緊張したけどうまく渡れた。これから右と左を見て手を挙げて渡ります」と元気に話していた。

【関連記事】
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
小学校入学時、母の不安は「犯罪」「事故」
「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署
ピッカピカの1年生を守れ みずほなど「黄色いワッペン」贈呈
一日署長・押切もえ、横断歩道で笑顔
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

川端大臣「一社随契よくない。改善されることを期待」 理研の1社応札問題で(産経新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
<選挙>3地方選 民主、逆風なお強く 沈痛「参院選も厳しい」(毎日新聞)
厚労省、独自の省内事業仕分け…刷新会議に先行(読売新聞)
平沼代表「民主政策集は売国的な法案の羅列」 「たちあがれ日本」結党記者会見(産経新聞)
AD