●慢性腰痛の人がチェックすべき3つのポイントを知っていますか?

こんにちは、オゼッキーです。

今日は、腰痛でお悩みの人に向けて記事を書いてみますね。




実は腰痛で困っている時には、チェックすべき3つの項目があるんです。




それをチェックしないで、とりあえず湿布を貼る、とりあえず揉んでみる、とりあえず痛み止めを飲む、というのは問題を先送りにしているだけで、むしろ腰痛を悪化させることもあります。





というわけで、腰痛の人がチェックしておきたい3つのポイントをお伝えしますね。





チェックポイント1:姿勢と動き方

ラクな立ち方・座り方って、学校で教えてもらえないので、多くの人が知らないんですね。

そしてカラダの使い方、動かし方。

赤ちゃんのころはスムーズな動きができていたのに、大人になると、とたんにギクシャクした動きになってしまいます。








チェックポイント2:感情と考え方


感情がうまく消化できない、発散がうまくできていない、という状態になると腰痛を引き起こすことがあります。


この考え方は、やっと最近メジャーになってきましたが、まだまだ知らない方が多く、腰痛改善の盲点になっています。


とくに慢性腰痛の方は、かならず「心」に目を向け、自分じしんと向き合いましょう。







チェックポイント3:行動と生活


毎日の生活のなかで、自分をしいたげる選択をしていないかチェックしてみましょう。

嫌な仕事をガマンしてやっていないか、嫌いな人のそばにあえて近づいていないか、好きなものではなく安いものを選んでいないか。


そして自分にウソをついていないか、本音でコミュニケーションしているかを振り返ってみます。








この3つを丁寧に振り返り、自分を省みれば、ほとんどの腰痛は解消します。


けっきょく、「自分を振り返る」ということが何より大事なんですね。


「不幸にも、不運にも腰痛になってしまった」という被害者意識から抜け出さない限り、腰痛の根本的な改善はありえません。


被害者どころか、腰を痛めつけた加害者であるという意識があったほうが、改善は早くなります。



ぜひ3つのポイントをチェックしてみてくださいね。


ラクな動き方、ラクな座り方は、ここで学べます。


感情の扱い方は、コチラで学べます。


行動面に関しては、こちらのメルマガでいろいろ配信しています。



=================








センターマッスル活性化セミナーの日程








実際のセンターマッスル活性化ワークは、こんな感じです♪



健康と医療 ブログランキングへ




クリック応援お願いします!m(_ _)m



このブログの内容は、自由にシェアしてくださってOKです!!






フェイスブックお友達申請はお気軽にどうぞ♪