英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

OKAMURA KIDS’ WORLDは、姫路市にいる小学生の放課後に
国籍を超え、世界的視野を持った行動力ある大人へと育むアフタースクール(民間学童)です。


テーマ:

Hi all! Miles here,

こんにちは、マイルズです。ウインク

For our most recent art class, I introduced my students to single point perspective - drawing lines from a single point on the horizon to create the feeling of long things (like roads, as a simple example) vanishing into the distance.
最近授業では、遠近法を子供たちに紹介しています。線を書いていった先に距離感を持たせるやり方です。
 
This single point is called the "vanishing point", and while most elementary school-level children's exercises are fairly simple, this concept of perspective is actually the basis of how many artists learn to drawn the perspective in mind - which is to say, drawing objects in a three-dimensionally realistic way.
その一番遠くにあるように見える点を”消失点”と呼びます。 小学生の生徒たちには一番シンプルなも
のをかいてもらいましたが、たくさんのアーティストたちがこのコンセプトをもとに作品を作っています。
3次元的に距離感を紙の上でも感じられるんですね。
 


When we did our project for the lesson (a simple country road vanishing into the distance, with waves of clouds overhead), I found even some of the younger students definitely began to understand the idea of perspective, although I think it will "click" for some of the others next time.
アートのレッスンで取り組んだのはシンプルに、雲が流れ、遠くに消えていく田舎道の風景で、
小学生1,2年生にもコンセプトが伝わったんじゃないかと思います。また次のアートクラスでも今回わかりにくかった子たちも”ピンとくる”と思います。

Being able to introduce concepts like this and talk about them in English is so rewarding as an educator, and I believe it can be a truly valuable formative experience for children. Once they have a solid grasp of single-point perspective, I'm looking forward to introducing the next step: two-point perspective!
このようなコンセプトを紹介してみんなに英語で伝えることはとてもやりがいを感じます。そして、子供たちにとって実際に描いてみるなどする、といったいい経験になっていると信じています。
遠近感がわかったところで、次のステップとして、2点透視を紹介できるのを楽しみにしているよ!

Anyway, until next time!
ではまた次回!

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岡村キッズワールドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>