英語+アフタースクールの岡村キッズワールド

OKAMURA KIDS’ WORLDは、姫路市にいる小学生の放課後に
国籍を超え、世界的視野を持った行動力ある大人へと育むアフタースクール(民間学童)です。


テーマ:

Hello again, Miles here!

Have you ever heard of the number puzzles called Sudoku and KenKen?

”すうどく”、とか”けんけん”とかっていう数字のパズルって聞いたことがある?

I believe they were invented in Japan, but as far as I know, they're not as popular here as they are in America. In fact, "Sudoku" has become almost as common an English word as "Sushi", "Ramen" and "Anim"

これは日本で作られてものだと思うけど、僕が知ってる限りアメリカほど日本では人気がないってこと。実際、”すうどく”は”すし”、”らーめん”、”アニメ”と同じように英語で言うのも一般的になってきています。

At a glance, Sudoku seems like a smart puzzle using numbers, but it actually doesn't have much to do with math.

一見、すうどくは数字を使うスマートなゲームのようにだけど、数学とはあまりかんけいがないんだ。

However, once students here understand Sudoku, I can teach them how to do KenKen - which is somewhat similar. The difference is that unlike Sudoku, KenKen makes you think of lots of math problems in order to solve it. It's really interesting!

しかしながら、生徒たちが”すうどく”を理解すると、”けんけん”をどうやってするかを説明しやすくなる、とてもよくにてるからね。すうどくとの違いは、けんけんは問題を解くために算数の問題をたくさん解かないといけないってことなんだ。

KenKen was invented to challenge math students without needing an instructor to check their answers, so it's a great way for students to get faster at thinking about math when they're outside of the classroom.
けんけんは、数学を勉強する生徒さんに答え合わせの必要がないように発明されたもので、

生徒たちにとって授業以外の時間でもっと数学を深く考えるさせるいい方法です。


Of course, here at Kids World, being able to use English to learn puzzles and talk about them makes the whole idea even more rewarding!

もちろん、キッズワールドでも英語で問題を解いてみたり、話をしてみたりと、いっぱい英語に触れられる場、だと思います。

After writing this, I feel inspired. Maybe I'll start doing more KenKen at home...

これを書き終えてみて、僕も刺激をうけた。。けんけんを家で始めてみようかな。。。

Until next time!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

岡村キッズワールドさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります