世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。

2009/12/31日本出発
2012/03/02帰国(793日間)


テーマ:

深夜特急を追うシリーズ第二弾!(第一弾はこちら


今度は13年前くらいにあったドラマ、

劇的紀行 深夜特急』の舞台を追ってみた。



■劇的紀行 深夜特急

http://www.eurus.dti.ne.jp/~hiroya/gekiteki.htm

こちら、深夜特急のドラマ版で、大沢たかお主演。

『劇的紀行 深夜特急’97西へ!ユーラシア編』が

ちょうどインド・ネパール・パキスタン・イランあたりの話。



さてさて、ここバラナシでは、ガンガー沿いを歩いているだけで、

様々な客引きが観光客と見るや否や声を掛けてくる。


ポストカードだったり、舟に乗らないかだったり、アクセサリーだったり・・。


で、上記ドラマでも、

ガンガーを見てたそがれる大沢たかおが演じる沢木耕太郎に、

「神サマ、買ウカ?」と神様の人形をしつこく売る

「モケ」という小学生高学年くらいの少年が出てくるのである。


世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。

↑「神サマ 買ウカ?」のモケ少年と大沢たかお

そのモケ、バラナシにしばらくいる大沢たかおにチョイチョイ絡み、

結構出演シーンが多いんだよね。



ちょっと気になっていたんだけど、

その「モケ」が大人になって目の前に現れた!!


世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。
↑現在のモケ少年。左の写真はドラマのワンシーン。


本名は「ムケ」らしいが、ドラマでは「モケ」だったんだって。



もうモケ氏は今や少年ではなく、いっぱしのシルクショップ社長。

現在は27歳、日本人女性と結婚し、4ヶ月になる子供もいました。



当時、出演料として8,000ルピーもらったんだって。

おそらく当時は1ルピー=3円くらいだったから、24,000円の出演料。

ここ、インドで考えるとかなりの高額。


世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。

↑モケ氏のモホニーシルクショップ


ダシャーシュワメードガートから徒歩3分くらいの距離にあるので、

ムケ氏に会いたくなったら是非行ってみて!

(ちなみにシルク商品の押し売りはされなかったよ)






続いて、ドラマ中に大沢たかおがバラナシの拠点とするホテル、

「Hotel Ganges」も発見したのでパシャリ。


世界のどこかで何か叫ぶ・・・ かもしれない。
↑Hotel Gangesに乗り込むぜ の図。


ここもダシャシュワメードロードをちょこっと入ったところにある。


部屋は見てないんだけど、

シングルのFANルームで400ルピー(約800円)だって。


ガンジス河沿いにある周辺の安宿料金よりも、

ちょっと高めのような気がした。


この時期はオフシーズンなので、

大体150ルピー(約300円)も出せば同レベルに泊まれると思うよ。




ということで深夜特急を追う第二弾でした。



大沢たかおさんと知り合いの方がいたら、

モケ少年の現在を教えてあげてください!




旅に出たくなること間違いなし!

■劇的紀行 深夜特急(DVD)

http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%87%E7%9A%84%E7%B4%80%E8%A1%8C-%E6%B7%B1%E5%A4%9C%E7%89%B9%E6%80%A5-DVD-%E5%A4%A7%E6%B2%A2%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%81%8A/dp/B000062VGH



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。