聞くことと聴くこと


良く言われることですが、



同じことのようでも全く違いますよね。


幼稚園のころと小学校低学年、高学年


時間とともにこの違いが一層はっきりします。


幼稚園、とくに小学校受験のころは、


お目目を見て話して、聞いて!!


そういうと徐々にやってくれます。


小学校に入ると、


同じように聞いているようでも、時として、言葉が頭の中を素通り。


全然覚えていないこともあります。


中高学年にもなると・・・


興味にあることは聴いてくれますが、


そうでないことは顔はこちらを向いていても、こちらが言っていることは全くの素通り。


というより、耳がふたをしていて頭の中に入っていく気配がありません。


ただ、ぼ~っと聞くのではなく、集中するとともに、相手が何を伝えようとしているのか、


興味や問題意識をもって、自分の頭の中で整理してまとめながら聴く。


とても難しいことですが、


家庭でも、授業でも、社会においても、


とても大切なこと。


何とか工夫してやる気にさせ、聞くことから聴くことへ


子どもたちのスキルアップを図りたいものです。




AD